動画で見る由美の発音レッスン

Thatの発音は2種類あります-母音のあいまい化現象(動画解説)

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

中学1年レベルの単語なのに、聞き取れない・・・という経験はありませんか?
学校では教わらない、英語の発音ルール。
今回は、“that”の発音について、動画で解説しました。

リダクションのルールを覚えよう

英語は、リズム言語だと以前も書きました。
日本語にはいわゆる、英語のようなリズムというものがありません。
rhythmに対する日本語は、“拍子”ですが、三々七拍子などでもわかるように、日本語の拍子は、
一拍が同じ間合いなのです。
つまり、全て均等なリズム。

けれども、英語はそうではありません。
英語のリズムは、きわめて不規則です。
長い一拍もあれば、短い一拍もある。
そしてこの短い一拍が、日本人は苦手なのです。
なぜなら、短い一拍の場合、音がリダクション(脱落、省略、短縮)されるからです。

Thatを全て等しく“ザット”と認識していると、聞き取れません。
今回はこの、“that”の発音について、動画解説しましたので、参考にしてください。





どうですか?

2種類の発音、違いとルールがわかりましたか?

こういったリダクションのルールは、他にもたくさんあります。
学校では全くといっていいほど、発音ルールを教えることがありません。
言葉は、音が基本です。
正しい音を認識できないと、いくら単語やフレーズを覚えても、理解できるようにはなりません。
また、正しく発音できないと、ネイティブには通じません。

まずは、発音の基本ルールを、押さえるようにしましょう。

英語は音とリズムが命

自分が正しく言える単語、フレーズは必ず聞き取れます。
逆に言うと、正しく発音できないフレーズは、聞き取ることが難しいのです。
英語はリズムが大事です。
そしてこのリズムは、発音パターンによって、生まれています。
基本パターンを理解することが、英語をマスターするための近道であり、王道なのです。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

コメント

  1. Chica より:

    こんにちは!すごくわかりやすい解説でした、
    ありがとうございました。
    勉強になりました〜。

    1. Chicaさん

      どうも~(^O^)
      リダクションはやっかいですよね。
      基本的に慣れるしかないんですが・・・
      100%聞けなくても、だいたいわかれば何とかなる。
      英語の音って難しいです。

  2. がんばろう君 より:

    はじめまして。
    英語を話せるようになりたい熱が最近強く、
    色々勉強してたのですが、なかなか成長さずに悩んでいたところだったのですが、、

    このブログに巡り会えて、明るい光がさしてきた気がします!!

    これから楽しみに拝見していきます!
    ありがとうございます!

    1. がんばろう君

      コメントありがとうございます♪
      拙ブログを見つけてくださって、光栄です。

      英語学習者のためになるような記事を、これからも書いていきますので、
      ぜひチェックしてみてください。
      また、YouTubeに動画をアップしていますので、よかったらそちらも
      登録してくださいね(* ‘-^) ⌒☆

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)