Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

ランキングに参加しています!よろしくお願いします~m(_ _)m
   ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語学習を5年以上続けているのに、話せない人へ

突然ですが、現在、英語を勉強し始めて、どれくらい経ちますか?
中高での授業は、この際カウントしません。
自分で英語をやろうと思い立って、独学なり先生につくなりして、勉強し始めてどれくらいですか?

5年以上経つ、という人。

5年以上やっているけれど思うように話せない、というあなた。

聞くのはまあ、なんとかなるけれど、ネイティブと普通にコミュニケーション取るのは厳しいというあなた。

長年学習を続けているのに、なかなか上達しない、上達が実感できないという人は、学習方法に問題があるという可能性ももちろんありますが、そうでないことも結構あります。
これは私が二十年以上日本人に英語を教えてきて、常々感じていることですが、日本人が英語を習得するのと、外国人が語学を習得するのとでは、大きく違う点があるということです。


それは何かというと、“メンタルブロック”です。


メンタルブロックとは、なんでしょうか。
また、自分がこのメンタルブロックにかかっているかどうか、どうすれば知ることができるのでしょうか。
というのも、それを知ることは英語習得に大きく役に立つからです。

ほんの数分でいいので、自己を内省してみましょう。


プライドと競争意識が高い人は、メンタルブロック度も高い

そもそも、メンタルブロックとはなんでしょう?

メンタルブロックとは、あれはダメだ、これは無理だと思い込んで、無意識のうちに行動を抑止してしまうことを指します。
何でもかんでも否定的に考えてしまう、一種のネガティブな思い込みのことですね。

で、このメンタルブロックが原因で英語が話せない、上達しないというパターンが、日本人には非常に多いように思うのです。

そしてその原因は、受験英語にあります。

英語は日本の教育システムにおいて、受験教科として最重要科目の一つです。
英語が苦手だから理系に進んだ、なんて人もいるくらいです。
実際に英語を一番必要とするのは、理系の職業であるにもかかわらず。

英語は受験に大きくかかわってきます。
そのせいか、「英語ができる(成績が良い)=優秀である」という認識が、無意識のうちに私たち日本人の深層心理に植えつけられています。
ところが、学校教育では英語の運用能力が養われることは、あまりないのが現実です。
なので、たとえ学校で英語の成績が良かったとしても、流暢に話せるとは限らないのです。

にもかかわらず、優秀さと英語力がリンクして捉えられてしまう傾向があるため、プライドの高い人や高学歴な人ほど英語に対して構えてしまう、という皮肉な状況に陥ってしまっているのです。

これが一つの、メンタルブロックになっています。

もう一つは、これは男性に多いのですが、競争意識が強い人。

スポーツを例に取ってみるとわかりやすいと思いますが、スポーツというのは相手と勝ち負けを競い合いますね。
どちらが強いかというところで、スポーツは点数が出るのではっきり結果が出ます。
この精神が英語にも持ち込まれ、試験の点数を競い合うというところに執心する人がいます。

けれども、言葉はコミュニケーションのためにあります。

相手と競い合うために、あるのではないのです。

互いに意思疎通を行うことで、情報交換したり、潤滑な交友関係を築くためにあるのです。
それなのに「競争意識」が先に立って、相手を負かそうだとか自分が優位に立ってやるという思いが強すぎると、うまくいきません。
なぜなら、ノンネイティブの私たちがネイティブに勝つということは、ある意味不可能だからです。

勝てない勝負に挑むことは、その人の自尊心を傷つけたり、負の感情を引き起こす原因になります。
そうなると、たいていの人は意気消沈して嫌になってしまうか、ネイティブと話すことに抵抗を感じ、ノンネイティブ同士でしか話さなくなってしまいます。
これを乗り越えられるのは、よほどメンタルが強い人、または元から語学センスが高い人のみに限られてしまいます。

試験など関係なく楽しみながら学習している人、またはもって生まれて耳の良い人、強靭な精神力の持ち主といった、ごく一部の人たちだけが英語を話せるというのが、残念ながら今の日本の現状です。
多くの日本人が英語を習得する前につまずいてしまう原因は、このメンタルブロックにあるのです。

私自身、長年日本人に英語を教えるだけでなく、日本人以外の人に英語を教えたり、また外国人に日本語を教えたりした時に、その差を顕著に見てきました。
多くの外国人が、新しい言葉を覚えてネイティブと話すことを楽しんでいるのに対し、ネイティブに対して身構える人、失敗しないよう発言を控える人が、日本人には非常に多いのです。

メンタルブロックを外すのに、どうすればいいのか

ああ、自分はまさにそのタイプだ・・・と、思われた方。

学習方法を見直す前に、このメンタルブロックを取り払うことを、やってみましょう。

そんなに難しいことでは、ありません。

英語のメンタルブロックを外す方法は、3つあります。


【1】点数主義をやめる


試験の結果に、一喜一憂しない。
というより、しばらくは試験を受けるのをやめてみましょう。
点数は、あくまで学習の指標にしかすぎません。
留学するのにTOEFLのスコアが必要とかいうのでない限り、しばらくは試験から離れましょう。
それよりも、たくさん映画やドラマを見たり、音楽を聴いたりしましょう。
洋楽カラオケは、スピーキングやリスニングにとても効果的です。
私は歌は苦手だから・・・などと言わず、ぜひやってみてください。


【2】とにかくネイティブと話しまくる


ネイティブから得られることは、たくさんあります。
それは、イディオムだったりチャンクだったり、ノンネイティブの私たちが知らないネイティブならではの言い回しや感覚です。
話すことで、そういった語彙がどんどん増えていきます。
今はネットでいくらでも、それこそ世界中の人と関わることができます。
そこから友達を作り、実際に会話する機会をがんがん作るようにしましょう。


【3】話す内容にこだわらない


話の中身にこだわるというのは、典型的なメンタルブロックの特徴です。
話す内容など、何でもいいのです。
重要なことなのでもう一度言いますよ?
話す内容は、どうでもいいのです。

そんなことを考える時間があれば、とにかく話しましょう。
覚えたフレーズを使って、何か言ってみる。
ネイティブが言ったことをそのままオウム返しにして言ってみて、これでいい?と確認してみる。
たったそれだけのことで、いいのです。

内容を考える前に、とにかく口を動かすこと。
しょうもない話でも、くだらない話でも、なんだってかまわないのです。
ネイティブを見つけたら、チャンスだと思ってガンガン話しましょう。
こんなこと言ったら馬鹿にされるかも・・・などと、思ってはいけません。
もっと知的な内容を、知的な言い回しで・・・とか、そんなことは忘れてください。

それこそが、メンタルブロックなのです。

人の目を気にしないこと(^O^)

要は、他人の目を気にしない、ということに尽きます。

周り様子を見ながら足並みを揃えて行動を決める、というのが文化的土壌である日本では、これがなかなか難しかったりするんですね。
けれどもここは、英語を習得するためだと思いきってみましょう。
メンタルブロックを外すと、語学(特に英語)習得が驚くほどスムーズになります。

英語よりほかの言語のほうが、後から習い始めたのに上達が早い、ということはありませんか?

それは、英語以外の言語には、「その言語ができる=優秀」という刷り込みがないからです。
また、英語と比べると話せる人が少ないため、間違ったことを言っても誰にもわかりません。
「あの人の発音、変だよね」と周りから思われたらどうしよう、なんて心配する必要もないわけです。
その分、英語よりメンタルブロックが緩く、のびのび学習できるんですね。

少しで良いので、気持ちを開放してみてください。

きっと、学習の助けになりますよ。

英語は音とリズムが命

そうは言っても、なかなか上手く話せない・・・ネイティブの英語が機関銃のように聞こえる・・・という人もいることでしょう。

英語が私たち日本人にとってこんなにも大変なのは、音の種類が豊富でリズムが複雑だというのも原因のひとつです。

たとえば日本語の母音は5つしかありませんが、英語は米アクセントだと13、英アクセントだと20もあるのです。

言葉は、音で成り立っています。

正しく音を出せないと、話せるようにも聞けるようにも、なりません。

発音は、すべての基本なのです。


『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、個々の子音や母音はもちろんリエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』-テキスト(PDF102ページ)
                   音声(MP3 90分)
                   動画(MP4 40分)

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
   ↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル


この記事が役に立ったという方は、ポチっとお願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで
Sponsored Link

関連コンテンツ