イングリッシュブートキャンプ:由美です。

あなたは大好きな趣味ってありますか?

熱狂的にハマっているものはありますか?

私は猫が大好きですが、趣味とはまた違いますね(^ ^;)

英語で「○○オタク」とか「○○狂」をなんと言うでしょうか。

色んな言い回しがあるので、ぜひ参考にしてください。

オタクの語源とは?

オタク、という言葉が一般的になったのは80年代ごろでしょうか。

私が子供のころには、存在しなかった言葉でした。

かつては、“○○愛好家”とか“○○狂”という言い方をしていたと思います。

それがいつしかオタクという言葉が生まれ、またオタクを売りにした宅八郎といったタレントが、活躍するようになりました。

オタクの語源は諸説あるけれど、アニメや漫画が好きな人たちがお互いを「あなた」や「君」ではなく、「おたく」と呼び合っていたことからきている、という説が私にはしっくりきます(^ ^;)

ところで、オタクとは別に“マニア”という言葉もありますね?

あの人は映画マニアだ、と言ったりします。

他には、“フリーク”という言葉もあって、あの人は映画フリークだ、という言い方もします。

オタクは日本語ですが、マニアもフリークも英語(外来語)です。

実際に、英語ネイティブはどう使い分けているのでしょうか。

オタクは英語でも“OTAKU”

オタクという言葉は日本語でも新しい言葉です。

日本語でオタクという時、アニメや漫画、ゲームを追求している人や、アイドルの熱狂的なファンを指します。
映画オタク、鉄道オタクという言い方もありますね。
けれども、料理オタクとか野球オタクといった言い方は、あまり聞いたことがありません。
オタクはあくまでも、サブカルチャー的なものに対してのみ、使う言葉というイメージがあるからです。

これは英語でも同じです。
英語でOtakuという時、日本のアニメや漫画、ゲームが好きな人を指します。
そう、日本のアニメ限定なんです。
最近は広義の意味で使うことも増えてきたようですが、I’m an otaku.と言うと、日本のアニメや漫画が好きだとネイティブは思います。

Otaku-otaku-24014672-955-715

では、日本のアニメや漫画は関係なくオタクな場合、なんと表現するのでしょうか。

buff, freak, geekを使い分ける

まずは興味の対象が何かによって、言葉を使い分けます。

映画マニア(フリーク)
歴史通(オタク)
ジャズ狂(マニア)
ワイン愛好家
愛猫家

マニアという言葉は、英語のmaniacから来ていますが、○○マニアという意味で一番よく耳にするのが、buffという単語です。

movie buff 映画マニア
history buff 歴史通
jazz buff  ジャズ狂
wine buff  ワイン愛好家

昨今話題の「歴女」なんかは、history buff ですね。
また、鉄道マニアの鉄ちゃんや鉄子も、train buffで通じます。

buffが“愛好家”とか“通”といったニュアンスが強いのに対し、freakという言葉はいわゆる“マニア”に近い感じです。

army freak 軍事オタク
camera freak カメラオタク
health freak 健康オタク
fashion freak ファッションマニア

freakには変人とか、薬物依存者といった意味もあるので、どちらかというと「通だね」という感じよりは、変わり者のイメージが強いです。

変わり者のイメージと言えば、geekという言葉もあります。
こちらは特にパソコンやIT、理系に使われるイメージですね。

computer geek パソコンオタク
science geek  科学オタク

日本語同様、対象が何かによって、微妙にニュアンスを使い分けているのです。

ちなみに、愛猫家はcat lover です。

はい、そのまんまですね~(≧∇≦)

猫好きさんもそうでない人も、Yumiの愛猫レオと一緒に英語の勉強をしませんか?



ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ