Sponsored Link



イングリッシュブートキャンプ:由美です。

受験生のみなさんは、センター試験も終わって、次の段階に向けて頑張っていることでしょう。

毎年、センター試験の英語の問題は、一通り解いてみる私です。

リスニング問題に苦戦する生徒さんも多いので、今回少しだけ解説してみました。

解説するにあたり、こちらのサイトを参照しています。


河合塾 2019年度 センター試験速報
https://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/center/19/

英語のリスニング問題は推理力と計算力が決め手

まずは、こちらのイラストをご覧ください。





これはリスニング問題の第1問目に出てくる絵です。

問題文は、

What might the character look like?

キャラクターはどのような見た目でしょうか、という問いです。

男女二人の会話を聞いて、キャラを推測するんですね。

なかなかビミョーな絵ですが(^▽^;)

会話は、


M: We need an idea for a new cartoon character.
W: I agree. How about a vegetable?
M: That sounds OK. But, for a stronger impact, give it wings to fly.
W: Good idea.


男性が「新しい漫画のキャラクターが必要だね」と言ったのに対し、女性が「そうね。野菜なんてどうかしら」と答えています。

この時点で①のりんごと④のぶどうが消えますね。

りんごもぶどうも果物ですから。

で、男性が「インパクトを付けるために、翼を持たせて飛べるようにしよう」と言っています。

なので、翼のある②の人参が、一番近いキャラということになります。

このように、リスニング問題は会話から推測させるものとなっているんですね。

問2以降はこちらの動画でどうぞ。





センター試験のリスニング問題は、TOEICなどの資格試験と違い、会話を2回聞くことができます。

また、話すスピードもゆっくりなので、語彙力と構文力がしっかりしていれば、繰り返し訓練することで確実に点数が取れるようになります。

それにしても、問1からインパクトありすぎる、と思ったのは私だけでしょうか(笑)

リスニングが苦手な人は“発音”をやり直そう

英語は日本語と比べて、音の種類の多い言語です。

たとえば、母音。

日本語は「あ、い、う、え、お」の5つしかありませんが、英語には基本母音だけで13、R母音を合わせると20を超えます。

私たちが普段聞いたことも出したこともない音が、たくさんあるのです。

また、英語は音が繋がったり(リエゾン)、音が脱落したり(リダクション)することが頻繁にあります。

こうした英語特有の発音ルールを知らないと、語彙を覚えただけではリスニングは伸びません。

リスニングが苦手、伸び悩んでいるという人は、発音をやり直してみましょう。



『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、25年以上にわたり述べ5,000人に発音矯正を行ってきたYumiが、独自に開発した日本人による日本時のための英語発音教材です。


英語の基本発声である喉の開き方から、個々の子音や母音はもちろんリエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。

《収録内容》テキスト102ページ(PDFファイル)
      音声約90分(MP3ファイル)
      動画約40分(MP4ファイル)

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル


ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

LINE@はじめました!

友だち追加

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Sponsored Link

関連コンテンツ