Sponsored Link

often%e7%99%ba%e9%9f%b3

多くの方から聞かれる質問に、こういうのがあります。

“often”の発音は、「オフン」と「オフトゥン」どちらが正しいのでしょうか。

中学校では、オフンとかオッフンと習いました。
あと、辞書にもそう書いてあるけれど、実際はTを発音する人も、結構多いように思います。
オフテンとか、オフトゥンと発音するネイティブもいます。
いったいどちらが正しいのでしょう?

そんな疑問に、お応えしていきたいと思います。

<目次>
1.イギリスVSアメリカだけではない発音の現実
1-1 英アクセントと米アクセント
1-2 元は読み違いだった?

2.Tのリダクションはカタカナ英語脱却のカギ
2-1 oftenだけじゃない、Tの脱落
2-2 発音は語学の基本

1.イギリスVSアメリカだけではない発音の現実

上記の問いに関して真っ先に思い浮かぶのが、おそらく英国訛りとアメリカ訛りの差だ、というものではないでしょうか。
イギリス英語はTを発音するので「オフトゥン」、アメリカ英語はTが脱落するので「オフン」
はたして、そうでしょうか。
実際のところを、辞書で確認してみましょう。

1-1 英アクセントと米アクセント

米語辞典のMerriam-Webster Dictionaryを参照してみると、oftenの発音はこう記載されています。

ȯ-fən, ȯf-tən

オッフンとオフトゥン、両方が載っています。
順番は、オッフンのほうが先ですね。

では、イギリス英語最大の辞書、Oxford Dictionaryでoftenを引いてみましょう。

ɒft(ə)n, ɒf(ə)n

こちらも2種類載っています。
ただし、順序は米語辞典とは逆で、先にオフトゥンのほうがきていますね。
つまり、英米どちらのアクセントでも、両方の発音が存在するということです。

1-2 元は読み違いだった?

どっちが正しいんだろう、という長年の疑問が解けましたか?
答えは、どちらも正しいのです。

な~んだ、どっちでもいいのか~~~と思ったあなた。
確かに中学時代、「oftenのTは発音しない」と習いましたよね(私はそうでした)。
受験勉強をやって来た人は、みなそうではないかと思います。
Tを発音したら、訂正されたりしたこともあります。

でも実際のところ、これはどちらでもいいんです。
人によって、Tを発音する人としない人が、いますね。
イギリス英語はTを発音する、というような解説をしている人がいますが、
私の経験上、アメリカ人でもTを発音する人が、結構いるように思います。

これに関しては、イギリス人の知人(TESOL保持者)から聞いた、面白い説があります。
昔、あるイギリス男が、“often”を“offen”と読み違えた。
bad hand writing(字が汚い)のせいで、筆記体のTとFの区別が付きにくかったからで、その後、これはFではなくTである、と訂正したが、いまだにTを発音しない人がいるのだ。

ホントかな~~~という気もしないでもないですが(^ ^;)
でもひょっとすると、案外語源ってそんなものなのかもしれないですね。

2.Tのリダクションはカタカナ英語脱却のカギ

oftenのTが落ちているのは、一種のリダクションと言えます。
このブログでも何度も繰り返し述べていることですが、リダクションを知らないと、ネイティブの英語が聞き取れません。

Tのリダクションについて、少し見ていきましょう。

2-1 oftenだけじゃない、Tの脱落

英語は綴りと音が一致しない、意地悪な言語なんですね。
特に母音は、要注意です。

oftenの発音記号ですが、米語版のȯ-fən(またはȯf-tən)を見ると、シュワ(あいまい母音)が含まれています。
シュワは小文字のeをさかさまにした、[ə]で表します。
これは、日本語の「あ、い、う、え、お」のどの音でもない、微妙な母音です。
ほとんど聞こえてこない音で、リスニングの大きな障害にもなっています。

oftenと似たパターンで、listenやfastenなども、やはりTが落ちますね。
そして最後のtenの音は同じ、シュワです。
リスン、ファスン、となります。
これらはリステン、ファステンと発音することはありません。
oftenだけが、2パターンあるんですね。
なので、前述の「読み間違い説」が、実しやかに語られているのかもしれません。

2-2 発音は語学の基本

こうして見て行くと、英語って発音がネックだということが、よくわかるかと思います。
このスペルの時は必ずこうだ、というわけでもないのがまた、やっかいです。
ただ、ある程度の法則性はあります。
100%ではありませんが(どうしても例外があるので)、基本法則を知っていれば、大体の単語が読めます。

英語は日本語と比べて、とにかく音の種類が多い言葉です。
先ほどのシュワ(あいまい母音)もそうですが、私たちが出したことのないような音が、いっぱいあるのです。
そういった音を訓練せずして、リスニングを伸ばすことはできません。
まずは、音を理解するところから入ることが、英語をマスターするための一番の近道です。

ビジネスマンから絶大なる支持を受ける英語発音教材
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

 
◆述べ3,500人に指導してきた発音矯正のプロによる、日本人のための英語発音矯正本

もう何年も英語を勉強してきているのに、話せるようにならない・・・
リスニングすらままならない・・・
そこそこ読めるのに話せない・・・
TOEICならまあまあのスコアが出るのに、ちっとも話せない・・・
どうやってもネイティブに聞き返される、英語が通じない・・・

といった悩みを、あなたも抱えていませんか?

私は英語を教え始めて25年以上になりますが、こういった悩みは昔から変わることなく頻繁に耳にするものです。
日本人は中高で6年間、英語を勉強してきています。
その後大学や、個人的に英会話を習うなどすると、10年以上英語に取り組んできている人も少なくありません。
なのになぜ、いつまでも同じ悩みを抱え続けるのでしょうか。

それは、日本人が間違った学習のしかたをしているからです。

英語は、日本語よりはるかに音の種類の多い言葉です。
たとえば母音ひとつとってみても、日本語には「あいうえお」の5つしかありませんが、英語は20以上あります。
母音だけで英語は日本語の4倍以上あるのです。
わたしたちには似たように聞こえる音でも、ネイティブにとっては「い」と「お」ほどの差があるのです。

色に例えて言うなら、単純に「青」に見える色も、ネイティブにとっては微妙に少しずつ違う。
スカイブルーもあればネイビーブルーもある、ターコイズもある、というようにそれぞれ違う色として認識されるのです。
日本人はまず、正しく音を認識する必要があります。

系統だてて音を理解し、慣れていくことで英語はスッと耳に入ってくるようになります。
そして、正しい発声と口を動かす訓練を続けることで、ネイティブのような発音・流暢さを身に付けることができます。
まずは、正しい音のルールを、理解するところから始めましょう。
わたしたちは学校で、まともに英語の発音を習うことがありません。
習ったとしても、「THは舌をかむ」だとか「Rは巻き舌にする」だとか、間違ったことを教わっている可能性が高いのです。

自分が言えるフレーズは必ず聞き取れます。

音を聞き取れたからと言って、必ずしもそれと同じように言えるとは限りません。
けれども真似して言える音は、必ず聞き取れます。
言ってることは大体わかるけど話せない、という人はいても、英語はぺらぺらだけどリスニングは全然できないという人は、いないのです。
自分が正しく言える、ネイティブのように言えるフレーズは、必ず聞き取れます。
発音矯正をすることは、そのままリスニングの向上に繋がる、一石二鳥のトレーニング方法なのです。

普通のネイティブの雑談に混ざりたい
映画やドラマを字幕なしで理解できるようになりたい
ネイティブみたいにカッコよく流暢に英語を話したい


でもそんなのはもう無理だと、諦めていませんか?

毎日10分、発音矯正トレーニングをするだけで、あなたの耳も口も劇的に変わります。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』-全102ページ(PDF)、音声教材90分、動画教材40分は、日本語を母語とする日本人が英語をマスターするのに、最も簡単で効果的な方法をまとめたものです。

発音矯正歴25年以上、歌手、俳優など多くの著名人を指導してきたノウハウを生かし、Yumiが書き下ろしたダウンロード教材です。
Yumi自身、帰国子女でもなんでもありません。
日本人として普通に国内で教育を受け、試行錯誤の上ネイティブに近い流暢さを身に付けました。
なので、日本人が苦手な音や苦労する点を、熟知しています。

英語は難しい言語ではありません。

もしも英語がそれほどまでに難しいのであれば、世界共通語にはなっていないはずです。
英語はシンプルで、習得しやすい言語です。
ただ、わたしたち日本人の言語感覚と違う部分があるため、そこでつまずいている人が多いというだけなのです。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語を話す上で特に重要な喉発声のしかたについて、Yumiが動画でわかりやすく解説しています。
これだけであなたの声は、日本人声から英語声に変身します。

さあ、あなたもこのマニュアルでネイティブの流暢さを身に付けましょう。

Yumi whiteboard2 

著者プロフィール:明場由美子(Yumi)
大阪大学文学部卒、オクラホマシティー大学社会学専攻
フリーランス通訳、大手英会話講師、企業トレーナー、外資系出版社セールスマーケティングを経て2010年に独立、English Boot Campを立ち上げる。

hatsuonbon small

監修本:『ネイティブ発音が3D映像でわかる!英語の発音トレーニングBOOK DVD1枚CD3枚付き』(西東社)-Amazonランキング発音部門で第1位!

【人気記事】

英語の発音が劇的に変わる、ネイティブを目指す発音矯正法
Rは巻き舌じゃない!-正しいRの発音方法を動画解説してみた
日本人の苦手な”ER”の発音-コツはあひる口と舌の盛り上げ!
Coolはクゥ~オ-Dark Lをマスターすればネイティブっぽくなる!
Thatの発音は2種類あります-リダクションを学ぼう

Sponsored Link

関連コンテンツ