和製英語

和製英語にご用心!#はシャープじゃないですよ!

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね♪音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

★英語で#は何て言う?

久しぶりに、和製英語の話題です。

世にはびこる、和製英語。
枚挙にいとまがないほど、たくさんあります。
今回取り上げるのは、プッシュフォンの「#」や「*」です。

これですね↓

fri_0608-1

今、自分で書いていて気づきましたが、プッシュフォンって言い方自体、もはや死語ですね(^ ^;)
今どき、ダイヤルフォン自体が、ほぼ骨董品みたいなものですから。
若い人はもはや、ダイヤルフォンに触ったことがない、という人も多いでしょう。

まあ、それはさておき、プッシュフォン(あくまで言い張ります 笑)や、携帯などのキーで、
「#」や「*」のことを、日本語では「シャープ」「米印」などと呼びますね?
じゃあ、英語はどうでしょう?
米印は日本語ですが、シャープは英語だろうなんて、思ったあなた。
ネイティブに「sharp key」とか言っても、通じません。

では、英語では、なんと呼ぶのでしょう?

答えは、pound key です。
えっ、なんで#がpoundなの?と、思ってしまいますよね。
けれどもよく使うので、知らなかった人は、これを機に覚えてしまいましょう。

それと、「*」ですが、こちらはわかりやすいですよ。
これは、英語では、star key と言います。
星の形に、似てるからでしょうね。
日本語も、漢字の「米」に似てるから、米印と呼ばれるわけで、同じ感覚ですね(^O^)

★こんな記号も、英米で呼び方が違う

ところで、#ですが、これはイギリスでは、違う呼び方をするようです。
私も最近まで、知らなかったのですが、イギリス人は、pound keyとは呼ばず、hash keyと呼ぶようです。
おそらくですが、イギリスにおいて、poundとは、通貨のことですよね?
そうなると、pound記号は「£」だから、「#」をpoundと呼ぶのは、紛らわしいのかな、と。

で、最近ツイッターなどでよく見かける、ハッシュタグというのがありますね?
これは、ツイートの最後に、「#」を付けておくと、検索ができるようになっているもの。
このハッシュタグ、hash tag の hashこそ、シャープ記号のことなんですね。
なんでシャープ記号がハッシュなの、と思った方、これはイギリス英語だったんですよ。

アメリカではこう呼ぶけど、イギリスでは違う、というのはこれに限らず、結構あります。
IT関係は、アメリカが最先端で、グーグルにせよなんにせよ、ほとんどが米企業ということもあり、
アメリカ英語が主流ですが、たまに英米混じってる時もあるので、そういう時は両方覚えちゃいましょう。
その方が、一粒で二度美味しいですからね(* ‘-^) ⌒☆

★英語は音とリズムが命

言葉は音から始まります。
正しく発音できると、必ずその音は効けるようになります。
文法にルールがあるように、発音にもルールがあり、まずはそれを知ることが、
英語をマスターする上で、不可欠です。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
   ↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

9・22つなぎすとサロン主催のセミナー申込み受付中!詳細はこちら♪
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

コメント

  1. Rainy より:

    和製英語、結構怖いですよね。
    力説して通じなかったのは
    和製英語だったから、とか。

    ちなみに@は国によって、
    言い方がバラエティに富んでるようですね。
    巻き貝、とか、ウサギとか。笑

    1. Rainyさん

      巻貝はなんとなくわかるけど(形的に)、なんでウサギ?
      不思議ですねぇ。
      @は、まだeメールが普及する前に、atの省略みたいな感じで
      メモ書きにも使っていました。
      Lunch w/ John @ 1pm みたいな感じで。
      その頃からみんな普通に、at と呼んでいましたね、今思えば。

  2. コッコ より:

    電話機のは日本語では「いげた」#と呼ばれる文字で
    横棒が水平です。

    音楽記号のシャープ♯(英語でもsharp)は縦棒が垂直で
    「いげた」とは別の記号なんです。

    「シャープ」は音楽の授業で習うので馴染みがありますが、
    「いげた」って聞いたこともないって人も多いでしょうね。
    ほとんどの日本人が、「いげた」をぱっと見よく似た
    「シャープ」と間違って「シャープ」と呼んでいるんです。
    そもそも日本語として間違っているんですね…

    1. コッコさん

      コメントありがとうございます。
      「いげた」」ですかっ。
      それは、初耳です(@_@;)
      そもそもシャープじゃあなかったんですね。
      でも、いげたって聞いたことないですよ。
      調べたら、井桁って書くんですね。
      なるほど、井戸の井なのに、#と勘違いしてしまったんですね。
      でも、公式な音声でも「シャープを押してください」と、
      アナウンスされていますよね。
      誰も井桁って言葉を知らないからでしょうかね。
      世の中、知らないことっていっぱいありますね~(^ ^;)
      勉強になりました、ありがとうございます。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)