TOP NEWS

Yumiの新刊『ネコろんで学べる英語発音の本』8/2発売!

Yumiの新刊『ネコろんで学べる英語発音の本』が、実務教育出版より発売されました!
書店並びにAmazonなどのネットショップにて購入できます。
書店で購入された方、Amazonレビューを書いてくださった方には、特典があります!

詳細はこちらをどうぞ⇒『ネコろんで学べる英語発音の本』発刊記念特典



nekoblogheader

取材、講演、執筆のご依頼は、info@englishbootcamp.jp(明場)まで


このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 

イングリッシュブートキャンプ:由美 の紹介

イングリッシュブートキャンプ:由美


世田谷区、桜新町で英語塾
「Yumi’s English Boot Camp」
を主宰しています。

英語の基本発声からやり直せる『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』好評発売中。
あなたの耳が、声が変わります!英語がスッと耳に入ってくるようになりますよ♪
詳細はこちら⇒http://englishbootcamp.jp/products/


Google adsense

関連コンテンツ

コメント

  1. 平子 ヨシ子 より:

    初めまして。

    娘が米国人と結婚した為、何とか彼とコミュニケーションを取りたいと英会話スクールに通っていますが、彼の会話が早すぎて全く聞き取れません。
    「何故か?」 と悩んでおりました時 由美さまの「Nativeの発音を身に着けていなかったから。聞き取ることができなかった。」と気付かされました。

    Yumi’s EnglishBootcamp を見まして早速「Yumiの脱カタカナ英語マニュアル」を購入するつもりですが、
    是非、直接ご指導頂けるようにBootcamp に参加したいと切に願っています。

    残念ながら、このサイトにたどり着いた時(3月13日)には3月週末キャンプは終了しておりました。
    本当に本当に残念です。

    由美様のブログでは世田谷、用賀で英語塾を主宰されているいらっしゃいますが、当分の間、新規生の募集は無しとの事。
    塾生になれるチャンスと次のBootcamp開催日を知ることができるように、毎日 由美様のブログをチェックします。

    由美様の映像でのご指導がとても為になっています。
    有難うございます。

    1. 平子さん

      コメントありがとうございます。
      YouTubeを見ていただいたのでしょうか。
      それとも、Facebookかな?

      週末ブートキャンプは、だいたい1カ月ないし2か月に一度、開講しています。
      次回は5月半ばの予定です。
      ぜひその際、参加してください。

      重要な告知は、メルマガでお伝えしています。
      こちらは大体週1ペースで発行しているので、よければ登録してください。
      登録は無料です。
      記事の下部にリンクがあります(* ‘-^) ⌒☆

  2. Chica より:

    出版おめでとうございます〜!
    大阪の本屋さんにはまだ並んでなかったんですが、近々来るかな〜。

    早く手にとって活用したいです!

    1. Chicaさん、ありがとうございます(^O^)

      本屋さんには今週中には並ぶと思います。

      もう少しお待ちくださいね~

  3. バニラ より:

    英語の発音トレーニングbook 、アマゾンで購入しました。

    が、最初の母音3つでわけがわからなくなり

    youtubeを見たところ、

    2つの母音の違いをわかりやすく説明をしてくださいっていたので、

    それを参考に頑張ります。

    bookには舌の力の入れ方などもかいてあるのですが、いまいちわかりません。

    発音bookにそった解説を時々していただけると、すごーく嬉しいです。

    1. バニラさん

      コメントありがとうございます♪
      また、「英語の発音トレーニングBOOK」を手に取っていただき、
      重ねてお礼申し上げます(^O^)

      発音に関しては、文字で説明を読んでもなかなかわかりづらかったりしますね。
      またYouTubeをチェックしてみてください。
      定期的に動画を上げるようにしていますので。

      よろしくお願いします♪

  4. saku より:

    明場由美子様、いつも勉強させていただいております。
    質問がございまして、

    どの文献を見てもnは軟口蓋が塞がっていない断面図ばかりですが
    実際発音するとnは、口蓋垂が塞がっていると思えてならないのです。

    口蓋垂を開放するとかなり違った音になります。
    ネイティブの動画などを見てもnの発音では口蓋垂がどう聞いても塞がっているようにしか聴こえません。
    https://youtu.be/1WLOjPGCUpg?t=217

    他のネイティブも明らかに口蓋垂が塞がっています。
    ネイティブの方にメールを送って質問してみるとやはりnのサウンドの時鼻を押さえると
    音が止まる(口蓋垂が塞がっている証拠)
    とのことでした。

    ただ、国際的な文献ではnの発音の口の断面図では口蓋垂は塞がっておりません。
    どちらが正解なのでしょうか?
    お時間がございましたら、ご回答よろしくお願い致します。

    1. sakuさん

      コメントありがとうございます。
      [n]と[ŋ]の違いについてのレイチェルさんのビデオ、私も参考にしています。
      彼女のビデオで、こちらのほうが詳しく解説されていて、わかりやすいと思います。

      https://youtu.be/1th5v7dXRjk

      [n]は基本的に舌の前方が上あごに着き、根元は着きません。
      ただ、それでも息の大半がブロックされることで、鼻に音が抜けます。
      割合で言うと、鼻に抜けるのは4~5割くらいかなと感じます。
      なので鼻をつまむと音が止まるのです。

      ただし、andは鼻にほとんど抜けないため、鼻をつまんでも明確に発音できます。
      試にやってみてください。
      それに対して、notの場合、鼻をつまむとかなり言い難いです。

      [ŋ]は舌の根元が上あごに着くため、息がほぼブロックされます。
      そのため、鼻をつまんだ状態で song と言おうとすると言えません。
      ただ、ngも話し言葉ではgが落ちてnになることがあるため、その場合は
      完全にブロックされるわけではなくなります。

      というように、舌の位置は一般的に見る断面図で合っています。

  5. saku より:

    お世話になっております。
    早速のご回答まことにありがとうございます。

    nの発音についてしばらく調べていましたら、ネイティブのnのような
    発音にならなかったのは、喉を開いていないことが原因だったようです。
    自分の声を録音しながら、比較すると、舌の根本が塞がっていなくても、同じような音が出せるようになりました。

    そこで調べていくうちで1つの疑問が出てきたのですが、written、button、mountain
    などの語尾を飲み込むパターンも基本的にはnの発音で問題ないのでしょうか?
    色んな人の発音を聞いていると、人により違いがあるような気がしていまして、語尾の舌の根本が塞がっている人もいるような気がするのですがこの発音には個人差があるのでしょうか?

    1. sakuさん

      mountainやbuttonなどの[tn]のリダクションに関しては、
      いずれまたYouTubeのほうで取り上げて、解説をアップします。

      イングリッシュブートキャンプのYouTubeチャンネルをご存知でしょうか。
      ぜひ、チャンネル登録してみてください。

      こちらです↓
      https://www.youtube.com/user/yumithecatlover

      よろしくお願いします\(^0^)/

  6. saku より:

    わざわざ、動画で解説して頂いてありがとうございました!
    とても勉強になりました^_^
    ちゃんねる登録もさせていただきました。
    ちなみにですがtnのリダクションの時はnの際と同じで鼻から
    息が漏れている状態でしょうか??

  7. Oriental nurse より:

    Bilingito のyoutubeをみていてゆみこ先生のYouTube channnelにたどり着きました。カナダに引っ越して十数年、そこでRNをして10年のものです。実は以前大手の英会話学校でゆみこ先生に教わったことがありyoutubeをみたときはとってもびっくりしました。コメントをしたのは私が10数年かかってうすうすおもっていたことをきっぱりとラショナル化されているのにとっても感動したからです。とても日本人にわかりやすい説明です。これからも楽しくYouTube をみさせていただきますね。

    1. Oriental nurseさん

      コメントありがとうございます!
      カナダ在住なんですね
      大手英会話学校・・・どこだろう、数か所で教えていたので。
      東京ですか?
      あの頃からもう20年は経ちましたね。
      懐かしい思い出です。
      昔の生徒さんからコメントをいただいたのは、これが初めてです。
      嬉しかったです(^O^)
      カナダでの暮らし、楽しんでくださいね。

      1. Oriental nurse より:

        お返事ありがとうございます。東京の調布で、当時も日本でナースをしていたのでクラスはいつもドロップインしていまして、不定期にいろんな先生に教えていただいていました。ほんと、もう20年近くたちますよね。あそこで出会った友達とはまだずーっと友達で毎年帰国のたびにあったりしています。英語以外にもいい縁をいただいた場所でした。youtube楽しみにしています!

  8. chica より:

    おめでとうございます!楽しみです!招き猫みたいなレオくん、かわいいですね〜!

    1. chicaさん、ありがとうございます~。まさに、招き猫になってくれたレオ君です(=^・^=)

  9. とみーちゃん より:

    ゆみ様
    はじめまして。ユーチューブいつもいつも見ています。本当にそうなんだ!の連続で聞こえるようになってきた音もたくさんあります。
    なかなか聞き取れない音もあり、過去形の後すぐにtheがくると音が吸収されて?現在形なのか過去形なのかがわかりません。
    例えばI counted the~とI count the~の違いやI finished the~とI finish the~の違いなどです。
    ゆみ様のユーチューブのおすすめの回がありますでしょうか?

    1. とみーちゃん、コメントありがとうございます(^O^)

      過去形の後の定冠詞は、純粋に音だけで聞き分けようとしないことです。
      文脈で判断することも大切です。

      たとえば、finish だと現在形で使うことはほとんどないですよね?
      話の内容から、推測しながら聞くという癖をつけるといいですよ。

      YouTubeを見てくださってありがとうございます。
      おススメはやはり、リエゾン・リダクションの動画でしょうか。
      リストにまとめてありますので、順に見てみてください。

      1. とみーちゃん より:

        ご返信ありがとうございます。
        考えすぎる癖があるので、さらっと聞けるようになっていきたいです。
        ユーチューブやゆみ様のご活躍これからも応援しています。
        ありがとうございました。

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)