イングリッシュブートキャンプ:由美です。

今回も和製英語ですが、ちょっと洒落にならないかも・・・という感じです(^ ^;)
英語のサインや看板を作るときは、発注する前に正しい英語かチェックしましょうね(苦笑)

10月の週末ブートキャンプ、まだ申し込めます!

いよいよ今週末です、10月のブートキャンプ。
まだギリギリ申し込めますので、興味ある方はぜひ、お問い合わせください。

週末ブートキャンプは、土日2日間で英語の発声と発音を、一から特訓するスペシャルコース。
レベルは問いません。
18歳以上の方であれば、どなたでも受講できます。
英語は発声が全てと言っても、過言ではありません。
日本人の口発声を矯正し、英語発声(腹式、喉から発声する)を、体得します。
これにより、今までモゴモゴとしか聞こえなかった英語が、クリアに聞こえるようになります。

10月のキャンプは、10・11日です。

お申込み・お問い合わせはこちら⇒10月週末ブートキャンプ

ブートキャンプに参加して、あなたもブレイクスルーを体験しませんか(^O^)

死者が甦る病院?

さて、本題です。

こちらの写真、あるSNSで拾ったものです。

reincarnation

再来受付機の英訳を、よ~くごらんください。

Machine accepts reincarnation.

なんですってっΣ(゚Д゚;o)

輪廻転生を受け付ける機械、とあります。
どんな機械やねんっ!
しかも、病院なんていう科学そのものという場所で、転生とか言っちゃっていいの?
転生を謳っているのは仏教とヒンズー教くらいだから、キリスト教の人とかは受け付けない、
っていうことになっちゃう(^ ^;)

reincarnation(転生)って、辞書引いた時におかしいと思わなかったのか?
いやいや、そもそもこのプレートを発注する前に、誰か「転生はないやろ~」と突っ込む人、
いなかったんでしょうか(^ ^;)
お医者さんとか、医療関係者がいっぱいいるんだから、英語できる人もいるでしょう。
なぜこういうことになっちゃったのか・・・

企業のパンフレットやロゴ、商品名、看板などは、英訳する際必ず、英語ができる人か、
ネイティブにチェックを入れるのを、怠ってはいけない、という教訓ですね(汗)

この記事が面白かったという人は、ポチッと押してください。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

10月の週末ブートキャンプ、10&11に開講!詳細はこちら♪
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ