Sponsored Link



イングリッシュブートキャンプ:由美です。

私はもうかれこれ25年以上、日本人英語学習者の発音矯正をしています。

最初は、特に発音矯正をメインにしていたわけではなく、普通に英会話を教えながら、発音指導もするという感じでした。

そんな中で、発音に関して指摘されることに、抵抗を感じる方が少なからずいました。

発音はどうでもいいから、話す内容にフォーカスしてほしい、という人のほうが多かったのです。

また、昨今では「日本人英語でもいいじゃないか」という意見も、見受けられます。

グローバル化に伴い、世界中の人が英語を話すようになった今、インド英語や華僑の英語など、ノンネイティブのアクセントもあちこちで耳にするようになりました。

では、日本人は日本人アクセントのままで、いいのでしょうか。

実はこれには、大きな落とし穴があるのです。

どれだけ素晴らしい内容でも発音のせいで聞いてもらえない

英語ペラペラ


まず、「発音なんか悪くてもかまわない、それよりも話す内容が重要だ」という意見ですが、これは一見、確かにそうだと思わせるものがあります。

知的でウィットに富んだ話ができる、また論理的に話すことができるというのは、会話をするうえで極めて重要です。

これは何も英語に限ったことではありません。

母語(日本語)でも、同様のことが言えるはずです。

なぜなら、話す内容でその人の知性や教養が大体わかるからです。

ただし、だからと言って「発音はどうでもいい」ということにはなりません。

というのも、発音がある程度聞くに堪えうるものでないと、そもそも話を聞いてもらえないからです。

どれほど素晴らしい論文であっても、手書きでしかも凄まじい悪筆だったとしたら、どう評価されるでしょう?

読む気も失せるのではないでしょうか。

仮に、「この人の論文は素晴らしいんですよ」と誰かが背中を押したとして、それでも我慢しながら最後まで読むのは、かなりの苦痛が伴います。

内容も頭に入ってこないでしょう。

それと同じことが、発音にも言えるのです。

相手が苦痛を伴わずに話が聞ける程度の発音で話す、ということは最低限のエチケットです。

なにも、ネイティブ並みに話せ、と言っているのではありません。

日本人である以上、日本人アクセントはどこかしら残ります。

それは、発音指導をしている私に関しても、みなさんと同じです。

私もネイティブではありませんから、ネイティブと同じようには話せません。

それでもかまわないのです。

スムーズに会話が進むくらいの、ある程度の基準をクリアするよう努力することは、コミュニケーションにおいて「相手を気遣う」という点で、重要なことだと私は思います。

日本語は音の種類が少ない“省エネ言語”

もう一つ、私たち日本人英語学習者にあるハンデの問題があります。

それは、日本語という言語が、非常に音の振り幅が少ない“省エネ言語”だということです。

英語と比べて、日本語は音の種類がとても少なく、またリズムも平坦です。

そのため、英語の多くの音が、私たち日本人には聞き取ることができません。

中国人英語学習者と比べれば、その差は歴然です。

中国語は音の種類が非常に豊富です。

なので彼らは、英語が聞き取れないということはありません。

中国人の多くが、英語の知識がゼロでも基本単語や構文を覚えると、あっという間に普通に会話ができるようになるのは、音を聞き取る訓練が必要ないからです。

ところが私たち日本人は、そういうわけにはいきません。

いくら単語を覚えても、文法知識を入れても、リスニングの訓練をかなりしないと、ネイティブの英語が聞けるようになりません。

それは、英語の音そのものが、聞けていないからなのです。


ではどうすれば、音が聞けるようになるのでしょう?

発音できない音は聞き取れない

ただやみくもに英語を聞き流しても、初中級者にはほとんど効果はありません。

BGMと同じで、言葉として頭の中に残らないのです。

音を正しく理解するには、正しく発音できるようになることが、一番の近道です。

自分が発音できる音は、大抵聞き取ることができるからです。

私のところにいらっしゃる生徒さんが口を揃えて言うのが、発音矯正をしたことでリスニングが飛躍的に伸びた、ということです。

発音は一朝一夕には変わらないけれど、リスニングは一日で変わった。

家に帰ってドラマを見たら、これまではただモゴモゴ言ってるだけにしか聞こえなかったセリフが、ちょっと聞き取れるようになった。

聞けるようになると、がぜんモチベーションが上がります。

もっと発音を良くしたい、ナチュラルに話せるようになりたいと、思うようになります。

英語は音の種類が日本語よりはるかに豊富です。

まずは音を正しく理解し、発音できるようになることが、リスニング力アップの近道です。

これまで5000人以上の日本人に、発音指導をしてきたノウハウをまとめた、『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、あなたの英語を変えます。


英語は日本語と発声が違います。
正しい発声を身につけることで、発音も飛躍的に変わります。
また、音の繋がりやリズムを意識することで、ネイティブの早口英語にも慣れることができます。


『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、個々の母音や子音はもちろんリエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。

《収録内容》テキスト102ページ(PDFファイル)
      音声90分(MP3ファイル)
      動画40分(MP4ファイル)

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル


リスニングでづまずいているあなた。

もう一度発音から、やり直してみませんか?


ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

10/20(土)英語発音オンラインセミナー残席わずかです!⇒詳細・お申込みはこちら
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで

Sponsored Link

関連コンテンツ