英語で言えますか

「それはちょっと言い過ぎ」を英語で言うと?

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

「英語で言えますか」シリーズ、今回のお題はこちら。

あなたそれ、ちょっと言い過ぎよ。

それは行きすぎだろう、という発言ってありますね。

特に、誰かのことを悪く言う時とか、批判する時とか。

そんな時に「それは言い過ぎだよ」とたしなめるのに、ぴったりなフレーズ。

わかるかな?

英会話は基本動詞の組み合わせでほとんど足りる

日常会話は1,500語くらいで事足りる、とよく言われます。

そんなバカな・・・と思ったあなた。

いえいえ、本当です。

これが、「会話は中学英語の知識でOK」と言われる所以です。

けれども、これには大きな落とし穴があるんですよ。

それは何かと言うと、「単語を知っているだけではダメ」だということです。

この「言い過ぎ」というフレーズも、まさにその典型的な例だと言えるでしょう。

答えは、


You’ve gone too far.


直訳すれば、「あなたは遠くに行ってしまった」となりますが、つまり、あまりに行きすぎた言動をしている、という意味です。

We might have gone too far. ちょっと言い過ぎたかもしれないね。

なんていう風に、反省して言う時にも使えます。

この go too far は、単語ひとつひとつを見ると、まさに中学1年か2年で習うような、簡単なものばかりです。

これらの単語を知らない、という人はおそらく、ほとんどいないのではないでしょうか。

それでも「言い過ぎだ」とフレーズが出てこないのは、こういった単語の組み合わせ(チャンクと言います)を知らないからです。

英語はチャンクが重要なんです。

語彙力というのは、単語だけではなくチャンクを含めてのものです。

こういったネイティブが普通に使うチャンクを、たくさん知っておくこと。

これが、会話上達の秘訣です。

英語は音とリズムが命

チャンクは、ひとつの塊(かたまり)です。

ぶつぶつ切れてしまわないように、一息に言うことが重要です。

でないと、ネイティブに聞き返されたり、またネイティブの会話が聞き取れない、なんてことになってしまいます。

英語は、音とリズムが命です。

発音の基本ルールを知ることが、リスニング・スピーキング上達の要なのです。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル


ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)