Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

★“シュワ”って何?

簡単な単語やフレーズなのに、ネイティブに聞き返される、通じないという人に共通するのが、
母音が日本語(カタカナ)になっている、ということです。

たとえば、お給料という単語。
これは、salary ですね。
おそらく誰もが知っている、簡単な単語です。
でもこれ、ちゃんと正しく発音できていますか?
“サラリー”と、発音していませんか?

question2_detail

salary は、実は野菜の celeryと、同じ発音なのです。
ところが日本語だと前者はサラリー、後者はセロリとなり、「サ」と「セ」、「ラ」と「ロ」というように、
母音が変わってしまう。
同音異義語なのに、全然違うカタカナが、あてられています。
まさにこれこそが、私たち日本人の脳を混乱させている、一番の原因です。

あなたの英語がネイティブに通じないとしたら、それは母音のせいである可能性が、高いと思われます。
英語には日本語にはない、“あいまい母音(シュワ:schwa)”と呼ばれる母音があります。
schwaは、英語を習得する上で、克服すべき大きな壁の一つなのです。

★シュワを体得するには?

この“シュワ”に関して、動画で解説しましたので、まずはご覧ください。

このブログでは繰り返し述べてきていることですが、シュワに対して感度の高い人と、そうでない人がいます。
それは、もって生まれた音感や、言語感覚が大きく左右しています。
運動神経と同じで、元々勘の良い人とそうでない人がいて、これはいかんともしがたい現実です。

音感の良い人は、salaryとceleryが同じ音だということに、すぐに気が付きます。
そこで、「ああ、今まで自分はサラリーだと思い込んでたけど、実際はセロリと同じ音なんだな」と、
自ら矯正し、次にこの単語を言う時は、気を付けて発音するようになります。
またそういう人は、元々日本語(カタカナ)にそれほど、左右されることがありません。
けれども、どうしてもカタカナに引きずられるという人は、なかなかそうはいきません。

というわけで、今回カタカナに引きずられやすい人におススメの方法をいくつか、ご紹介したいと思います。

★その① カタカナ語は全て間違いと心得よ

とにかく氾濫しまくっている、カタカナ語。
動画で取り上げた、パイロットに限らず、山のようにありますね。
で、そういったカタカナ語は、全て使い物にならないと覚悟してください。

たとえば、コンピューターという単語。
これも実際の音とは、若干違っています。
北米アクセントだと、カンピューラァに近い。
まずは、既存のカタカナ語を否定するところから、始めましょう。

★その② ストレスのないシラブルの母音は、ほとんどがシュワ

英語には、ストレスというものがあります。
以前こちらのビデオで解説しましたが、バナナは英語では、banana ですが、ストレスは第2音節にあります。
発音記号で表すと、bənǽnə ですね。
第1、及び第3音節の母音は、シュワ(ə)であることがわかりますね?

つまり、ストレスのない母音は、シュワになることが多いのです。
もちろん、すべてがそうというわけではありませんが、かなりの高確率でそうなります。
もっと長い単語を、例に挙げてみましょう。

communication

はい、これを“コミュニケーション”と読んじゃったあなた。
ダメですよ~(^ ^;)
まずはストレスの位置を、確認してください。
第2と第4シラブルに、ストレスがありますね。
ということはつまり、第1、第3、第5の母音は、シュワかな~と思えばいいのです。

communication
kə-myü-nə-kā-shən    ※発音記号はMerriam Webster Dictionaryより抜粋

太字の母音は全て、同じ音(ə)です。
なので、カミュ~ナケ~イシャンと、発音すべきなのです。

★その③ カタカナはカタカナで追い出す

このシュワは、アっぽく聞こえることもあれば、エみたいに聞こえることもある、微妙な母音です。
日本語と英語は別の言語なので、本来日本語の母音に当てはめようとすること自体、無理があるのです。
ただ繰り返すようですが、そうは言ってもなかなか飲み込めない、慣れないという人もいるわけです。
そういう人におススメなのが、カタカナをカタカナで追い出す、という方法です。
いわば、毒を以て毒を制すわけです(笑)

辞書を引いた時、このシュワの記号(ə)があったら、要注意です。
スペルに関係なく、この音はあらゆる場所(ストレスのない音節)に出没し、あなたを悩ませます。
たとえば、before という単語は、最初のシラブル(be)の母音が、シュワです。
beだからビ、before =ビフォー、と発音していませんか?
実際の音は、「バッフォ~」です。

× ビフォー
〇 バッフォ~

というように、カタカナをカタカナで追い出してください。
そうすることで、シュワに少しずつですが、慣れていくことができます。
最初は一々面倒くさいかもしれませんが、千里の道も一歩から。
こういう地道な作業をやらないと、リスニング力は伸びませんし、ネイティブに通じる英語は習得できません。

リスニングが苦手、ネイティブに聞き返される、という人はぜひ、このやり方を試してみてくださいね。

7月週末ブートキャンプ、残席わずかです!

行列のできる英語発音特訓コース、“週末ブートキャンプ”ですが、7月キャンプは残席少となりました。
少人数制で二日間特訓することで、英語の発声、発音の基礎、リズムやイントネーションなどを体得します。
お申込み、お問い合わせはこちら⇒7月週末ブートキャンプ詳細

キャンプに参加できない、地方や海外にお住いの方には、自宅で学べる発音教材、
『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』があります。
このマニュアルは、英語の基本発声である喉の開き方から、リエゾン(音の繋がり)やリダクションまで、
段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

テキストと音声、動画がパッケージになっている、ダウンロード教材です。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
   ↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

7月の週末ブートキャンプ、18&19に開講!詳細・お申込みはこちら♪
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで

Sponsored Link

関連コンテンツ