英語(学習法)

バイリンガルと通訳技術は別物-あなたが目指すのは?<後編>

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

英語をマスターしたい、と日々精進しているあなた。
そんなあなたに、少しでもヒントとなればと思い、この記事を書いています。
前編では、英語を流暢に操れるようになるための、重要なポイントについてお話しました。
今回はその続きです。

頭の中から追い出した母語(日本語)を取り戻す作業

さて、前回は、通訳者になるためには、英語を流暢に話せなくてはならない、そしてそのために
どういった学習をすればいいのか、というお話をしました。
外国語を流暢に話すには、頭の中で日本語を介さず、英語を英語のまま理解する、ということが
どうしても必要となってくるわけです。

小さな子供は、赤くて口の中に含むと甘くて酸っぱい果物が、イチゴであると理解します。
でも私たち大人は、strawberryという単語を覚える時、それがイチゴを意味すると理解する。
strawberry=赤くて甘酸っぱい果物、と理解するよりも、イチゴという日本語を介したほうが
理解しやすいし、覚えやすいからです。

けれどもこの状態では、外国語を流暢に操ることは、できません。
頭の中から日本語を追い出す、「英語⇔日本語」というプロセスを排除することが、
第二言語習得において、重要なんですね。
英語を普通に話せるようになるには、「strawberry=イチゴ」という「日英変換」ではなく、
「strawberry=赤くて甘酸っぱい果物」という、イメージ変換が必要となってくるのです。
流暢な人はみな、このイメージ変換に、成功した人たちです。
ところがところが、通訳とは「日英変換」をする仕事なんですね。
つまり、せっかく追い出した日本語を、今度はまた取り戻さなくてはならないわけです。
この訓練なくして、通訳という作業はできない。
そしてこの訓練がことのほか、大変なんですねぇ・・・

バイリンガルだからといって通訳はできない

昔、私がまだ中学生だったころ。
テレビの歌番組に、早見優ちゃんが出ていました。
ハワイ育ちの彼女はいわば、元祖バイリンガルアイドルでした。
ある歌番組で、ゲストに海外アーティストがいたのか、状況はちょっと思い出せませんが、
司会者が優ちゃんに「今なんて言ったの、訳して」みたいなことを、急に振ったんですね。
そしたら彼女、「ごめんなさい、私、通訳はできません」と、言ったんです。

その時、私はすごく驚いたんですよ。
英語ぺらぺらな早見優が、なんで咄嗟に訳せないんだろうと。
今なら当たり前のことだと思いますが、当時子供だった私は、彼女が通訳できないことに、
ちょっとガッカリしてしまったんですね。

でもこれは、モノリンガル(母語しか話せない人)にありがちな、勘違いなんです。
英語で話す(聞く)時は、英語以外の言語を介しません。
日本語を話す時、日本語以外の言語を介さないのと、同じことです。
なので、いきなりそこで「英語⇔日本語」というプロセスを、脳が取ることはできないんです。
もちろん、簡単なフレーズくらいなら、対応することはできます。
けれども長いやりとりとなると、脳が混乱してしまうんですね。

通訳というのは、特殊技能です。
外国語から母語へ、また母語から外国語へ。
もしくは、マルチリンガルの人であれば、複数の母語の間を行ったり来たりします。
これは勝手にスイッチが入るわけではなく、そうなるための訓練が必要なんです。
私自身、若い頃に通訳学校に通いました。
その時にこの訓練を、かなり繰り返しやりましたが、なかなか大変でした。
適切な日本語が、すっと出てこない。
口をついて出てくるのは、ぼんやりした言葉ばかりで、繋げると何を言ってるのかわからない。
自分ではわかっているけど、それを理路整然とした日本語(または英語)にすることが、
非常に難しいのです。

普通の会話や雑談を訳すだけなら、まだそれほど大変ではありません。
でも大抵の場合、通訳というのは、プロフェッショナルな業界において、ニーズがあるんです。
ITだったり、エンジニアリングだったり、金融だったり、医療だったり。
その分野の知識がないと、話自体が理解できません。
私は、FM局で通訳・翻訳をしていましたが、この時はまだ何とかなりました。
というのも、音楽はかなり好きだったし、そこそこ詳しかったので、対応できたんです。
たとえ知らないジャンルの音楽や、ミュージシャンが相手でも、頑張って調べました。
興味のある分野なので、すっと頭の中に入ってきます。

ところが、スポーツイベントの通訳をした時は、そうはいきませんでした。
国際マラソンやアジア大会など、なぜだかスポーツ音痴の私が、やたらとそっち系の仕事を
していたことがありました。
競技の名前もルールも、何も知らないところからスタートです。
まずは日本語のルールブックを読み、ルールを覚え、用語を覚えます。
日本語を丸暗記してから、それに対応する英語を覚える。
拷問みたいでした(笑)
そして当然のことながら、仕事が終われば、覚えた語彙はきれいさっぱり、忘れました(^ ^;)

あなたがなりたいのは、バイリンガル、それとも通訳者?

通訳というのが、いかに特殊技能であるか、これでおわかりいただけたでしょう。
もしもあなたが、通訳者になりたいと思うのであれば、特殊な訓練を積む必要があります。
また、何でもいいので、プロと張り合えるだけの知識を持つことが必要です。
需要が多いのが、IT、医療、金融です。
自分のキャリアを生かす、ということを前提にやらないと、遠回りになります。
たとえば、まったく金融業界を知らない人が、金融系の通訳をやるのは無理があります。
逆に、もしあなたが長年IT企業に勤めている、というのであれば、IT系通訳を目指せば、
比較的仕事にありつける確率は、高いでしょう。

有名人の通訳、政治家の通訳などは、一部の人にしか回ってこない仕事なので、超狭き門です。
それでもがんばれば、もちろん不可能ではありません。
あの人にお願いしたら、仕事がスムーズにいく、と思ってもらえれば、次に繋がります。
通訳者はいわば、黒子のようなものです。
けれども、黒子無しでは、舞台は回らない。
ある意味、陰の主役なんです。

いやいや、私は別に通訳者なんて目指してないわ~、普通に英語がペラペラになりたいだけ、
という人は、このまま母語(日本語)を介さず、ひたすら英語を英語として享受し、
楽しみながら、学習を続けてください。
要は、最終的に何を目指すか、なんですね。
それによって、英語の学習スタイル(内容)も、変わってくるということです。

以上、少しでも私の経験が、英語学習者の役に立てばと思い、この記事を書きました(^O^)

Yumiの発音矯正教本、好評発売中です♪

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

5月の週末ブートキャンプ、21&22に開講決定!詳細・お申し込みはこちら♪
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ

コメント

  1. Chica より:

    興味深く読ませてもらいました。そうですよね、最終的に何を目指すのかというのは重要。取り組み方が変わってきますもんね。

    1. Chicaさん

      最後までお読みいただき、ありがとうございます。
      語学をやるうえで大事なのが、どうなりたいか、なんですね。
      ビジネスで必要なのか、普通に英語が話せるようになりたいのか。
      通訳を目指すとなると、そんじょそこらの努力では無理なので、
      かなりの覚悟が必要です(^ ^;)

  2. かがわのひと より:

    たびたびブログを読んでおります。
    通訳者はオノマトペがとても大変だと聞きました。
    また、最近のニュースで「ベテラン」の意味が英語では「退役軍人」という意味に
    なってしまうことを知りました。
    このような言葉は語彙力がないと、とんでもない方向に話が進みそうです。

    1. かがわのひとさん
      コメントありがとうございます。

      そうですね、カタカナ語は要注意です。
      本来の英語(だけじゃないですが)と全く意味が違うこともあるので。
      なのでなるだけ、カタカナを避けるようにしています。

      擬音語は大変ですね。
      英語より日本語の方が擬音語・擬態語に富んでいるので、
      そのあたりは面白いのですが。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)