イングリッシュブートキャンプ:由美です。

このブログでは珍しく、文法のお話をしたいと思います。

英語の文章は2パターンしかない

英語を学ぶ上で面倒なのが、やはり文法でしょう。
中学の時に、文法でつまずいたという人は、後々英語に対する苦手意識が強いものです。
日本の学校英語で必ず習う、5文型。
SVCとかSVOとか、見ただけで嫌だと言う人も、いるかもしれませんね(^ ^;)
では、英文法ってそんなに難しいのでしょうか。
シンプルに考える方法は、ないのでしょうか。

ここで重要なのは、発想の転換、英語的発想になることです。

Grammar

英語の文章は2パターンしかない

まずは、基本的な概念を、理解しましょう。
英語には、2パターンの構造しかありません。
それは、

A = B
A ⇒ B

A=B、つまり「AはBである(です/だ)」という構文。
これが一つ目。

I am a student. (I=student)
She is beautiful. (She=beautiful)

上の2つの文を見てみると、Be動詞が入っていることがわかると思います。
Be動詞と言うのは、主語と述語を繋ぐ言葉なのです。
直訳せず、イメージしてください。

studentは学生(名詞)、beautifulは美しい(形容詞)ですね。
A=Bという構文パターンの場合、名詞と形容詞、どちらも見られるわけです。

じゃあ、Be動詞ではなく一般動詞はどうでしょう?

He got mad. (He=mad)

madとは怒っている、という形容詞です。
angryよりも、会話ではよく使われるので、覚えておきましょう。

ここでは、He(彼)がmadになった、つまりHe=madという構図が見えてきますね。

ではもう一つのパターンを見てみましょう。

A⇒B の場合です。
これは、Aが主体となってBに対してアクションを起こす、というイメージです。

I love English. (I⇒LOVE⇒English)
He’ll call you later. (He⇒will call⇒you)

この2パターンが、英語の文章構造の基本です。
アクションを表すのは動詞だから、主語+動詞+対象・・・となります。
これを理解していないと、複雑な文章になった時に、意味をとることができなくなります。

英語はアクションの主体と対象がはっきりしている言語

日本語と英語の一番の違いは、英語はアクションの主体と対象がはっきりしているという点です。
たとえば、日本語でこういう言い方をしたとします。

昨日、飲みに行ったんだよね。

この一文を見て、誰が飲みに行ったのか、すぐにはわかりませんね。
前後の文脈がない場合、またこうして文字だけで見た場合、主体が誰かわからないわけです。
なのでこれを英訳する場合、非常に困ったことになります。
主語が何かわからないからです。

英語の場合は、

I went drinking yesterday.

というように、主語を省くことはしません。
常に主体が誰(何)であるか、明確にするのが英語という言語です。

では、これはどうでしょう?

それってあんまり良くないんじゃない?

はい、ちょっとハードルが上がりましたよ(^ ^;)
良くないのは何でしょう?
ここでは恐らく、何らかの状況なり考えなりを指して、良くないと言っているわけです。
「~じゃない?」というのはつまり、この発言をしている人が、そう思っているということ。
なので誰が、何を、というアクションの主体と対象をはっきりさせると、こうなります。

私は、それはあまり良い(考え)とは、思わないです。

こうすると、アクション(動詞)と主体が見えてきますね。
主体はもちろん「私」です。
そしてアクションは「思わない」
思わない内容、すなわちアクションの対象が、「それが良い考えである」ということ。

英語にしてみましょう。

I don’t think that’s a good idea.

すなわち、

A(I) ⇒don’t think ⇒B(that’s a good idea)

となります。
常にアクション(動作)の主体が誰(何)で、何に対してのアクションなのか。
日本語はこのあたりが、非常にぼやけた言語です。
むしろそれを明確にすると、「そんな無粋な。みなまで言うなよ」となる文化的背景があります。
それゆえ、英語⇔日本語の翻訳が難しいのです。
日本語でものを考えるのではなく、英語的な発想で考える癖をつけましょう。
それが、英語を習得するためのコツです。

以上、発音ブログにしては珍しく、文法のお話でした(* ‘-^) ⌒☆

英語は音とリズムが命

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ