お知らせ・イベント

「ビジネス書完全ガイド」にYumiの発音本が取り上げられました!

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

『ビジネス書完全ガイド 人生が変わる最強ランキング』(晋遊舎)の、英語力を磨ける本トップ10に、拙書『ネイティブ発音が3D映像でわかる!英語の発音トレーニングBOOK』が、選ばれました\(^0^)/

発音本としては、唯一のトップ10入り

こちらのムックですが、ビジネス書ランキングということで、英語はその一つの分野として
取り上げられています。

表紙はこんな感じ。


IMG_4844


ドラッガーとかアドラーとかカーネギーとか、ビジネスで成功したい人、一財産得たい人には
必読の書かな、と思われます。
一流の人が読むべき書、とあります(^ ^;)
なんだかそんなところに混ぜてもらって、ちょっと恐縮してしまいます(滝汗)

由美の発音本が載っているページは、こんな感じです。


IMG_4848


なんとありがたいことに、5位に選んでいただけました。

素直に嬉しいです。

こちらのムックは、アマゾンでも買えるようです。





最期の方に、「ビジネスマン一般常識テスト100」というのがあります。
まだやっていませんが、酷い結果になったらどうしようと、尻込みしてしまいます~(^ ^;)
時間のある時に、やってみようと思います。

由美の発音本&マニュアルで、ビジネスも一流に!

さて、今回『英語の発音トレーニングBOOK』を推してくださったのは、現役ビジネスマンで
英語関係の本も出されている方ですが、実際にビジネスの分野で活躍している方から、
おススメ本だと言われるのは、大変嬉しいですし、光栄に思います。






発音は、どちらかというと後回しになりがちな、分野ではないかと思います。
それよりも長文を読みこなす力とか、プレゼンテーション力を、優先する人が多いでしょう。
けれども、どれほど素晴らしいプレゼン内容であっても、正確な発音で話さなければ、
その印象はマイナスになりかねません。

なにも、ネイティブ並みの流麗な英語を、話す必要はありません。
日本人(日本語母語者)である以上、どうしてもそのアクセントは出てしまいます。
それは私も例外ではありません。
私はネイティブではありませんし、ネイティブにはなれません。
けれども、最低限相手が聞きやすい、聞いていて苦痛でない程度の発音を、身に付けるべく、
努力する必要は、あるのではないかと思います。
訓練することで発音は変わります。
私自身、それを経験してきました(今もしています)。
だからこそ、「英語はそこそこ話せるし通じるからいいや」と、半ば諦めてしまっている人に、
「いやいや、コツさえつかめば、発音はどんどん良くなりますよ」と、伝えたいのです。

『ネイティブ発音が3D映像でわかる!英語の発音トレーニングBOOK』は、超初級者から
すでにある程度英語が話せる上級者まで、幅広く使ってもらえるよう、編集してあります。
個々の音すべてをカバーし、3D映像で口内や舌の動きが見られるという、画期的なDVDが
ついていますので、ぜひ手に取ってみてください。

なお、よりナチュラルな英語のリズム、リンキングやリダクションを、詳しくやりたい!という
中受給者には、『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』がおススメ(^O^)

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

最後まで読まれた方は、立ち去る前に1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

洋楽発音セミナー第3弾@DMM英会話、7/24に決定!詳細・お申し込みはこちら♪
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Google adsense

関連コンテンツ

コメント

  1. chica より:

    おめでとうございます!!すごいですね〜!この内容でこのお値段は本当にコストパフォーマンスが高いと思います。ぜひ多くの方に購入していただきたいですね〜!

    1. chicaさん

      ありがとうございます~
      おかげさまで、重版が決まりました!
      この調子でもっとガンガン売りたいと思います(笑)

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)