Sponsored Link



イングリッシュブートキャンプ:由美です。

以前、ゴリラとゲリラは同じ発音ですよ、というお話をしました。

こちらに解説動画をアップしています。

また、careerとKoreaはほとんど同じ発音だ、というのもある程度英語を学習してこられた方は、ご存知だと思います。

英語のあいまい母音(schwa)は、スペルと関係がないため、私たち日本人学習者を悩ませます。

今回も、このあいまい母音のお話です。

Congratulationsの正しい発音は?

英語ネイティブが結構スペルミスするのを、不思議に感じたことはないですか?

こんな単純なスペルをどうして間違えるのか。

たとえば、この看板を見てみましょう。




この看板の意図するところが、すぐにわかったあなたは英語上級者です。


People write congrats because they can’t spell congrajlashins.


「congratsと略して書く人は、congrajlatshinsというスペルが書けないからだ」

という意味なんですが、このcongrajlashinsがそもそも間違っている、というオチなんですね、これ(^▽^;)

正しいスペルはもちろん、congratulationsです。

そんなの当たり前じゃん、なんで間違うの・・・と思ったあなた。

この単語の発音をご存知ですか?

発音記号は、


kən-gra-jə-lā-shən


あれ・・・?

思ってたのと違う、なんてことはないですか?

まず、母音を見てください。

graとlaのところ以外はすべて、あいまい母音[ə]なんですね。

そして、tuのところですが、このtはリダクションが起きてjと発音されます。

なので、コングラチュレーションではなく、カングラジュレイシャンという感じの音になるんです。

ネイティブは当然、音から先に覚えますから、音そのままに綴るとこの看板のような間違いを、してしまうわけですね。

canをkinと書いたり、theirとthereとthey’reがごっちゃになったりするのも、音が同じだからなのです。

私たちは逆に、同じ音を違うと認識していたりします。

それが「ゴリラとゲリラ」や「キャリアとコリア」といった、間違ったカタカナ表記につながり、リスニングの妨げになっているのです。

純粋に音をコピーするということを、ぜひ心がけてみてください。

ビジネスマンに絶大な支持を受けるYumiの英語発音教本

当たり前のことですが、言葉は音から入るものです。

音の上に文字が乗っているのです。

英語は日本語より遥かに音の種類の多い言葉ですから、まずは音を認識できるようになることが、英語をマスターするための近道です。


『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、25年以上にわたり述べ5,000人に発音矯正を行ってきたYumiが、独自に開発した日本人による日本時のための英語発音教材です。


英語の基本発声である喉の開き方から、個々の子音や母音はもちろんリエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。

《収録内容》テキスト102ページ(PDFファイル)
      音声約90分(MP3ファイル)
      動画約40分(MP4ファイル)

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル


ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Sponsored Link

関連コンテンツ