イングリッシュブートキャンプ:由美です。

昨日から4月がスタートしました。

4月1日と言えば、日本では新年度が開始する節目の日ですが、世界的にはいわゆる“エイプリルフール”の日です。

エイプリルフールはかつては「四月ばか」と言われていましたが、今はカタカナでエイプリルフールという言い方が定着している気がします。

ところで、エイプリルもフールも完全な日本語、和製英語です。

正しい発音、理解していますか?

カタカナには要注意!Aprilはエイプリルではない

これまでもこのブログでは再三繰り返し述べてきましたが、日本人が英語を習得する上で大きな足かせとなっているのが、いわゆるカタカナ語、和製英語です。

エイプリルフールのように、April=エイプリル、fool=フール、と思っていると、英語を話す・聞く時も脳がそう認識してしまいます。
実際の音は、カタカナ語とは程遠いものだったりします。
たとえば、Aprilはエイプリルではなくエイプルゥ、foolはフールではなくフーオです。

動画で解説しているので、参考にしてください。





Aprilもfoolもどちらも、語尾がLで終わっています。

語尾に来るLはDark L(暗いL)と呼ばれ、いわゆる普通のLとは発音が違います。

こういった発音の基本を、残念ながら学校の授業ではほとんど教えません。
そのため、Lの発音の仕方についてほとんど知らない、という人が珍しくないのです。
RとLは私たち日本人を悩ませる子音の代表格のようなものですが、まともに教わっていないのだから、発音できなくて当然です。

R/Lに限らず、英語は日本語にない音がたくさんあります。
そういった音をきちんと理解し、出せるようになることが、英語をマスターするために不可欠なのです。

自分が言えるフレーズは必ず聞き取れる

英語のリスニングが苦手、という人の多くは、音を正しく理解していません。

それは、学校できちんと習っていないということもありますが、それに加えて上記のようなカタカナ語が影響を及ぼしています。
日本語にはカタカナ語があまりに多く、それは英語に限らずポルトガル語だったりオランダ語だったり、ドイツ語だったりフランス語だったりします。
似たようなヨーロッパ言語が日本語に入ってきて、そのままカタカナとして定着しまったという歴史があります。

日頃何気なく使っている単語やフレーズの中に、カタカナ語は混じっていませんか?
もしも混じっていたら、それは英語では本来どう発音するのか辞書で調べるようにしましょう。
実際の音は、カタカナとはまるで違う場合も少なくないからです。

もしもあなたが英語のリスニングが苦手だ、というのであればそれは、英語の音を誤って認識していることが原因かもしれません。
また、リスニングはそこそこできるけどネイティブと話している時にやたら聞き返される、という人もやはり正しく発音していないことが原因です。
英語は日本語より遥かに音の種類が多く、イントネーションも豊かな言語です。
正しい音、リズム、トーンで話さないと、ネイティブには通じません。

自分が言えるフレーズは、必ず聞き取れます。

リスニングが苦手だという人は、まず発音をやり直してみましょう。
LやRといった子音も、自分が正しく発音できるようになると、不思議なくらいに聞き間違わなくなります。
言葉は音から成り立っています。

発音の基本ルールを理解し、正しく言えるように訓練しましょう。


『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。


マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル


【人気記事】

RとLの発音-巻き舌じゃない正しいRの発音方法
Coolはクゥ~オ-Dark Lをマスターすればネイティブっぽくなる!
英語のリダクション-音が消える、あいまい化する現象


ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで

 


Google adsense

関連コンテンツ