お知らせ・イベント

Yumi監修による発音本が西東社より出版されました!

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

書籍出版のお知らせです。

『ネイティブ発音が3D映像でわかる!英語の発音トレーニングBOOK』発売決定!

Yumiが監修した発音本が、西東社さんより発売になりました。
タイトルは、『ネイティブ発音が3D映像でわかる!英語の発音トレーニングBOOK』です。
発売日は5月20日ですが、書店には今週中に並ぶ予定です。
また、Amazonなどネットでもすでに、予約受付中です!





Amazonで、”なか見!検索”ができますので、目次やサンプルページがご覧になれます。
発音本を出版するにあたり、監修をお願いしたいと連絡をもらったのが、去年の初夏でした。
それから打ち合わや内容チェックを重ね、半年以上かけてようやくここまで来ました。

この本は、発音記号も何もわからない、母音と子音の違いも今ひとつよくわからない・・・
といったような、初心者のかたにもわかりやすく、英語の発音について紹介しています。
母音と子音を、一つ一つ取り上げるだけでなく、リエゾンやリダクションやリズムといった、
日本人が苦手とする部分も、解説を加えています。

一番の特徴は、発音図鑑による立体アニメ映像です。
口の中の動きを、3Dで見ることで、舌やあごの使い方がよくわかります。
この発音図鑑さんのアプリは、画期的です。

去年はこちらの本にかかりっきりでしたが、こうして形になったのを手にとってみると、
感慨もひとしおです(^O^)
『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』が中級向けだとすると、こちらは初心者向けです。
英語初心者の方、発音を一からやり直したい方は、ぜひお買い求めください。

英語の発音-なぜ今、発音なのか

私たち日本人は、発音の仕方については、学校でもほとんど教わったことがありません。
あたり前のことですが、言葉は音から成り立っています。
フランス語でも中国語でも韓国語でも、どんな言語であれ語学学校で会話を習う時、
真っ先にやるのが、正しい音の出し方、発音方法です。
ところがなぜか、英語だけがその部分まるごと、抜け落ちている状態なんですね。

多くの日本人が、英語習得にここまで苦労する最大の原因は、発音を知らないことです。
基本的な音の出し方、口や舌といった筋肉の動かし方、そういったものを一切触れない状態で
英語を話せるように(また、聞けるように)は、絶対になりません。

この本は、超初心者の方でも理解できるよう、段階的に構成されています。
また、音の繋がり(リエゾン)や脱落(リダクション)についても、触れています。

リエゾン、リダクションのページ↓


2338-04


もう一度きちんと、発音について整理しておきたい、という中上級者にもおすすめです。
発音辞書として、一冊お手元にどうぞ♪

そしてこの本で一通り学習された方には、『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』で、
さらにナチュラルな英語発音を、マスターしてください。
こちらのマニュアルほうは、ビデオにYumiが登場しますよ(笑)

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

5月の週末ブートキャンプ、21&22に開講決定!詳細・お申し込みはこちら♪
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ

コメント

  1. mari より:

    こんにちは。出版おめでとうございます!
    これは買いです〜 いつかご著書が出版されると思っていましたが、まさしく、こういう便利な辞典のように使える本を待っていたので、嬉しいです。論理的なYumi先生の頭の中身がそのまま本になった感じがします。
    3D映像も楽しみです。

    #私も出版に関わる仕事ゆえ、校正やらなにやらとても大変な半年間だったのでは、と推察しております。お疲れさまでした。

    1. mariさん

      コメントありがとうございます!
      mariさんには易しすぎる内容かと思いますが、
      ふと「この発音ってどうだったっけ・・・」と思った時のために、
      辞書替わりにデスクに一冊、置いていただければと(笑)
      3Dは画期的ですよ。
      私も見てみて凄いと思いました。

      校正は、以前出版社にいた頃にチラッと経験していましたが、
      予想以上に大変でした~(^ ^;)

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)