Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。
更新の励みになります。応援の1クリック、よろしくお願いしますラブラブ
     ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

★カタカナは諸悪の根源?

私たち日本語ネイティブが、英語を学ぶ上で一番苦労するのが、
なんと言っても、固有名詞です。

人の名前、国の名前、都市の名前、ブランド名、会社名・・・
こういった固有名詞は、ことごとくカタカナ化されます。
先日、アカデミー俳優の名前を取り上げた時にも、お話しましたが、
カタカナは実際の英語の音とは、程遠いことが多いのです。
特に、LとRは全滅です。
なぜなら、カタカナにする時、LもRもどちらも「ラ」行に変換されるからです。

ロサンジェルス、ロンドン、パリ。
これくらいならおそらく、みなさんそこまで苦労しないと思います。
それは、これらの都市がメジャーだからですね。
スペルも知っています。

だけどじゃあ、日常的にあまり身近ではない国や都市名だと、どうでしょう?
今、大変な状況に陥っている、ウクライナやクリミア。
これ、英語で言えますか?

★スペルがわかっても、発音できないことがある

辞書を引けば、スペルはわかりますね。
ウクライナは、Ukraine
クリミアは、Crimea

でも、じゃあ発音できますか、となるとハタと気付くわけです。
これって元々英語ではないということに。
そう、ロシア語(系)ですよね。
なので、スペルを見ても、どう発音するのかピンと来ないんですね。
こういうのは面倒ですが、一々調べて覚えて行くしかないんですよ。

オンライン辞書などを引けば、発音は聞けます。
また、YOU TUBEなどに上がっている、CNNなどのニュースを見るのもいいでしょう。

たとえば、こんな動画です。

冒頭5秒あたりで、cold war happening in Ukraine…と言ってますね。
発音は、ユ~クレインです。

また、8秒あたりで、Russian troops have moved into Ukraine and Crimea…
と言っていますね。
発音は、クライミィアですね。

ニュース映像や音声は、こういう時に非常に役に立ちます。
国名や都市名だったら辞書に載っていますが、これが人名とかだと辞書では出てきません。
ブランド名なんかもそうですね。
実際にどう発音するのか、辞書では調べようがないのです。
そういう時に、動画サイトで検索すると、わかったりします。

★カタカナより先に音(英語)で覚えよう

私たちの脳は、幼いころからカタカナに晒されています。
なので、一旦カタカナを読んでしまうと、それが脳にインプットされてしまうんです。
たとえば、最初に音から入って覚えた単語の場合、LとRを間違うことはまずありません。
この二つの音は、まったく違う音だからです。

ところが、先にカタカナを見てしまうと、英語に変換しようとした時に、
「あれ・・・LとRどっちだったかな・・・」なんてことになります。
これはもう、日本人の宿命と言っても、いいかもしれません。
できるだけカタカナは見ないようにする、というのを心がけるようにしましょう。
難しいですけどね(^_^;)

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細はこちら♪
   ↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

あなたも、カタカナ発音から脱却しませんか?

この記事が役に立ったという方は、ポチっとお願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ

4月週末ブートキャンプ、4/12&13に開講決定!参加者募集中!←あと1名で締切り!
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
ホームステイに興味のある方は、こちら♪
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで

Sponsored Link

関連コンテンツ