イングリッシュブートキャンプ:由美です。
更新の励みになります。応援の1クリック、よろしくお願いしますラブラブ
     ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

★あなたの英語はなぜネイティブに通じないのか

動画解説シリーズです。

今回は、「日本人が苦手な単語(発音)」その1です。
なぜかネイティブに通じない、聞き返される、という単語がありますね。
ちゃんと言ってるつもりなのに、通じない。
そんな単語を、取り上げています。

まずは、動画をご覧ください。

)

海外旅行先で、レストランやデリ(コンビニ)などで、店員とやり取りする際、
通じない代表格が、この単語でしょう。

chicken

日本人は、摩擦音が苦手です。
摩擦は、息によって起こるわけですが、日本人の息は弱いのです。
なぜ弱いのか。
それは、日本人の呼吸の仕方に、関係があります。
日本人は胸式呼吸なんですね。
それに対し、英語ネイティブは、腹式呼吸。
これが、摩擦音がうまくできない原因の、一つと言えるでしょう。

日本語を話す時、私たちは口発声になりがちです。
舞台俳優だとかナレーターだとか、そういった特殊な訓練を受けた人、
元々声がよく通る人を除き、ほとんどの日本人が、口発声で話しています。
それに対して、英語は喉の奥から声を響かせ、息とともに発声するのです。
これが、英語の多くの子音を作りだしています。

まずは、発声からやり直すことが、英語を正しく話す上で、とても重要なのです。

★発音できる音は、必ず聞き取れる

自分が実際に出せる音は、必ず聞き取れます。
ネイティブの雑談が聞き取れない、普通の会話についていけない、という人は、
本来の英語の音が聞けていないのです。
聞けるようになるためには、正しく発音できるようになることが、近道です。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。
自分が発音できるようになると、今まで聞けなかった音が、嘘みたいに聞けるようになります。
また、何度もネイティブに聞き返される、通じない、ということが少なくなります。

マニュアルの詳細はこちら♪
   ↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

あなたも、ブレイクスルーを体験してみませんか?

この記事が役に立ったという方は、ポチっとお願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ

4月週末ブートキャンプ、4/12&13に開講決定!参加者募集中!←あと1名です!
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
ホームステイに興味のある方は、こちら♪
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ