動画で見る由美の発音レッスン

SとTHの発音の違いは“吐く息の量”にあった!

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

英語の発音で難しいのは何、と聞くと多くの人が答えるのが’TH’の音です。

THは難しい、と誰しも思っているのではないでしょうか。

でも、案外そうでもないんですよ(これ、ホント)

というわけで、今日はSとTH の発音の違い、コツについて動画で解説しますね。

‘TH’は舌を噛むというのは大きな誤解

まず、「THは舌を噛む」という固定概念は、捨ててください。

舌を噛んじゃったら、話すことはできません(笑)
実際にやってみるとわかります。
舌を噛みながらしゃべるなんて、ほとんど神業と言ってもいいでしょう(^ ^;)

そうではなくて、舌を前歯にくっつける、または舌先で上の歯をなぞるんです。
その時、舌が上の歯より前に出ることがあるので、正面から見た時に舌を噛んでいるように見えたのでしょう。
それがおそらく、「THイコール舌を噛む」という誤解を生んだ、原因ではないかと私は思っています。

それともう一つ、重要なのが’S’の音との違い。
これは以前、YouTubeの視聴者から受けた質問ですが、これらの発音の違いが今ひとつわからないと言う人は、案外多いのではないでしょうか。

わかりやすく動画で説明しましたので、最後まで見てくださいね。






どうですか?

違い、わかりましたか?
私たち日本人は、THよりむしろSのほうが苦手なんです。
これまで数千人に英語を教えてきましたが、確率として、3人に1人はSの音が正しく出せていません。
そして、3人に1人は矯正されてもなかなかうまく出せない、という感じです。
にもかかわらず、Sが難しい子音だと思っている学習者が少ないのが現状です。

あなたも、正しく発音できているか、確認してみてくださいね。
その際かならず自分の声を録音し、客観的に聞いてみましょう。
摩擦音、ちゃんと響いていますか?

正しい発音を知ることの重要さ

私たちは、学校で発音をほとんどまともに習っていません。
そのため、“思い込み”や“勘違い”で発音してしまっていることが、多々あります。
勘違いしている音は、当然のことながら聞き取ることはできません。
リスニングが苦手な人は、そもそも音を正しく聞けていない可能性が、高いのです。

まずは、正しい発音を知るところから始めましょう。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

あなたも、ブレイクスルーを体験しませんか?


ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)