英語(学習法)

Lang-8から新アプリ”HiNative”登場-使ってみた感想

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

最近、英語学習法やおススメの参考書・教材について、聞かれることが増えました。

そこで、色々とアンテナを張り巡らせているのですが、こんなアプリを見つけたのでご紹介します。

HiNative

ウェブサイトはこんな感じで、TwitterやFacebookアカウントがあれば、そこから楽に登録できます。
もちろん、普通にメアドで登録も可能。


hinative


で、中級以上の学習者の方なら、Lang-8って聞いたことあるんじゃないでしょうか。

いわゆる「ネイティブに英文を添削してもらえる」学習サイトで、日本語の文章を添削してあげることもできる。
私も以前使ったことがありますが、私の周りでもLang-8の利用者は結構多いです。

そのLang-8から新しく登場したサイトがこの、HiNativeなんですね。

HiNativeは、文章の添削ではなく、「これを英語で言うとどうなるの?」という疑問を、直接ネイティブに聞ける学習プラットフォームです。
聞くだけじゃなく、自分の母語(日本語)を生かして、外国人からの質問にも答えてあげられるという、いわゆるlanguage exchangeの場でもあるんですね。
上記のサイトはもちろん、スマホアプリもあります。

iPhoneとAndroid、どちらも対応してますが、ちなみにiPhoneだとこんな感じ。



IMG_8298


まずは、自分の言語設定をします。

そのままチュートリアルにしたがって進めて行くと、こんな感じで色んな質問が出てきます。


IMG_8299


この中で答えられそうな質問に、答えてあげることができます。
相手が中級者以上であれば、日本語で答えてもOKなので、気軽に自分の知識を役立てることができてなかなか楽しいですよ。
なんていうか、ちょっとした異文化交流みたいな感じ♪

で、自分が質問したいときはというと・・・


IMG_8300


質問のテンプレートがあるので、初級者でも使いこなせます。
もちろん、中級以上の人は自分でオリジナルの質問形式で、がんがん英語を使って聞いていきましょう。

ユーザーの中で一番活発なのが、アメリカ(英語)と日本なので、日本人英語学習者にとって非常に便利です。
アメリカ人ユーザーが多いので、質問すれば誰かしらすぐに答えてくれます。
ふと疑問に思った時など、いつでもどこでもネイティブに聞くことができるという、手軽さがあります。

それと、自分の声を録音して、ネイティブに聞いてもらうこともできます。


IMG_8302


10秒間で、短いフレーズや単語を録音できる機能が付いています。
英語の先生ではない、一般人のネイティブが聞いてくれるというのは、英語学習者にとってはありがたいフィードバックです。
英語の先生って、日本人の訛りに慣れてますからね。
普通の人(英語の先生じゃない人)が聞いた時、自分の発音がちゃんと通じるのか、試せるまたとない機会です。
ぜひ利用してみてください。

ちなみに「優先表示チケットを使う」とありますが、HiNativeにはこういった有料サービスもあります。
基本的に無料アプリですが、プレミアムというのがあって、そちらは有料です。

英語学習者としてネイティブに質問するというのも、もちろん楽しいですが、自分の日本語の知識を役立てるというのも、想像以上に楽しいですよ。
世界には、日本語を学びたい人・学んでいる人が、たくさんいるのです。
中国、フランス、スペイン・・・といった、非英語圏の人たちからの質問(日本語で書かれています)に、日本語で答える。
こういう経験を、日本にいながらスマホ片手にちゃちゃっとできるなんて、本当にすごい時代になったなぁと思います。

とても楽しいアプリなので、おススメです(* ‘-^) ⌒☆



ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)