Sponsored Link

週末の午後、いかがお過ごしですか?イングリッシュブートキャンプ:由美です☆
いつも応援ありがとうございます。今日もポチっと、お願いしますラブラブ
   ↓  ↓  ↓
 携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ
いきなり、煽情的なタイトルですが、これはしょっちゅう生徒さんから聞かれる質問の、ひとつです。
コンサルティングを希望される方の、多くがこの質問をされます。
また、たまにこちらのブログにも、そういった内容のコメントが来ることがあります。
どうすれば、ネイティブみたいに英語が話せるようになりますか。
もう若くないんですが、ネイティブみたいな発音になれますか。
ネイティブと同じようなレベルに、なれますか。
といった相談や質問は、後を絶ちません。
プロフィールにも書いていますが、私は帰国子女ではありません
きわめて標準的な、日本の英語教育を受けて、日本国内で育ちました。
留学はしましたが、21歳という、いわゆる語学習得年齢(臨界期)をとっくに過ぎた、
成人してからの、それも1年未満という短期間のものでした。
私は、ネイティブのように英語が話せるわけではありません。
ネイティブではないからです。
そして、ノンネイティブである限り、ネイティブと同じようになることは、不可能です。
けれども、限りなくネイティブに近づくことは、不可能ではありません。
そのためにはどうすればいいかというと、やはりひたすら訓練するしかありません。
語学は、ネイティブに習ったほうがいい、という意見と、いやいや日本人に習ったほうがいい、
という意見がありますが、実際のところはどうなのでしょう。
私は、どちらも必要だと、思います。
成人学習者が、英語を修得しようとするとき、中級レベルくらいまでの学習者は、
日本人の先生についたほうが、絶対に良いと思います。
同じ母国語を共有する人に、基礎を教わることで、効率よく土台を固めることが、できるからです。
土台がないうちに、いくらネイティブと会話をしても、ざるに水を注ぐようなもので、
いつまでたっても、一向に水はたまりません。
けれども、中級上~上級くらいになってくると、ネイティブとの実践的な会話がないと、
伸び悩んでしまいます。
ネイティブしか出てこないような、フレーズや言い回し、言葉のニュアンス、語感など、
ノンネイティブ同士では、培われない微妙な部分が、やはりどうしてもあるからです。
今は、ネットが自由に使える、ありがたい時代です。
チャットやスカイプを利用すれば、自宅を出なくても、手軽にネイティブとコミュニケートできます。
上級者は、これを存分に活用すればいいでしょう。
今、中級くらい(TOEIC500点台より下)の学習者と、上級学習者とでは、
学習内容ややり方も、おのずと違ってきます。
そのためにはまず、自分の立ち位置、レベルを客観的に把握することです。
自分がどこに立っているのか、それが分からない状態では、適切な学習法もわかりません。
レベルに合わない学習法を、延々と続けていても、時間とお金の無駄です。
背伸びし過ぎている人、意味のないことを繰り返している人が、多いなぁと、
いろんな方の学習記録ブログを見ていると、しみじみ思います。
特に、独学で勉強されている方に、この傾向が多いように感じますね。
表題の、ノンネイティブの限界、についてのお話に戻ります。
ネイティブ(米英人)に語学(英語)を習うことと、共通の母国語がある人(日本人)に習うことと、
いったいどこに、どのように差があるのでしょう。
実は、このことを実感したのは、私自身の語学教授経験から来るものです。
20年ほど前、私はある準大手英会話スクールで、英語と日本語を教えていました。
そう、外国語である英語と、母国語である日本語を、教えていたんですね。
で、その時に、今まで気付きもしなかったことに、いろいろ気付かされたわけです。
長くなりましたので、そのお話はまた次の機会に♪(゚▽^*)ノ⌒☆
2月週末キャンプ、いよいよ来週末ですビックリマーク
まだ、お申し込みいただけます。
お問い合わせ、お申し込みは、info@englishbootcamp.jpまで。
この記事が役に立ったという方は、ポチっとお願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ    

手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
メラメラ2月週末ブートキャンプ、18&19に開催。参加者募集中!詳細はこちら
3月3日(土)のオフ会に参加しませんか? 詳細はこちらコーヒー
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで
カウンセリング・体験レッスン予約状況はこちらメモ

Sponsored Link

関連コンテンツ