イングリッシュブートキャンプ:由美です。

先月受けた眼瞼下垂の手術、あれからひと月が経ちました。
というわけで、その後の経過をご報告します。

その前に、ランキング応援いただけると嬉しいです。下の2つのバナーをクリックしてね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

眼瞼下垂は英語でptosis

すっかり秋になり、朝夕冷え込むようになりました。

今年の夏は、突然の猛暑に体がついていかず、なんと数十年ぶりに夏バテしました。
夏バテすると食欲がなくなり、固形物が食べられなくなるんです。
だから毎日アイスだとか、ジュースだとか、そんなのが続いてやせ細っていく・・・
という最悪な状態です(´Д`。)グスン

一週間ちょっとで復活しましたが、今度は角膜炎になってしまいました。
逆まつ毛のせいだったのですが、ここまでひどくなったのは初めてで、さすがに不安になり、
専門医に診てもらったところ、眼瞼下垂が原因だと言われたのでした。
眼瞼下垂とは、文字通り“眼瞼(がんけん)”、つまりまぶたが垂れ下がってくる症状のこと。
要は、加齢から上まぶたの筋肉が弛んで、落ちてくる状態のことです。
お年寄りとか、まぶたが下がってるでしょう、あれです。

ただ、若い人でもなるそうで、中年(30代後半以降)にも多い症状だということです。
最近はもっと若い、20代の人でもなるそうです。
コンタクトの使用やまつ毛エクステなど、まぶたを刺激することが多くなったことと、
PCやスマホの長時間使用で、目に負担が行くためだということです。

そこで思い切って、手術を受けることにしました!

これが術後二日目の、私のまぶたです。

IMG_3486

うっすらと針の痕みたいなのが、見えるかと思います。
もう片方の目は、内出血が酷かったのですが、こちらのほうはそうでもないかな。

下垂の手術はメスで切る方法と、切らない方法があります。
保険がほぼ適用されるのは、メスで切る方法なのですが、私は切らない施術にしました。
切ると抜糸するまで一週間かかるので、それは辛いなぁと思ったので。
幸い私のまぶたは、切らなくても施術が可能だと言われました。
まぶたの皮膚が薄い人は、無理だそうです。

まあそんなわけで、先月施術を受けてから1か月が経ちました。

そこで、ブログ読者様に、施術前と術後の私の写真を、ドーンと公開したいと思いますww

はいっ、どうぞ!!

eye

向かって左が施術前、右が術後です。
こうして比較してみると、以前はやはりまぶたが重い感じですね。
逆まつ毛に悩まされることがなくなったのは、とてもありがたいことなのですが、
なんとなんと、それ以外にも良い影響がありました。

それは、頭痛と腰痛が治ったこと!

これは驚きました。
以前、整骨院に行ったときに、腰痛の原因は目だと思うから、眼科に行ったほうがいい、
と整体師の先生に言われたことがありましたが、あれは正しかった。
アホな私は忙しさにかまけて、眼科に行くのを失念しておりました。
頭痛と腰痛から解放されると、こんなにも楽なのか~と、嬉しい毎日です。

眼瞼下垂は英語で、ptosisと言います。
発音は「トウスィス」です。
覚える必要はないですが(めったに使わない単語なので)、私は覚えちゃいました。
ネイティブの友達に言っても、「はぁ?」という感じなので、専門用語を使わずに、
My eyes are drooping.とか、I have drooping eyelids.とか言うと、伝わります。

ともあれ、こんな感じで秋に入って私は、絶好調でやっております。

以上、近況報告でした\(^0^)/

最後に、応援の1クリックお願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ