イングリッシュブートキャンプ:由美です。

日本語にはカタカナ語が多いですね。

テレビ、ラジオ、ビールにケーキ、ネクタイにTシャツ。
こういったものは、そもそも日本には存在しなかったわけだから、対応する日本語がなかったんですね。
なので、基本的に「日本(語)にないもの=カタカナ(外来語)」となっているわけです。

こうした目に見える“物”だけでなく、概念や思想といったものも、日本人にはピンと来ないものがたくさんあります。
今私たちがあたり前に使っている「自由」という言葉も、そもそもは福沢諭吉が西洋の書物を訳す時に作った言葉だと、言われています。
漢字二文字の概念的な言葉は、そうやって明治の頃に日本語にされたものが多いようです。

ところが最近は、日本語にせずそのままカタカナにしてしまう、というパターンが多くて困りものです。

なぜ困るのか?

本来の意味が曲解されていたり、何より発音が間違っていることが多いからです。

というわけで、日本語にしにくい英語について、いくつか取り上げてみました。

challengeはチャレンジではない?

challengeという単語の意味、わかりますか?

えー、簡単じゃん、と思ったあなた。
もしかして、challenge=挑戦する、と思っていませんか?

challengeは、「難しくやりがいのあることに対し、頑張って取り組む」または「取り組むべき課題や仕事」を意味します。
それともう一つ、「決闘などを申し入れる」「挑発する」という意味もあります。

チャレンジ=挑戦だと思い込んでいると、

She challenged him.

みたいな英文を作ってしまいます。
これは「彼女は彼に挑戦した」ではなく、彼女は彼に対して食ってかかった、という意味になるので要注意です。

リベンジは復讐です

こういったシャレにならない間違いは、ほかにもたくさんあります。

たとえば、最近よく耳(目)にする、「リベンジを果たす」という言い方。

こないだはダメだったたけど今度こそリベンジを果たすぞ、みたいな感じで使われますね?
以前失敗したことをもう一度やって成功させるとか、もう一花咲かせる、というニュアンスで使われているようですが、これは本来の英語の意味とは全く違います。

英語で revengeとは、「復讐する、あだ討ちする」という意味です。

Revenge is mine. 復讐するは我にあり。

というように、かなり強い意味のある言葉なので、軽々しく使うとドキッとします。
今度こそリベンジを果たします、みたいな感覚で軽く“I will revenge.”とか、間違っても言わないようにしましょう。

コミットってなに?アファーメーションって?

これも最近よく目にするカタカナ語ですが、「コミットする」とか「アファーメーション」という言葉。

コミットはもちろん、commitのことですね。

commitは、受験英語で習う“commit a crime”とか、“commit a suicide”といった、罪を犯すという動詞の印象が強いのではないでしょうか。
でも「コミットする」という時の使われ方は、犯罪とは関係ありませんね?
これは、「最後まで責任を持って関わる、全力投球する」という、別の意味のcommitです。
途中で投げ出さず、一旦関わったら最後まで責任を持つ。

この単語を使った例文で、いちばんわかりやすいのはおそらく、これでしょう。

I don’t want to commit to a relationship yet.
まだ誰か(特定の人)と付き合う覚悟ができていない。

私はまだ、恋愛関係に対してコミットしたくない、ということです。
適当に遊ぶのはいいけど、ちゃんと責任あるお付き合いはしたくない、という意味ですね。
遊び人の男性が、こういうことをよく言います(笑)

では、アファーメーションはどうでしょう?

これももちろん、英語から来ています。
affirmation とは、動詞affirm の名詞形ですね。
affirmとは、「何かを支持する、賛同する」という意味があります。
また、「何か大事なことを、それが正しいと認める、確認する」という意味もあります。

affirmationとは、何か重要なことをもう一度確認し、それが本当に重要で必要であると認識することを指します。
これは間違いない、これでいいんだ!と確認するわけです。
したがって、よく自己啓発系の人たちの中で、この言葉は使われる傾向があります。
self-affirmationで「自己肯定」です。

どうですか?

なんとなく、イメージがつかめました?

カタカナ語って、なんとなく使っていることが多いと思います。
でも、せっかく元は英語なんだから、正しい意味で理解しておいた方がいいですよね?
そうすることで、英語の語彙増強にもなります。

それと、これがある意味一番重要なことなのですが、単語を覚える時には同時に発音も覚えましょう。
カタカナ発音にならないように、きちんと辞書で発音を聞いて確認しましょう。

カタカナは日本人が英語を話す時、大きく足を引っ張ってきます。
発音だけでなく、意味も適当に覚えていたり間違っていたりすると、目も当てられません。
知らないカタカナは、必ず語源を調べる癖をつけましょう。

英語は音とリズムが命

チャレンジ、リベンジ、コミット、アファーメーション・・・

カタカナ発音は、英語をマスターする上で大きなハンデとなります。
頭の中がカタカナ脳だと、英語のリスニングで苦労するからです。

リスニングを伸ばすには、正しい発音を身につけるのが最も近道です。
英語はそもそも発声が日本語とはまるで違います。
また、日本語より遥かに音の種類が多く、リズムも多岐にわたっているのです。

学校でほとんど習わない、英語の発音。
音を知らないのに、聞けるように・話せるようになるはずがありません。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、腹式発声の方法を、Yumiが動画で実演しています。

また、日本人が苦手な母音、子音を、日本人ならではの視点で解説。
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ネイティブの英語が早くて付いて行けない人。

発音のせいで聞き返される人。

まずは、発音を一から始めてみませんか?

あなたもぜひ、ブレイクスルーを体験してください(^O^)

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

9月週末ブートキャンプ、16&17に開講決定!詳細はこちら♪締切りました!
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ