動画で見る由美の発音レッスン

Jack-o’-lantern|ジャック・オー・ランタンの“オー”って何?

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

応援ありがとうございます!ランキングにご協力くださいませ音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

★Jack-O’-Lantern に見る、英語のリダクション

もうすぐハロウィーンですね。

さて、ハロウィーンと言えば、これ。

ジャック・オー・ランタンですよね。


halloween_jack_o_lantern-wide


大きなかぼちゃを、中身をくり抜いて、こんな風にランプにする。
日本語では、かぼちゃのジャックとか、提灯(ちょうちん)ジャックとか、呼ばれています。
まあ、最近ではそのまま「ジャッコランタン」と呼ぶ方が、一般的なようですが。

で、この“jack-o’-lantern”の、o’とは、何を意味するのでしょう。
また、この“オー”が、英語のリスニングの決め手になる、日本人が不得意な、“例のあれ”なんですね~(笑)

というわけで、音声解説してみました♪





どうですか?

of のリダクション、普段ちゃんと意識していますか?

★機能語はリダクションが起こりやすい

英語には、機能語と内容語という、二つの大まかな括りがあります。
機能語とは、機能を表す言葉で、意味としては重要ではない、いわばつなぎの言葉を指します。
例えば、冠詞がその代表です。
a とか the といったものは、名詞にくっついている“冠(かんむり)”です。
それ自体に、重要な意味はほとんどありません。
だから、あえてはっきりと、きっちりと発音することは、ないわけです。

同じように、前置詞も機能語です。
前置詞は、日本語で言うところの、助詞(てにをは)みたいなもの。
日本語でも、助詞は省略されることが、多いですよね?
「私はお腹が空いた」と言わず、「おなかすいた」と、普通の会話では言います。
私(I)も、助詞の「は」も「が」も、省略されてしまいますね。
英語にも、まったく同じことが起こるんです。

この、前置詞の of のリダクションは、会話では頻繁に起こります。
「オブ」とハッキリ聞こえてくるもんだ、と思っていたら、聞き取れません。
こういった、リダクションに慣れることは、普通の英語が聞けるようになるために、不可欠なんですね。
知らなかった・・・という人は、もう一度発音を、きちんとやり直しましょう。

★発音にもルールがあります

文法にルールがあるように、発音にもルールがあります。
それを知らないと、ネイティブの英語が、聞けるようにはなりません。
まずは、音のルールを、きちんと理解しましょう。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。
特に重要な喉発声と、基本母音に関しては、Yumiが動画で解説しています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
   ↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル


この記事が役に立ったという方は、ポチっとお願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

12/11洋楽英語セミナーXmasスペシャルお申込みはこちら♪
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)