動画で見る由美の発音レッスン

RとLの発音-巻き舌じゃない正しいRの発音方法

STOP makijita


Rといえば舌を巻いて発音すると、あなたは思っていませんか?
Rは巻き舌ではありません。
巻き舌Rは、ネイティブに辛うじて通じますが、正しい発音ではないのです。

Rの発音方法について、詳しく解説しました。
これであなたも、ネイティブのRがマスターできます。


<目次>

1.巻き舌ではないR-舌の付け根を盛り上げる
1-1 正しい舌の使い方
1-2 唇を丸める

2.Lとの違い-舌の動きが真逆

3.1日3分でOK-RとLのトレーニング

1.巻き舌ではないR-舌の付け根を盛り上げる



子音の中でも断トツで苦手だ、という人が多いのがこのRの音ですね。
多くの人が、Rは舌先をちょっと上にあげて巻き舌にする、と思っています。
実はこれが、大きな間違いなのです。

巻き舌Rでも、ネイティブには通じます。
へたに通じてしまうせいで、間違っていることに気付かずに来ている人が、とても多いのです。
発音は悪くないし、そこそこ英語は話せる。
だけど、ネイティブの早口英語や雑談が、聞き取れない。
いわゆる“普通の英会話”ができない。
そういう人は、実はこの巻き舌がネックになっていることが多いのです。

1-1 正しい舌の使い方

Rを正しく発音するコツは、舌先ではなく舌の根元の筋肉を使うことです。

舌の根元(付け根)を後方に引き、盛り上げます。
その時、自然と舌先も上にあがりますが、気を付けなくてはいけないのが、この舌先が口内のどこにも着かないようにすることです。
舌先が口内のどこか、たとえば天井(口蓋)や歯などに触ってしまうと、日本語の「ラ行」になってしまいます。

そうならないように、舌の根元を盛り上げながら舌先をどこにも着けずに、喉の奥を鳴らしましょう。
喉の奥を鳴らす時、イメージは犬の唸り声です。
犬が威嚇する時に、グルルルrrr・・・と喉を鳴らしますね?
あんな感じで音を出してみましょう。

最初は大変かもしれませんが、続けてやっていくうちにだんだんできるようになります。

1-2 唇を丸める

口の中で舌先をどこにも着けず、喉を鳴らす。

これが正しいRですが、なかなか難しいと感じる人も多いでしょう。

コツは、唇を少し丸めることです。

私たち日本人は、日本語を話している時に、唇を丸めることってほとんどありません。
なので、簡単そうでいて案外うまくできなかったりするものです。
鏡を見て、自分の口の形を確認しながら、練習するようにしてください。

動画で説明しているので、これを参考にして毎日トレーニングしましょう。






どうですか?

舌の根元を使うので、少しあごがだるくなりますね?

実は、英語はあごの筋肉をかなり使うのです。
日本語はあまりあごを使わないので、慣れるまでは結構疲れるかもしれません。
表情筋のトレーニングだと思って、毎日続けてみてください。

2.Lとの違い-舌の動きが真逆



さて、私たち日本人にとって紛らわしいのが、LとRの区別です。

なぜこんなにLとRの聞き分けに苦労するのでしょう?
それは、日本語には「ラリルレロ」という音があるせいも、大きいのです。
そして、カタカナ(外来語)が氾濫していることも、私たちのリスニングを苦しめる原因の一つとなっています。

レモン
クレヨン
ドラマ
ヒラリー・クリントン

こうして見てみると、なんとラ行の入る単語が多いことか。

けれども、LとRを区別できないと、英語をマスターすることはできません。
ここは何としても、頑張りたいところですね。

Lの発音のポイントは、舌先で上前歯をグイッと押すこと。

上前歯の裏に付ける、のではなく、裏からグイッと押すのです。
この“押し”というか、粘着性が足りないと、正しいLの発音はできません。
舌先で上前歯を押すには、これまた舌の筋肉にかなりの負荷がかかります。

繰り返しますが、日本語はあまり筋肉(舌、表情筋、あごなど)を使わない、省エネ言語です。
そのため、私たちの舌は思った以上に動いてくれません。
舌をグイッと持ち上げ、上前歯を裏からグイ~~~っと押しましょう。
押して離す瞬間に、「ラ、ラ、ラ・・・」と声を出します。

日本語のラと比べて、力強い音が出るはずです。
舌が疲れるなぁ・・・というくらいに、しっかり粘着させましょう。

LとRの違いを動画で解説しましたので、参考にしながら練習してみてください。





RとLは、舌の使い方や口内での舌の位置が、まるで違うことがおわかりいただけたでしょう。
Rは舌の根元を盛り上げる、Lは舌先をギュッと前に出す、というイメージですね。

3.1日3分でOK-RとLのトレーニング



自分が正しい音を出せれば、必ず聞き取れます。
逆を言うと、正しい音が出せないと、聞き取れないのです。
多くの日本人がRを苦手とするのは、正しいRの発音ができていないからです。

巻き舌Rやラリルレロから脱却することで、ネイティブの英語が聞けるようになります。
あなたのリスニング力は、劇的に向上します。

毎日3分でいいので、トレーニングを続けましょう。

前項のビデオの後半に出てくる単語練習を、繰り返しやってみてください。
自分の口元を鏡で見て、正しい口(唇)のかたち、舌の動きを意識しながらやるのがコツですよ。


right / light
rock / lock
read / lead
race / lace
rap / lap

まとめ



RとLは正しい舌の動き、位置を意識することが大切です。
英語は子音が中心の言葉です。
母音が中心の日本語と違い、数多くある子音をきちんとマスターする必要があります。

私たち日本人は、総じて子音が苦手です。
毎日少しずつ練習することで、慣れていくようにしましょう。

ビジネスマンから絶大なる支持を受ける英語発音教材
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

 
◆述べ3,500人に指導してきた発音矯正のプロによる、日本人のための英語発音矯正本

もう何年も英語を勉強してきているのに、話せるようにならない・・・
リスニングすらままならない・・・
そこそこ読めるのに話せない・・・
TOEICならまあまあのスコアが出るのに、ちっとも話せない・・・
どうやってもネイティブに聞き返される、英語が通じない・・・


といった悩みを、あなたも抱えていませんか?

私は英語を教え始めて25年以上になりますが、こういった悩みは昔から変わることなく頻繁に耳にするものです。
日本人は中高で6年間、英語を勉強してきています。
その後大学や、個人的に英会話を習うなどすると、10年以上英語に取り組んできている人も少なくありません。
なのになぜ、いつまでも同じ悩みを抱え続けるのでしょうか。


それは、日本人が間違った学習のしかたをしているからです。


英語は、日本語よりはるかに音の種類の多い言葉です。
たとえば母音ひとつとってみても、日本語には「あいうえお」の5つしかありませんが、英語は20以上あります。
母音だけで英語は日本語の4倍以上あるのです。
わたしたちには似たように聞こえる音でも、ネイティブにとっては「い」と「お」ほどの差があるのです。

色に例えて言うなら、単純に「青」に見える色も、ネイティブにとっては微妙に少しずつ違う。
スカイブルーもあればネイビーブルーもある、ターコイズもある、というようにそれぞれ違う色として認識されるのです。
日本人はまず、正しく音を認識する必要があります。

系統だてて音を理解し、慣れていくことで英語はスッと耳に入ってくるようになります。
そして、正しい発声と口を動かす訓練を続けることで、ネイティブのような発音・流暢さを身に付けることができます。
まずは、正しい音のルールを、理解するところから始めましょう。
わたしたちは学校で、まともに英語の発音を習うことがありません。
習ったとしても、「THは舌をかむ」だとか「Rは巻き舌にする」だとか、間違ったことを教わっている可能性が高いのです。


自分が言えるフレーズは必ず聞き取れます。


音を聞き取れたからと言って、必ずしもそれと同じように言えるとは限りません。
けれども真似して言える音は、必ず聞き取れます。
言ってることは大体わかるけど話せない、という人はいても、英語はぺらぺらだけどリスニングは全然できないという人は、いないのです。
自分が正しく言える、ネイティブのように言えるフレーズは、必ず聞き取れます。
発音矯正をすることは、そのままリスニングの向上に繋がる、一石二鳥のトレーニング方法なのです。


普通のネイティブの雑談に混ざりたい
映画やドラマを字幕なしで理解できるようになりたい
ネイティブみたいにカッコよく流暢に英語を話したい



でもそんなのはもう無理だと、諦めていませんか?

毎日10分、発音矯正トレーニングをするだけで、あなたの耳も口も劇的に変わります。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』-全102ページ(PDF)、音声教材90分、動画教材40分は、日本語を母語とする日本人が英語をマスターするのに、最も簡単で効果的な方法をまとめたものです。

発音矯正歴25年以上、歌手、俳優など多くの著名人を指導してきたノウハウを生かし、Yumiが書き下ろしたダウンロード教材です。
Yumi自身、帰国子女でもなんでもありません。
日本人として普通に国内で教育を受け、試行錯誤の上ネイティブに近い流暢さを身に付けました。
なので、日本人が苦手な音や苦労する点を、熟知しています。


英語は難しい言語ではありません。


もしも英語がそれほどまでに難しいのであれば、世界共通語にはなっていないはずです。
英語はシンプルで、習得しやすい言語です。
ただ、わたしたち日本人の言語感覚と違う部分があるため、そこでつまずいている人が多いというだけなのです。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語を話す上で特に重要な喉発声のしかたについて、Yumiが動画でわかりやすく解説しています。
これだけであなたの声は、日本人声から英語声に変身します。

さあ、あなたもこのマニュアルでネイティブの流暢さを身に付けましょう。



Yumi whiteboard2 


著者プロフィール:明場由美子(Yumi)
大阪大学文学部卒、オクラホマシティー大学社会学専攻
フリーランス通訳、大手英会話講師、企業トレーナー、外資系出版社セールスマーケティングを経て2010年に独立、English Boot Campを立ち上げる。

hatsuonbon small

監修本:『ネイティブ発音が3D映像でわかる!英語の発音トレーニングBOOK DVD1枚CD3枚付き』(西東社)-Amazonランキング発音部門で第1位!





【人気記事】

Rは巻き舌じゃない!-正しいRの発音方法を動画解説してみた
日本人の苦手な”ER”の発音-コツはあひる口と舌の盛り上げ!
Coolはクゥ~オ-Dark Lをマスターすればネイティブっぽくなる!
Thatの発音は2種類あります-リダクションを学ぼう


Google adsense

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)