イングリッシュブートキャンプ:由美です。

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

★意外に正しく発音できない単語

先日、French kiss の本当の意味について、取り上げました。

これ、驚くほど多くの日本人が、誤解して使っている言葉なんですね。
恐らく、メディアが誤用し続けてしまったことで、一般に浸透してしまったのが、原因だと思います。
こういった“間違い・勘違い”パターンは、結構いっぱいあるのですが、今日取り上げるのは発音です。

まずは、こちらの漫画をご覧ください。

人気漫画「Dilbert」から、なかなかパンチの効いた、面白いひとコマです。

dt150525

Here’s my list of the ten qualities I want in all new employees.
これが新入社員に求める十の条件だ。

A person with all of these qualities would also need to be a masochist to work here.
こんな条件の人がうちで働くなんて、マゾでないと無理ですよ。

Write that in.
じゃあ、それ(マゾであること)も条件に書いておけ。

一々解説する必要もないとは思いますが、そんな優秀な人が、うちみたいなしょーもない会社に、
来てくれるわけがないじゃないか、あんた正気か、という嫌味に対して、それがわかっていない。
というところが、この漫画の面白さだと思います。

で、ここで出てくる、masochist(マゾヒスト)が、今日の焦点です(笑)

18禁単語、正しく発音できる?

サド(サディスト)
マゾ(マゾヒスト)
SM(エスエム)

といった単語は、昔と違って今は、結構普通に使われるように、なった感じがしますね。
あの人はM(エム)だから、とか(笑)
あなたは何フェチ?とか。

ではこういった単語を、英語で言えるでしょうか。

SMは、普通英語では、“S & M”ということが多いです。
ここで注意すべきは、リエゾンですね。
頭文字だと、一瞬気付きにくいのですが、S & M をアルファベットで書くと、Es and Em です。
子音と母音は繋がりますから、発音は、“エスィネム”となります。
あの、チョコレートのM & M が、発音すると“Em and Em”つまり、“エミネム”になるのと同じ。
ヒップホッパーのEminemは、M & M と同じ発音です。

masochist は、英語では“マサキスト”です。
元はドイツ語から来た単語で、おそらく日本に入ってきた時は、ドイツ語経由だったのではと思われます。
ドイツ語は、CHがHの音になりますから。
音楽家のBachは、バッハですね。
これは英語では、バック(backと同じ)と発音します。

sadist は、“a”の発音に注意しましょう。
これは、長母音(二重母音)なので、アではなく“エイ”です。
なので、サディストではなく、セイディスト。

英語で会話していて、これらの語彙が、必要となる機会があるかどうかは、わかりませんが(笑)
参考になれば、幸いです(* ‘-^) ⌒☆

★英語は音とリズムが命

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
   ↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ