イングリッシュブートキャンプ:由美です。
更新の励みになります。応援の1クリック、よろしくお願いしますラブラブ
     ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

寒いですね~

12月、もう冬です。

春はあけぼの・・・って枕草子にありましたが、冬はつとめて、でしたっけ?
つとめてって何?
と思って調べたら、早朝のことですって。
冬はつとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず、って昔から京都は寒かったのね。
早朝雪が降ってるのなんて、昔は暖房器具もあまりないし、さぞ寒かったことでしょう。

さてさて、冬といえばこの曲でしょう~という、印象的なものを、独断と偏見で選びました。

冬を代表する曲、邦楽洋楽とりまぜて、どうぞ~(≧∇≦)

『冬の稲妻』 アリス



冬、と聞くと自動的に「稲妻」、そして「アリス」と繋がってしまいます(^_^;)
アリスのお三方、若いですね。
昔は、めっちゃオッサンや~なんて思っていました、子供の頃。
今こうして見ると、ぜんぜん若い(^_^;)
それだけ自分が、年を取ったということですね。

You are rolling thunder, ahh!

っていう歌詞が、すごく印象的でした。
ローリンサンダーですからね(笑)
すごい衝撃なんでしょうね。

次も、冬イコールこの曲、というイメージです(私の中では)。

『冬が来る前に』 紙ふうせん



今聴いてみるとこれ、冬の曲ではないですね。
夏に別れ、冬が来る前にもう一度巡りあいたい・・・ということなので、秋の歌かしら?
ともあれ、タイトルとサビの部分が印象的な一曲です。
紙ふうせんのお二人、今でも昔と変わらぬ歌声、すごいですね~

ちなみに、紙ふうせんというと関西人にとっては、『おはよう朝日です』のテーマソングを歌っていた人、というイメージの方が強いかもしれません。
若い人にはなんのことかわからないかもしれませんが(^ ^;)

もう一曲、冬の定番。

『ゲレンデがとけるほど恋したい』 広瀬香美




冬、スキー、スキー場での出会い、恋・・・っていう、典型的なバブル期のヒットソング(笑)
インドア派でスキーなんてとんでもないわ~という私には、無縁な世界でしたが、この曲は本当にヒットしました。

さて、次は、洋楽。

『冬の散歩道 Hazy Shade of Winter』 Simon & Garfunkel



実は、私はこの曲は、80年代にバングルズがカバーして、それで知ったんです。
なので、バングルズのバージョンも貼っておきます。

『Hazy Shade of Winter』 The Bangles



当時、ガールズバンドが結構いたんですが、今はあまり見ませんね。
そういう時代じゃないんでしょうか。
今は、歌姫の時代なんですかね。

さて、次も洋楽。
これはもう、誰しも知ってるスタンダードナンバーでしょうか。

『雪が降る』 アダモ



ジャケ写がモノクロ、というところに時代を感じます。
アダモさん、若い頃かなり男前ですね。

でもって、こちらが日本語バージョンです。



いえいえどうして、お年を召しても男前は変わりませんね。
素敵なロマンスグレー(死語?)です。

そして最後は、12月と言えばクリスマス、ということで定番のこの曲を。

『恋人たちのクリスマス All I Want For Christmas Is You』 Mariah Carey




今、クリスマスソング不況だそうです。
このマライアの曲以降、世界的なヒット曲が出ていないそうです。
そういえばそうかも・・・

というわけで、独断と偏見で選んだ、冬の名曲でした~
古いのばっかで、すいません~(^_^;)

この記事が役に立ったという方は、ポチっとお願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ