エンタメ

NBAのスター、Kobe Bryantの初ドッキリ@エレンの部屋

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

引退を表明したNBAのスター、コービー・ブライアント選手。
Ellen Showでのドッキリが、とても面白かったので、ご紹介します(^O^)

その前に、ランキングにご協力ください。1クリックお願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

Kobe(コービー)という名前は神戸から取ったもの?

日本人が活躍する可能性の低い、バスケットボール。
一時、NBAブームがありました(ナイキのエアージョーダンとか)が、結局のところ、
日本人がほとんどいないスポーツって、人気が出ないんですよね。

というわけで、国内ではパッとしないバスケですが、アメリカでは大人気スポーツの一つです。
そのスター選手である、Kobe Bryantさん。
ご両親が神戸に来た時、神戸牛のステーキを食べていたく感動し、息子にKobeと名付けたそう。
すごいですね。
なかなかパンチのある、名前だと思います(^ ^;)

そして、英語学習者にとって興味深いのが、Kobeの発音ですね。
日本語ではもちろん、“コウベ”と発音するわけですが、英語だと“コウビィ”となっています。
このパターンは、他にもあります。
たとえば、Nike(ナイキ)。
Nikeはギリシャのニケから来ています。

日本語だと、sake(サァキ)、karaoke(キャリオウキ)、karate(カラァディ)など、
“e”で終わる単語は、英語の場合「エ」という音には、ならないんですね。
なので大抵、そのままアルファベット読みして、「イー」となります。
Kobeもまさに、その法則があてはまっているわけですね。

どっきりを英語で言うと、prank

さて、そんなコービーさんですが、現役引退を表明しています。
そして、あのエレンショーに出て、ドッキリをしかけています(笑)
ドッキリ、またはいたずらのことを、prankと言います。

どんなprankかは、見てのお楽しみ。

こちら♪





はい、どうでしたか?

エレンがなにやら、インカムでコービーに指示を出していますね。
こういうの、日本のドッキリも同じですね。
どういう指示を、出しているのでしょう。

ちょっとだけ、ディクテーションしてみましょう。


So Kobe is in his (        ) room right now, and we have an esthetician that we called, and I am going to tell Kobe to tell her that he has a very very big sweating problem and (    )needs help.

He has an (        ) and he’s going to have to say everything I tell him to say and nothing else. When she comes in, her name is Linda, when she comes in I want you (   ) put your fist (    ) and give her a fist bump, okay?

Come in, please come in.
Hi hi hi hi hi hi hi…
How are you?
Fist bump, please. Fist bump.
Yeah, great. I always fist bump. My name is Kobe.
Yeah, hi.
Hi, Kobe Bryant.
Hi, right.
(    ) stand up but I’m so tall.
What…what is your name, please?
My name is Linda.
Linda, okay.
Okay, my name is Kobe.
I’m sorry, I told you (      ), right?
I’m so, so nervous.
Don’t be nervous.
Let me tell you why (      ) here.
Okay.
I sweat.
A lot.
Too much.
Too too much.
Like…like a lot.
Let me show you somthing. (      ) in that bag.


長いのでここまでにします。

ネイティブの瞬発力を目標にしよう

さて、インカムから聞こえてくるエレンの指示に、忠実に従うコービー選手。
私の言うこと一言一句たがわずに言ってね、それ以外は何も発言しちゃダメ、と言われて
素直に従っていますね(笑)

こうして見てみると、当たり前のことですが、ネイティブは聞こえてきた言葉をそのまま、
瞬時に反射的に繰り返すことが、できるわけです。
これは何も、特別なことではありません。
私たちだって、日本語だったら同じことができます。
でも外国語となると、一気にハードルは高くなります。

また、リンダさんが入ってきた時に出した、「fist bumpして」という指示と、
最後の「かばんを取って」という指示は、繰り返して言う言葉ではなく、行動への指示ですね。
そのことを、コービー選手はちゃんと理解して、指示通りfist bumpをしていますし、
ちゃんとかばんに手を伸ばしています。
色んな意味で、このprankはとても興味深いです。

リンダさん、コービーのおかしな言動・行動に、かなり引いていますね(笑)
でも大スターだし、どうしたらいいのかしら・・・と思っていたら、ドッキリだったとわかり
最後はホッとしている様子。
こういう悪意のないいたずらは、面白くていいですね~(^O^)

というわけで、答え合わせです。


dressing
he
earpiece
to
out
I’d
that
you’re
Reach


ところでこの、fist bumpって、日本にはないジェスチャーですね。
アメリカ人男性がやってるのは、よく見ますが。
こういう文化的な違いも、面白いですね(^O^)

ディクテーションが難しかった人は、何が聞き取りにくかったのか、分析してみましょう。
知ってる単語ばかりなのに、聞けなかった~という人。
音そのものが、聞けていない可能性が高いです。

まずは、発音の基本ルールを、きっちり押さえましょう。
文章にルール(文法)があるように、発音にもルールがあります。
それを知ることが、ネイティブの普通の会話を聞けるようになるための、唯一の方法です。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

5月の週末ブートキャンプ、21&22に開講決定!詳細・お申し込みはこちら♪
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

コメント

  1. Chica より:

    大爆笑!めちゃくちゃ忠実に言ってますね!神戸牛から息子にKobeと名付けたとはすごいご両親ですね。よっぽど神戸牛に感動してくれたんですねえ。

    1. Chicaさん

      コービー選手のお父さんも有名なNBA選手だったそうです。
      それにしても、そんなに神戸牛を気に入ったんですねぇ(笑)

      エレンに言われた通り、おうむ返しに言っているのが面白いですね。
      これ、ネイティブじゃないとなかなかこうはいかない。
      色んな意味で興味深いprankでした。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)