Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

久しぶりの「英語で言えますか」シリーズ。

本日のお題は、「ついてない日」です。

朝から髪型が決まらない日

朝起きたらすごい寝癖が付いていた。

寝癖が直らないまま、お出かけしなくてはいけない。

そんな経験、あなたもありますよね?

そういう日はなんだか一日気分があがらず、何をやっても上手くいかないもんです。

そういう日のことを、英語でなんと言うでしょう?

答えに行く前に、この歌をどうぞ♪





Cause you had a bad day
You’re taking one down
You sing a sad song just to turn it around
You say you don’t know
You tell me don’t lie
You work at a smile and you go for a ride
You had a bad day
The camera don’t lie
You’re coming back down and you really don’t mind
You had a bad day
You had a bad day



Daniel PowterのBad Day、今から10年くらい前ですかね、ヒットしたの。

bad day つまり「悪い日」、運の悪い日、ということです。

今日はついてなかっただけだよ、という歌ですね。

で、bad dayだけでも「ついてない日」という意味がありますが、もう一つよく使われる慣用表現があります。

bad hair day

髪型が決まらない日、という意味ですが転じて、朝からついてない日、となります。

I’m just having a bad hair day.
今日はついてないんだ。

というように、よく使うので覚えておくといいですよ。

英語は音とリズムが命

単語力もそこそこあるし、英文もそれなりに読める。

なのにリスニングがいまいち苦手、簡単なフレーズすらネイティブから聞き返される・・・

そんなあなた。

原因は、発音にあります。

言葉は音から成り立っていますから、音を聞き取れないと単語もフレーズも聞き取れません。

頭の中に違う音が入っていると、知っているフレーズでも別の言葉に聞こえるからです。

たとえば、このDaniel PowterのBad Dayのサビ、あなたはどれくらい聞き取れましたか?

歌詞を見ればわかるように、単語も文法も中学レベルの内容です。

これがbad day 以外ほとんど何を言っているのかわからなかった・・・という人は、根本的に音そのものが聞き取れていません

音が聞き取れていないのに、いくら語彙を増やしたりリスニング教材をやっても、あまり効果はないのです。

正しい音を入れていく作業が必要です。

英語は日本語より遥かに音の種類の多い言語です。

リスニングやスピーキングを上げるにはまず、発音の基礎からやり直しましょう。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、母音や子音はもちろんリエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル


連休を利用して、あなたもブレイクスルーを体験しましょう!


ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Sponsored Link

関連コンテンツ