英語(発音)

リダクションって何?-ネイティブのモゴモゴ発音を克服しよう!

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

映画を見ていて、聞こえてくる台詞をまねようとしても、その通りの音にならない。
字幕を見ていても、その通りに言っているように聞こえない。

そんな経験は、ありませんか?

役者の台詞が、速いだけでなく、なんだかモゴモゴ言っているように聞こえる。

これは、日本人英語学習者にとって、共通の悩みだと思います。
英語をそれなりに勉強していると、必ずぶち当たる壁といっていいものでしょう。
英会話学校で先生が話す英語と、実際のネイティブの英語には、大きな差があるのです。

英会話学校の先生や在日ネイティブは、不自然な英語を話しています。

では、その差、違いとはなんでしょうか。

英語はリエゾンやリダクションが非常に多い言語です。
一般的に、日本に住んでいるイギリス人や、アメリカ人は、日本人に合わせた話し方をしています。
というのも、普通に話すと、私たち日本人には聞き取れないからです。
それがわかっているので、彼らもいつの間にか、日本人向けの話し方をするようになってしまうのです。

英語は、普通に話していると、必ずリエゾン(リンキングとも言います)や、リダクションが起ります。
リエゾンというのは、単語の最後の音と、次に続く単語の頭の音が繋がる現象です。
リダクションは、音が脱落したり弱化する現象のことです。

たとえば、

I just didn’t have time.

これは、

I jusdi’nuv (ジャスディンナヴ)time.

というように発音されます。

justとdidn’tを区切って、ジャスト ディドゥントと認識すると、聞き取れません。
justの“t”と、didn’t の“d”がくっついてしまうのですが、
TもDも舌の位置がほぼ同じで、DはTの有声音です。
英語は、同じ子音(無声音と有声音は同じ音)を、二度発音することはありません。

また、N の前後に T/D が来る場合、T/D は消えてなくなります。
なので、didn’tはdi’n’となります。
jus(t)di(d)n(t)というように、TとDを消してみると、わかりやすいでしょう。
ジャスディンとなるのが、わかりますね?

続く have ですが、have/has や he/his/him, her といった単語は、H が脱落することが多いのです。
have が ave(アヴ)になるんですね。
またこの時、母音が弱化します。
そのため、haveとofはほとんど同じ発音、[uv] になります。
そして直前のNと繋がるので、nuv(ナヴ)になるわけです。

英語の発音、基本法則を覚えよう

さて、これでもうお分かりかと思いますが、いわゆる普通のネイティブは、みなこういう話し方をするのです。
英会話スクールの先生や、在日英語ネイティブは、こんな風にはしゃべりません。

I / just / didn’t / have / time.

というように、単語を一語一語なるだけ区切って、いわゆる不自然な話し方をしています。
これでは、本当のネイティブの英語には、いつまで経っても慣れることができません。
本来の英語の音の繋がりや、脱落を理解することが、リスニング、スピーキングアップには不可欠です。

そう難しく考える必要は、ありません。
リエゾン(リンキング)は、私たち日本人も自然にやっていることなんですよ。

たとえば、四天王という単語。
これは本来、「してんおう」となるはずです。
Shi ten o の“n”と“o”がリエゾンして、Shitennoとなっているのです。
実際に「してんのう」と言ってみてください。
してん、まで来ると、舌が上あごにぴったりくっついていると思います。

英語も同じです。
自然な動きをするために、音がくっついたり省略されたりするのが、リエゾンであり、リダクションです。
日本人は比較的、リエゾンには順応しやすいと思います。
それは、今説明したように、日本語でもリエゾンが頻繁に起こっているからなのですが、曲者なのがリダクションです。


リダクションについては、こちらで詳しく解説しています。

英語のリダクション-音が消える、あいまい化する現象


また、リエゾンのトレーニング方法については、こちらで動画を見ながらやってみましょう。

リエゾン・リンキングのトレーニングでネイティブ英語に近づく


ナチュラルな英語に耳が慣れるためには、その基本法則をまずは知る必要性があります。
私たち日本人は、こういった基本的なことを、学校で全くと言っていいほど、勉強していません。
習っていないのだから、知らなくて当然なのです。
ですが、知らないままでは英会話は上達しませんし、リスニングもアップしません。

発音の基本法則を知ることは、英語をマスターする上で不可欠です。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル


ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ

コメント

  1. FDJ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    リエゾンは glide とも言いますよね。四天王のたとえは、アメリカ英語における 90(nai-no)での glide と同じ感じですね。90210 とか、番地とか電話番号って良い練習材料になるかもしれませんね。
    過去の記事も楽しく読ませて頂き、かなり辛口な部分には、個人的にニンマリさせられてしまいました。あと、私の英語のベースは歌詞なので一連の記事には凄く共感を憶えます。これからも期待しています。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >FDJさん
    コメントありがとうごさいます☆
    90210は日本では“ビバヒル”と呼ばれていますね(笑)
    最初、何のことかわかりませんでしたよ。
    数字は、英語学習者にとっては難関ですね。
    すらすら言う訓練は発音のブラッシュアップにつながると思います。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)