イングリッシュブートキャンプ:由美です。

前回のディーン・フジオカさんに引き続き、有名人の英語を取り上げます。
今回取り上げるのは、若者に人気のバンド、SEKAI NO OWARIのFUKASEさんです。
本題に行く前に、ランキングにご協力ください。クリックお願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

ミュージシャンは語学が得意?

まずは、SEKAI NO OWARIによる英語の曲、Dragon Nightを聴いてみてください。



とても素敵な歌声ですね~。
英語もお上手です。
私は邦楽に疎いので、このSEKAI NO OWARIというバンドを、知りませんでした。
以前、One OK Rock のボーカルが、英語で歌っててネイティブみたい、と読者の方から
情報をいただいて、取り上げたことがありました。

One OK Rock の記事はこちら

しつこいようですが、邦楽に疎いので、One OK Rockのことも知りませんでした。
で、最近の若いバンドは、英語が堪能な人が増えたんだな、と感心したのを覚えています。
MIYAVIなんかもそうですが、英語ができると海外でも活動ができますからね。
これは、ミュージシャンにとっては、大きなチャンスだと思います。

話を「世界の終り」に戻しましょう。
彼らが英語でインタビューを受けている映像を、見つけました。



これを見る限り、ボーカルの人だけでなく、他のメンバーも英語で話していますね。
みなさん、一生懸命英語で話そうとしているのが、伝わってきますね。
英語を勉強している、コミュニケーション力が大事だと言っていて、若い人がこういうことを
発信するのって素晴らしいな、と思いました。

司会のMay Jさんって、名前と見た目からしてハーフかな。
彼女はネイティブっぽいですね。
この方、「アナと雪の女王」の主題歌を歌っていた人ですよね、確か(違ったかな・・・)

若い人たちには、こうしてどんどん英語で外に向かって、活躍して行ってほしいですね。
なんか、頼もしいなぁと思った私です\(^0^)/

英語は音とリズムが命

英語に限らず、語学は発音が基本です。
残念ながら、学校ではほとんど教わることのない、発音の基礎。
これらをきちんとやらないと、英語を聞ける・話せるようにはなりません。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

3月の週末ブートキャンプ、5&6に開講決定!詳細・お申し込みはこちら♪
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ