Sponsored Link




イングリッシュブートキャンプ:由美です。

突然ですが、あなたは英会話ジプシーになってませんか?

“コスメジプシー”という言葉があります。

いろんなコスメ(化粧品)を、試してみては、やっぱり何か違う・・・と思って、次から次へ変えてみる。

で、結局これといったしっくりくる物が見つからず、とりあえず新しい物が出たら、試してみる。

その繰り返しでちっともお肌の状態が良くならない、という悪循環パターンの人を、指す言葉です。

何を隠そう私は、20代後半から30歳くらいまで、このコスメジプシーでした(^ ^;)

これと似たパターンで、ダイエットジプシー、ノウハウ本ジプシー、英会話ジプシーがあります。

あれこれ手を出すけれど、どれひとつモノにならない、という残念なパターンですね。

今、ご自身の状態がまさに、英会話・英語ジプシーだ、という人。

その原因は何でしょう?

誰しも陥りやすい、このジプシー状態から、抜け出すにはどうすればいいのでしょう。

ジプシーになる原因は、結果を早く求めすぎる、ということだと思います。

これをやれば、必ず結果が出る。

そう思って始めてみたものの、思ったような変化が見えない。

そうすると、モチベーションが下がってくる。

モチベーションが下がるので、さらに効果が落ちる、という悪循環ですね。

そこで、こりゃダメだと、すぐに違う物に手を出してしまう。

まずは、そこで我慢するということが、大切です。

これをやってみよう、と決めた場合、必ず続けること。

継続は力です。

それと、やるからには覚悟を決めること。

これはしんどいんな、私には無理かも・・・と、思わないことです。

なにごともそうですが、それなりに結果を出すには、人並み以上の努力が必要となります。

まさに、根性が大事なんです。

と、精神論を語っても意味がないので、実際に私がこれまで、十代からやってきた英語学習のパターンと、役に立った教材などを、具体的に紹介したいと思います。

あくまでも、私の個人的な経験に基づくものであって、すべての人に向いているか、と問われると、それは正直どうかはわかりません。

ただ、ある程度、参考にはなると思います。

私は、帰国子女ではありません。

海外生活が長い、というわけでもありません。

子供の頃から日本で暮らし、親も親せきも誰一人として、外国語が話せる人はいませんでしたし、外国文化に興味があったり、関わったりしている人も、まったくいませんでした。

普通の公立の義務教育を受け、高校も大学も国公立に進学しました。

時代は昭和です。

外国語に触れる機会は、ほとんどありませんでした。

そんな中で、手探りで始めた英語学習。

少しでも、このブログ読者の方の参考になれば、と思います。

受験英語は、決して無駄ではない

中高と、普通の公立に通いました。

外国人の先生は、一人もいません。

当時はまだ、ALTという制度も、ありませんでしたから。

ただ唯一、高校には毎年、アメリカから交換留学生がやってきていました。

それでも、その留学生と話す機会というのも、ほとんどないまま、高校生活を過ごしました(^ ^;)

学校英語、いわゆる典型的な受験英語ですが、これは今の私の英語人生の礎となっています。

あのころ覚えた語彙、文法や構文は、今でも役に立っています。

たくさんの長文を精読し、制限時間内に要旨を把握する、といった訓練は絶対に効果があります。

なので、学校英語が無駄である、とは思わないほうがいいです。

もちろん、ダメな部分はいっぱいあります。

その最たるものが、語学にもっとも重要な、“音”に関する教育です。

これに関してはもう、決定的に、学校教育には欠けているものです。

けれどもそれを指摘しても、教育制度は一朝一夕では変わりません。

なので、学校英語の役に立つ部分だけを自分のものにして、足りない部分を補うしかありません。

高校時代、洋楽や海外ドラマにハマりましたが、口語表現など学校で一切習わないため、そういったオーセンティックな英語には、まったく歯が立ちませんでした。

ネットも何もない時代、うちはお世辞でも裕福と言えない家庭だったため、テレビやビデオなどオーディオ機器を買い替える、なんてこともできず、二か国語放送も夢のまた夢。

FEN(現AFN)という、米軍用のラジオ放送があると聞き、なんとか聞けないかと奮闘しましたが、米軍基地のない関西では放送を聴くことはできませんでした。

そんな状態で、とりあえず差し迫った受験を優先することで、私の高校時代は過ぎて行きました。

会話に必要なのは、チャンクと実践

受験英語をかなりやったので、語彙力や構文力は、それなりにありました。

けれども、やっぱりネイティブの普通の英語が、理解できない。

それは圧倒的に、オーセンティックな英語(教科書英語でない、本物の英語)に、触れていないからだと気が付きました。

大学に進学してから、私がやり始めた学習法は、一つと言っていいです。

それは、ひたすら聴いて真似して、ネイティブに試してみる。

海外アーティストやハリウッドスターなどの、インタビューを録画したり、映画を借りてきてひがな一日中それを繰り返し見て、セリフを書きとるという作業をしました。

今みたいに、英語のキャプションが出るわけではないので、字幕は日本語のみ。

なので、何度も巻き戻しては聞き取る、というのをやっていました。

そうして、覚えたネイティブフレーズや、チャンクを自分で繰り返して言ってみるという練習を、ひたすらやりました。

大学の先生(英米人の講師)や留学生を見かけると話しかけ、覚えたフレーズがちゃんと通じるか試してみたり、週末には奈良や京都まで出かけては観光客に声をかけて、ガイドのボランティアをしたり。

お酒が飲める年齢になると、外国人がよく行くバーやパブに行き、とにかく英語を話す、というのをひたすらやっていました。

言葉は、コミュニケーションのためにあるので、使わないと上達しません。

英語学習者の中には、せっかくネイティブと話す機会があっても、「いやいや、私はまだまだ・・・」と、そのチャンスをみすみす逃す人がいて、本当にもったいないなぁと思います。

それではまるで、打ちっぱなしには行くけど、いつまでたってもゴルフコースには出ないようなもので、何が楽しくてゴルフを練習してるの?というのと、同じ状態です(笑)

話す機会は逃さない、というくらいの心意気で、頑張りましょう。

急がば回れ-まずは基礎英語から

英語学習で大事なのは、根気と継続力です。

私たち日本人は、学校で6年間英語を学習します。

この時に触れた英語の基礎は、否が応でも一生、私たちに付きまといます。

なので、まずは学校英語の基礎がある、ということを前提でお話をしますね。

受験英語をきちんとやった人であれば、英検2級程度の力は、絶対にあるはずです。

また、TOEICも600点くらいは、取れるはずです。

そこに至らないという人は、まずはもう一度、基礎からやり直しましょう。

それをすっ飛ばして色々やったところで、結局はもう一度基本に立ち返らざるを得なくなります。

近道しようとすればするほど、森の中に迷い込み、結局遠回りをするはめになるのです。

学生時代、英語が嫌い・苦手だったという人は、必ずもう一度中学英語から始めてください。

実際に試した、5つの方法・教材

では次は、英語力はある程度ある、だけどネイティブの英語についていけない、という人へのアドバイスです。

実際に、私が試してきたメソッドや、教材をご紹介します。

ぜひ最後まで読んで、英語学習の参考にしてください。

【1】NHKの英語講座

これは、王道ですね。

私の周りの英語関係者、英語が得意な人たちはみな、NHK講座を通ってきています。

テキスト代はたったの数百円。

それで、内容はかなり濃いから、お得です(^O^)

私は高校時代はNHKのラジオ講座を、大学時代はNHKテレビの「英会話」を、視聴しました。

当時のNHK英会話は、吉田研作先生が、番組を担当しておられました。

スキットを何度も繰り返し、リピート練習したりして楽しかったのを、今でも覚えています。

NHKの講座は、基礎力を養うのに、大変有効ですよ。

もしあなたが中高生でしたら、ぜひNHKの基礎英語を、視聴してくださいね。

【2】洋楽カラオケ

これは、実際のところ、かなり効果があったと思います。

実費は、レコード(CD)代のみ。

昔は洋盤(輸入盤)と国内盤では、値段がずいぶん違ったため、タワーレコードなどで洋盤を買っていました。

洋盤のほうが、遥かに安かったんですよ。

でも、洋盤には歌詞カードがついていない。

そこで、近所のレンタルレコード屋さんで、歌詞カードだけコピーしていました(笑)

好きなバンドのレコードを聴きながら、まずは歌詞をチェック。

知らないフレーズは辞書で調べましたが、スラングや口語までは、辞書には載っていません。

そこで、大学の図書館に出向き、スラング辞典や口語辞典で、そういったフレーズを調べました。

意味を一通り理解したら、一緒に歌います。

何度も歌って、歌い込んで、歌詞を覚えるまで練習します。

今みたいに、当たり前のようにカラオケで洋楽が歌える、というような時代ではありませんでした。

カラオケ店に収録されているのは、日本の曲ばかりで、洋楽はごく限られたものだけでした。

せいぜいエルビス・プレスリーやビートルズくらいで、当時大ヒットしていた、ボン・ジョヴィですら入ってなかった。

なので、カラオケと言っても、家でステレオ聞きながら、一人カラオケです(^ ^;)

ライブがあると、それまでに曲を全部覚えて行って、一緒に歌ったりしていました。

歌うことで、ネイティブフレーズを覚えましたし、リエゾンやリダクションといったナチュラルな発音も、自然と身についていきました。

実際、私の知人で、洋楽カラオケをするようになって、TOEICでリスニング満点取った、
という方もいる
くらい、これは効果的なトレーニング法です。

【3】Language Exchange

日本語を習いたい英語ネイティブと交流を持つ、いわゆる“Language Exchange”も、やりました。

これは、お互い教え合うので、レッスン料はチャラになります。

だからお手軽と言えばお手軽なのですが、良い相手を見つけないと、あまり効果がありません。

相手との相性もありますし、互いの言語レベルも関係してきます。

たとえば、相手の日本語能力のほうが、自分の英語力よりも高いという場合。

向こうが積極的に日本語を話してきて、自分は聞き役に回る。

気付いたら、日本語ばっかりしゃべっていて、ちっとも英語の訓練にならない・・・なんてことになりがちです(実際、私もそうなりました)。

あと親しくなりすぎると、互いのことが大体わかるので、語学の訓練にならないというのもあります。

良い相手に巡り合えるかどうかは、その人の勘と嗅覚によるところが、非常に大きいでしょう。

知人で、Language Exchangeで仲良くなった複数の人と、しょっちゅうご飯を食べたり、出かけたりしているうちに、ネイティブみたいに英語が上手くなった、という人もいました。

なのでこれは、効果は人それぞれ、という感じかと思います。

私は、個人的には、あまり効果がありませんでした(^ ^;)

【4】イングリッシュ・アドベンチャー

80年代に流行った、ストーリーを聴きながら読むタイプの、通信教材。

シドニー・シェルダン原作、俳優のオーソン・ウェールズが、ナレーションを担当して、当時はかなり話題となりました。

新聞広告で派手に出ていたので、記憶にある人も、多いのではないでしょうか。

こちらが公式サイトです⇒イングリッシュ・アドベンチャー


この人がオーソン・ウェルズ↓

t02200307_0310043212491649847


こちらの教材は、確か2~3万円くらいだったかな・・・ちょっと、うろ覚えです。

というのも、実は私はこれ、大学の同級生からもらったんですよ。

彼女はESSに所属していて、ディベートなどをやっている人でした。

で、話題のイングリッシュ・アドベンチャーの、「追跡(The Chase)」をやり始めたけど、
簡単すぎるから途中で嫌になっちゃった・・・と。

だけど、1年間毎月教材が送られてくる、もったいないことしたわ~と言うので、じゃあ私に譲って、と厚かましくもただで譲ってもらいました(笑)

内容はどうだったかと言うと、私にはそこまで、簡単ではなかったですね。

知らない単語や、フレーズも結構ありました。

ただ、ナレーションのスピードは、比較的ゆっくりです。

なので、上級者には、ちょっと物足りなく感じるかもしれません。

上級者には、「ゲームの達人」という教材が、あるようです。

こちらも同じく、シドニー・シェルダン作なので、内容は面白いと思います。

臨場感あふれるナレーションを聴きながら、物語の世界に入っていけます。

繰り返し、声に出して読むことで、それなりに力はつく教材です。

ちなみに私は、友人からごっそりセットをもらったので、月ごとに学習するのではなく、3ヶ月くらいで、一気にやってしまいました。

ウォークマンで通学の行き帰りに、カセット(カセットですよ!)を、聞いていました。

小説を読むのが好きな人には、おススメですが、それ以外の人は退屈かも・・・

【5】アルクのヒアリングマラソン

イングリッシュジャーナルで有名な、アルクが出している通信講座です。

こちらも、1年間かけて学ぶコースですが、素材は多岐にわたっています。

スターのインタビューや、様々な分野で第一線で活躍している人のインタビュー、映画のワンシーンなど。

飽きることのない素材が満載で、楽しく学習ができます。

値段は5万円とそこそこしますが、月に割ると4千円くらいなので、これくらいの投資は語学学習には普通だと思いましょう。

コンセプトは、“1年間に1,000時間、英語を聴く”というもの。

1年で1,000時間英語を聴くと、耳が英語に慣れてくる。

で、1年で1,000時間ということは、1日だいたい3時間弱なわけです。

毎日3時間、英語学習に時間を割かないと、意味がありません。

が、ここで「ええっ、3時間もΣ(゚Д゚;o) 」と、思っている人は、語学習得は諦めたほうがいいです。

というのも、それくらいの時間はやらないと、絶対に外国語をマスターすることなどできないからです。

1日3時間、ヒアリングマラソンをするのは、そんなに大変なことじゃないんです。

通学、通勤の往復も入れてOK。

それ以外に、机に向かってちゃんと勉強する時間も、もちろん取ります。

私はこれを、大学2年くらいの時に、やりました。

留学を真剣に考えていたので、結構真面目にやりましたよ。

今でこそ、YOU TUBEもあるし、CS放送もあるし、生の英語を聴こうと思ったらいくらでも聴ける時代ですが、当時はそうではなかったので、この教材はありがたい存在でした。

学習素材として、やはりスクリプトがあることが、とても重要です。

そういう意味では、今でも貴重な教材だと言えると思います。


ヒアリングマラソンのサイトはこちら⇒「1000時間ヒアリングマラソン」


6ヶ月コースもあります⇒「ヒアリングマラソン6カ月コース」


こちらはビジネスコース⇒ヒアリングマラソン ビジネス


私の頃は、ネットも何もなかったので(というか、黒電話でした 笑)、会員専用サイトとか、
学習相談室とかあって、今の人が羨ましいですね。

とまあ、色々挙げましたが、基本的に自分でやってみたものだけを、ご紹介しました。

しつこいようですが、語学は習得するのに、どうしても時間がかかります。

例えば、一日24時間ずっと英語漬けの生活で、なおかつトレーニングを毎日受ける、というような特殊な環境でない限り、普通の人が数か月で飛躍的に結果を出す、というのは難しい。

3ヶ月ごとに、学習プランを作り、見直しをしながら続けていく。

これを根気よく続けることが、語学マスターへの一番の近道です。

一見、遠回りしているようですが、実はこれが王道であり、着実な方法なんですよ。

最後に、番外編として私がおススメしたい、学習方法があります。

それは、

実際に、英語圏に行くこと

です。

語学の究極の目的は、その言葉を話す人や文化に触れ、自分の世界を広げることだと私は思います。

もちろん、海外に出なくても今はネットもあるし、いくらでも語学の学習はできます。

けれどもやはり私は、せっかく外国語をやる以上は、その言葉を母語として話す人たちのいる国にどんどん行って、実際にネイティブと話す、という経験をしてほしいと思います。

それがまた、新たなモチベーションとなりますし、人生の楽しみにもなるからです。

百聞は一見にしかず、と言います。

何事も肌で経験することは、本やネットだけで得た知識とは、やはり違うのです。

そもそも、日本にいる外国人は、基本的に日本に興味がある、日本が好きな人たちです。

そしてそういう人たちは、日本人の英語にも、慣れています。

けれども、アメリカやイギリスに実際に行くと、日本のことなど興味がない、日本と中国の区別もつかない、というような人たちだっているわけです。

そういう人と、英語で話をする機会を、ぜひとも持ってほしいと思います。

新たな世界が開けますよ(^O^)

日本人による日本人のための英語発音教材

多くの日本人英語学習者が苦労するのが、リスニングとスピーキングです。

その原因は、英語の音そのものを聞き取れていないことにあります。

英語は日本語と比べてはるかに音の種類が多く、リズムも多岐にわたります。

こういった発音の基礎がないまま、ただ量を聞いているだけでは、リスニングは伸びません。

まずは、英語の音のルールを理解するところから、始めましょう。



『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、25年以上にわたり述べ5,000人に発音矯正を行ってきたYumiが、独自に開発した日本人による日本時のための英語発音教材です。


英語の基本発声である喉の開き方から、個々の子音や母音はもちろんリエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。

《収録内容》テキスト102ページ(PDFファイル)
      音声約90分(MP3ファイル)
      動画約40分(MP4ファイル)

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル


ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

LINE@はじめました!

友だち追加

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Sponsored Link

関連コンテンツ