海外

米大統領選、ミシェル・オバマのヒラリー応援演説でディクテーション

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

アメリカ大統領選、この秋に控え、ヒートアップしていますね。
ヒラリー対トランプの一騎打ち、どうなることでしょうか。

さて、ヒラリーさんを応援するために出てきた、いよいよ真打登場という感じでしょうか。
現大統領夫人(First Lady)、ミシェル・オバマの演説が感動的です。
個人的には、この人にアメリカ初の女性大統領になってほしいな、と思ったくらいです。

そんなミシェルさんの演説で、ディクテーションしてみましょう。

平易でわかりやすい、スピーチ英語

政治家のスピーチって難しそう・・・私にはまだ早いわ。

と思ったあなた。

いえいえ、それはとんでもない誤解です。

政治家のスピーチは、簡単です。

というのも、政治家は平易な言葉で、国民のすべての層に、訴えかけないとダメだからです。
難しい言葉を並べて、小難しいことを言っていては、一部のエリート層にしか受けません。
そして、エリート層は国の数パーセントしかいません。
それでは多くの支持を得ることは、できません。

子供にもわかるような言葉で、ゆっくり噛んで含むように話す。
これが政治家のスピーチの、基本中の基本です。
なので、英語初心者には、もってこいの学習教材なのです。

ではそんな教材の手本のような、ミシェル夫人のヒラリー候補応援演説です。





ディクテーションしてみましょう。


Thank you, all. Thank you so much.

You know, it’s…it’s hard to (        ) that it has been 8 years since I (       ) came to this convention to talk with you about why I thought my husband should be President.

(          ) how I told you about his character and conviction, his decency and his grace, the traits that we’ve seen every day that he served our country in the White House.

I also told you about our daughters how they are the heart of our hearts, the (      ) of our world and during our time in the White House we’ve had the joy of watching them (       ) from bubbly little girls into poised young women.

A journey that started soon after we arrived in Washington when they set off for their first day at their new school. I will never forget that (       ) morning as I watched our girls, just seven and ten years old, pile into those black SUVs with all those big men (      ) guns.

And I saw their little faces pressed up against the window and the only thing I (      ) think was “What have we done?”


長いので、とりあえずここまで。

ゆっくり話しても起る、リダクション(音の脱落)

ミシェルさんのアクセント、気付いた方もいるかもしれませんが、少し黒人訛りがあります。
たとえば、お嬢さん方が7歳と10歳で、というくだり。
ten の発音が、[tin]のようになっています。
これは北米アクセントでは[ten]で、この場合の母音は「アに近いエ」なのですが、黒人アクセントでは「イに近いエ」になるのです。

それでも気になるほどではないので、英語教材としては全く問題ありません。
ゆっくりはっきり、話しているので聞き取りやすいな、と思った方も多いのではないでしょうか。

では、解答です。


believe
first
Remember
center
grow
winter
with
could


さて、ここで勘のいい人はもう、気付いたかな?

center, winter の”T”が消えていますね?
セナ、ウィナ、と聞こえるはずです。

NTの綴りの時、Tが脱落するのが北米アクセントの特徴です。
こうしてゆっくり、明確に話している時でさえ、それは変わりません。
音の省略は、何も早口だから起るわけではないのです。
話すスピードは関係ありません。

ネイティブの普通の英語を聞き取るためには、こうした発音の基本法則を知る必要があります。
知っていればどうということはないですが、知らないと「セナ」と聞こえてきてそれが、
centerだとは結びつきません。
こう言うパターンは、他にもたくさんあります。

私たち日本人学習者は、発音のルールを知らないために、ネイティブの会話が聞けなかったり、
聞き返されたりするのです。
まずは、発音の基本法則を理解し、慣れることから始めましょう。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)