Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

FやVの発音、下唇をかんでいませんか?かんでいる人は、今すぐやめましょう。
動画で正しい発音のしかたを、解説しました(^O^)

その前に、ランキングにご協力を~。1クリックお願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

唇に力を入れないのが英語発音のコツ

英語を発音する時、ついつい力んでしまうことって、ありますよね?
外国語なので、母語(日本語)を話す時のように、リラックスして流暢に話すことは、
誰しも難しいものです。

そこで特に気を付けたいのが、舌や唇に、必要以上に力が入ってしまうことです。
これは、英語を正しく発音しようとした時に、うまくいかない原因になります。
まずは力を抜くこと。

Fの音は、息を唇に振動させて出す音です。
この時、下唇をかんでしまうと、そこで息がブロックされてしまうため、振動が起りません。
そもそも、唇をかんだりすると、邪魔になって話せませんよね(笑)?
けれども学校では、下唇をかめと指導されているのか、やたらと唇をかむ人が多いのです(^ ^;)

今回はそんな日本人の大きな誤解を、解きたいと思います。

Fは唇をかまないで、リラックスして息を吐こう

というわけで、さっそくビデオに行きましょう。
百聞は一見にしかず。
文章で説明するより、映像を見てもらった方が、わかりやすいと思うので。



はい、どうでしたか?

Fの発音のポイント、おわかりいただけたでしょうか。
ポイントは、あひるの口ですよ。
このあひる口は、英語を話す上でとても重要です。

ぜひ、練習してマスターしてくださいね。

英語を話すのに、発音の基本を知っておくことは不可欠です。
口先で発声する日本語に対し、英語は喉の奥から声を出すので、発声からして違います。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ビデオが参考になったな~という人は、立ち去る前に1クリックを!2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

12/12クリスマススペシャル英語セミナー、渋谷にて開講!詳細はこちら♪残席少!
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで

Sponsored Link

関連コンテンツ