洋楽・洋画で英語を学ぶ

洋楽は最高の英語学習素材-Adeleの”Hello”でリエゾン練習

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

このブログでもセミナーでも繰り返し述べてきていることですが、英語をマスターする一番の近道は、洋楽を徹底的に利用することです。

なぜ歌なのか。

それには3つ、理由があります。

英語は歌うように話す、日本語は口先で話す

英語と日本語の最大の違いが、発声です。
歌を利用することで英語が上達する理由は、下記の通り。


1.英語は腹式発声で、胸式発声の日本語と根本的に声の出し方が違う
2.英語のリズムは独特で、日本人にはこのリズム感が徹底して欠けている
3.日本語は抑揚の少ない言語だが、英語は抑揚が豊か


なるほどなぁ、と頭では理解できても、文字で書かれた文章を読んでいるだけでは、こういった発声やリズム、抑揚を矯正することは難しいのです。

ところが、歌の場合、メロディーに合わせることで、自然とリズムや抑揚が体にしみこんでいきます。
また、歌う時は日本人も腹式発声になるので、英語の発声ができるようになります。

今回は、イギリスが誇る歌姫、アデルの『Hello』のサビを使って、練習してみましょう。

リエゾンとリダクションを意識して歌ってみる

洋楽は好きだ、結構聴いている、というあなた。

実は、聴いているだけではだめなのです。
それでは聞き流しの英語と同じで、リスニングは多少伸びても話せるようにはなりません。
歌詞を見て意味を理解し、声に出して練習し、最終的には一緒にソラで歌えるようになるまで仕上げること。

これをしないと、英語力はつきません。

まずは、表題のアデルの歌を聴いてみましょう。

2分20秒あたりから、サビに入ります。





Hello from the other side
I must have called a thousand times
To tell you I’m sorry, for everything that I’ve done
But when I call you never seem to be home



ここまでの歌唱力は当然、素人の私たちにはありませんから、同じように歌おうと思わないことです(笑)
あ、このブログはプロのミュージシャンもよく見てくれているので、そういう方はもちろん別ですよ(* ‘-^) ⌒☆
普通の人は、歌唱のコツみたいな部分はおいといて、音の繋がりを意識しましょう。

あれ・・・ここ、こんな風に聞こえる、というようにまず、自分で分析してみてください。
そういう作業をしてみることで、音の繋がりや脱落(リエゾン、リダクション)に慣れていくのです。

う~ん、難しい・・・という人にはこちら。

サビの部分の発音について、動画で解説しました~(^O^)





どうですか?

サビだけでいいので、練習して歌ってみてくださいね。
好きな歌があればそれを、徹底して練習するといいですよ。
そして一人カラオケで歌いましょう。

忘年会シーズンに向けて、レパートリーを増やして見てはいかが?

英語は音とリズムが命

ネイティブの英語が聞き取れない、モゴモゴ聞こえる、ネイティブに聞き返される、英語が通じない・・・

そういった原因の多くは、発声の仕方が間違っていること、また正しい音を理解していないことにあります。
いくら単語やフレーズをたくさん知っていても、音が聞き取れなければリスニングは伸びません。
当然、話すこともできません。

まずは、発音のイロハをきっちり叩き込みましょう。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、子音や母音といった個々の音はもちろん、リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。


マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル


英語は音とリズムが命です。

発音をやり直すことで、ブレイクスルーを体験してみませんか?


ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)