Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

日本語の中に氾濫しているカタカナ語。

これらは私たち日本人が英語をマスターする上で、大きな足かせになります。

リスニング、スピーキングにおいて、このカタカナ発音を抜くのは至難の業だからです。

というわけで、カタカナ語の中でも固有名詞、それも有名ブランドについて取り上げてみたいと思います。

英語はシラブル(音節)とリズムでできている

シラブル、音節といってもピンとこない人も多いかもしれません。

シラブルとはわかりやすく言うと、拍子のことです。

たとえば、クリスマスソングの『ジングルベル』

この歌のサビの部分(ジングルベ~ルのところ)のメロディーを、頭に思い浮かべながら手を叩いてみてください。


ジングルベ~ル 
ジングルベ~ル 
すずが~なる~



タンタンタ~ン
タンタンタ~ン
タンタンタ~タタ~ン

というように、3、3、5と手拍子を打ちますね?

この拍子がシラブルです。

なので、jingle bells(ジングルベル)は3シラブルなわけです。

カタカナで「ジングルベル」と書いてあると6文字ですから、ベタベタの日本語発音で言うと6拍または5拍になってしまいます。

これが、英語を話す時にも影響を及ぼしてしまうのです。

マクドナルドもアディダスも3シラブル

McDonald’s は日本語だと「マクドナルド」で6文字です。

つまり、私たちの頭の中には6拍のリズムが流れるんですね。

「ダダダダダダ」という感じ。

これが英語の場合は、マッダ~ナァ(ダにアクセント)で、「ダッダ~ダ~」と3拍。

同様に、スポーツブランドのアディダスも、日本語だと「ダダダダ」と4拍ですが、英語の場合は「アディ~ダス」でダッダ~ダ(3拍)。

マクドナルドもアディダスも英語だと同じ3シラブル、真ん中にアクセントが乗るため同じリズムになるわけです。

他にも、ブランドを英語で言うとどうなるか、こちらの動画をごらんください。





英語を話す・聞く上でいかにリズムが大切か、わかるかと思います。

日本語は全て、「ダダダダダダ」とか「タタタタタタ」といった均一のリズムで、あまりアクセントというものもない平坦な言葉です。

英語は「タッタ~ンタ」とか「ンタッタタ~ン」といった、不規則なリズムが入ってきます。

こういったリズムは私たちの体の中にはないものなので、なんとなくしっくりこないのです。

短くてシンプルなフレーズなのにネイティブに聞き返される、という人はリズムを意識するようにしてみましょう。

それだけでずいぶん変わると思います。

ビジネスマンから絶大な支持!-Yumiの発音教材

英語は日本語と違い、音の種類が多くリズムも抑揚もバラエティーに富んでいます。

ただ長時間英語を聞いただけでは、こういった音やリズムを体得することはできません。

発音にはルールがあります。

それを効率的に学ぶことが、英語をマスターする近道です。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、個々の子音や母音はもちろんリエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。


『脱カタカナ英語マニュアル』内容

-テキスト102ページ(PDF)
-音声90分(MP3)
-動画40分(MP4)

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル


あなたも英語のリズム感、身につけませんか?


ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Sponsored Link

関連コンテンツ