Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

★PCは英語圏において基本

以前にも書きましたが、PC(political correctness)は、欧米先進国(英語圏)における基本概念です。
PCがいまいちよくわからい、という人はこちらから先にどうぞ⇒アメリカで“lady”は禁止語?
英語圏、特に北米は人権問題に敏感です。
英語をマスターする上で、こういった認識を身につけることは、ただ単に流暢に話せるようになること以上に、
とても重要なことであると、私は思います。

No-Discrimination

特に日本は、人口のほとんどがモンゴロイドで髪や肌の色も同じ、というモノカルチャーな国です。
様々な人種・民族、宗教、セクシャリティーを受け入れる、つまり多様性が基本であるという認識を、
常に持つことが、英語を話す上で不可欠な姿勢です。

先日、某テレビ局の27時間生放送番組で、出演者やスタッフが着ていたTシャツに、差別語が書かれていました。
Honkyという単語ですが、これは白人に対する蔑称です。
テレビ局は英語ができる人も、ネイティブ(帰国子女)も、たくさんいるはずです。
そんな職場でさえ、こういったことが起こるのです。

他にも、ある航空会社が差別的なCMを放送したことで、外国人(白人)から批判を浴びたことがありました。
日本人タレントが金髪のカツラをつけ、大きな鼻をつけて「これで国際人だ」と、やってしまったのです。
こういったことは、ちょっとでも想像力を働かせれば、NGなのはすぐに気が付くはずです。
もしもアメリカの航空会社のCMで、白人が目にテープを貼って細いつり目にし、鼻にテープを貼って低くし、
「これで国際人♪」なんてやったら、どうでしょう?
アジア人を馬鹿にしているのか、と思うでしょう?

前置きが長くなりましたが、英語を話す上で大変重要なこの、“PC”について、もう一度取り上げます。

★差別表現は2パターンある

一言で差別表現と言っても、2種類あります。
まず一つ目は、その言葉自体が差別語、蔑称である場合。
これは某テレビ局のTシャツに書かれた、Honkyなんかがその、典型的な例ですね。

honky

もう一つは、差別用語は一つも出てこないけれど、発言自体が差別的、コンセプト自体がダメな場合です。
これは航空会社のCMなどが、その典型と言えます。
他にもデパートのネットCMで、女性差別的な内容があって、炎上したことがありました。

では、なにが差別になるのか。
人種、民族、宗教、性別、セクシャリティーに関して、マイノリティーを排斥するような、もしくは、
マイノリティーの存在を軽視するような発言、行動がダメなのです。
難しく考える必要は、ありません。
仮に自分がその立場だったとして、言われたら(されたら)嫌だな、と思うことは言わなければいいのです。

★パターンその①-差別語、蔑称

まずは、差別用語、蔑称から取り上げたいと思います。
あくまでもこれは、英語の知識として、知っておくべきだから、ここに記載しています。
絶対に使わないように、注意してください。

Nigger

いわゆるNワードと言われる、黒人に対する蔑称です。
これは先日、オバマ大統領が口にしたことで、かなり話題になりました。
オバマさんの発言の主旨は、差別問題は根深く、ただ単に“nigger”という言葉を使わないとか、
そういった表面的なものではないのだ、ということでした。
けれども、現役の大統領がこのNワードを公言したのは、かなりセンセーショナルだったのです。
オバマさん本人が黒人だからこそ、口にできたのでしょう。

黒人の中には、自分たちのことをniggaと言ったりする人もいます。
けれども、彼らが言ってるからと言って、私たち日本人が言ってもいいわけではありません。
たとえて言うなら、「うちの旦那、ハゲでチビのくせに偉そうなのよ」と、あなたの友人が言ったからと言って、
「あなたの旦那はハゲでチビですね」とは、言ってはいけないのと同じです(笑)
身内が言うのがOKでも、部外者は言ってはいけないのです。

Chink

中国人(アジア人)に対する蔑称です。
白人や黒人から見ると、アジア人の区別はほとんど付きません。
中国人も日本人も韓国人も、同じです。
なのでこの言葉は、中国人に対してだけでなく、私たち日本人にも浴びせられることがあります。
私自身は一度も経験はありませんが、この手の言葉は本当に、威力があります。

他にも、アジア人に対する蔑称として、Orientalというのがあります。

He’s dating an Oriental.(彼、東洋人の彼女と付き合ってるよ)

といった感じで、使われることがあります。
ホワイトカラーのアメリカ人は、まずめったに言いませんが、イギリスではいまでも普通に使われます。

Jew

ユダヤ人を表す単語ですが、これもNGワードです。
差別的な意味で言ってるつもりはなくても、差別語と捉えられる可能性があります。
Jewish と言いましょう。

こういった人種的な表現は、本当に気を付けなくてはいけません。
白人、黒人と言った表現も、WhiteやBlack ではなく、Caucasian, African American と言いましょう。

さて、以下は性差別に関わる単語です。

Stewardess

これはもう、日本でも死語になりつつありますね。
かつては、Steward/Stewardess と言われた、客室乗務員ですが、今はflight attendant と言います。
cabin attendantは和製英語(というか日本の航空会社の言葉)なので、使わないようにしましょう。

Salesman

セールスマンも死語ですね。
基本的に、男性を意味する“man”がつく単語は全て、今は公共の場では使われなくなりました。
sales rep と言いましょう。
この“rep”は、representativeの略語です。

最近では、女優という言葉も使わない、という流れが出てきています。
男性女性関係なく、actorで統一しようという動きですね。
ただ、そうなるとアカデミー賞とかで、主演男優(女優)賞とか、区別できなくなっちゃいますからね。
俳優に関しては、性別で分けてもいいんじゃないの?
と思う私です(^ ^;)

さて、長くなってしまったので、パターンその②、コンセプト自体がNGな表現については、また次回に♪

★英語は音とリズムが命

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
   ↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

8月の週末ブートキャンプ、22&23に開講!締切りました!
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで

Sponsored Link

関連コンテンツ