エンタメ

David Bowieは“ボウイ”“バウイ”“ブゥイィ”、どれが正解?

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

先日、ガンで亡くなったデイヴィッド・ボウイ。
ここにきて、彼の苗字の正しい発音が、話題になっています。

詳細に行く前に、ランキングにご協力を。1クリックお願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

ボウイ、バウイ、どっちが正解?

その斬新なスタイルで、グラムロックというジャンルを作ったのが、ボウイだと言われています。
70年代の日本で、ボウイの影響を色濃く受け、スターとして燦然と輝きを放ったのが、
ジュリーこと、沢田研二でした。
そしてその様式美が、後のビジュアル系に引き継がれていった、というのは音楽業界において
有名なお話です。

で、ビジュアルロックの総本山である、デイヴィッド・ボウイですが、彼の苗字についてのお話。
こちらの記事によると、最初は本名のDavid Jonesだったようです。
ところが、モンキーズのDavy Jonesと似ていて紛らわしい、というので今の芸名に変更。
Bowieはアメリカ製のナイフの名前、Bowie knifeから取った、とあります。

では実際のところ、彼自身は生前、なんと発音すると主張していたのでしょう。
こちらの映像が、興味深いです。





インタビュワーに直撃され、こう答えています。

Uh…less and less is, “boh-ee, bow-ee, boo-ee”. I don’t even know how to pronounce it any more. I’ve lost track.
多い順に“ボウイ、バウイ、ブゥイィ”かな。今となってはもうどう発音するのか、自分でもわからないよ。どうだったか思い出せない。

と、ご本人も混乱しているようです(笑)
Scottish だから、ブゥイィが正しいのではないかと思うが、誰も言わない、と言っています。
確かに、ブゥイィは私も初耳でした。
かつて、ボウイじゃなくてバウイが正しいんだ、と言っていた音楽評論家がいましたが、
ブゥイィかボウイが正しい、ということのようです。

それにしても、往年のスターが次々に鬼籍に入り、なんだか寂しいですね。
その分自分も年を取った、ということなのでしょう(´Д`;)/ヽァ・・・

英語は音とリズムが命

外国語の習得は、発音から入るのが基本です。
正しく発音できて初めて、聞ける・話せるようになります。
まずは発音のルールを知るところから、始めましょう。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

2016年1月週末ブートキャンプ、23/24に開講!詳細はこちら♪
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)