Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

今日は、英語がペラペラな日本人に共通して見られる、5つの特徴についてお話したいと思います。

5つの特徴のうち、2つはある程度持って生まれたもの、資質と言えます。

残りの3つは、意識することによって変えていけるものです。

では、そんな5つの特徴とはなんでしょうか。

声に張りのある人と歌が上手い人は英語も上手い

これまで出会ってきた「英語が上手い日本人」、ほぼ全員に共通していることがあります。

それは、とにかく声がよく通る、声が大きい、また滑舌が良い、ということです。

小さな声でもそもそ話さない。

お腹から発声している感じ。

また、みな共通して歌が上手い

特に洋楽。

カラオケに行くと、ガンガン洋楽を歌うのも、共通した特徴です。

声の質や話し方、歌の上手さなどは、どうしても持って生まれた資質が大きく影響していますね。

自分にはどちらもないから・・・と、諦めるのはまだ早いです。

あとの3つは、努力と気持ちの持ちようしだいで、変えていけるからです。

細かいことに拘らない、執着しない、素直に真似をする

私が英語を教え始めたのは、もうかれこれ30年近く前になります。

老若男女、色んなかたを指導しました。

中には高校や中学の英語の先生もいましたし、プロの通訳の方もいました。

また、ほぼ英語の知識はゼロという、年配の方もいました。

そんな中、ぐんぐん伸びて行った人には、やはり共通した特徴がありました。

それは、細かいことにこだわらない、ということです。

特にこれは文法に関して言えることですが、細かい部分にばかり気を取られて、なかなか前に進めない人は上達が遅いです。

ひとつ疑問点があると、そこに執着して明確な回答が得られるまで納得できない。

そういうタイプの人は、語学の習得に不利です。

そして、2つめは、素直であることです。

語学は結局のところスポーツと同じで、上手な人の真似をすることで、自分も上達していくものです。

自分より上手い人のアドバイスを受け入れ、やってみようという素直さのある人が、伸びていきます。

自分はこうだから・・・という頑ななポリシーのある人は、なかなか上達しません。

何より、話すことが好きな人

ある意味これに尽きる、と言ってもいいかもしれません。

あたり前のことですが、言葉は話すために、誰かとコミュニケーションを取るためにあるものです。

特に誰とも話したくない、という人は外国語も上達しません(笑)

話すことが好きで、お喋りな人ほど、英語も上手くなっていきます。

でも自分は話し下手だから・・・と思ったあなた。

たわいもないことで、かまわないのです。

日頃家族や同僚、お友達と飲んで喋ったりするような、そういうちょっとしたお喋りでいいのです。

そういった会話を、英語でもやってみようと思うことが、少しでも早く上達するための鍵です。

以上、英語がペラペラな人に見られる5つの特徴、参考になりましたか?

こちらの動画で詳しく解説していますので、参考にどうぞ♪



『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで

Sponsored Link

関連コンテンツ