Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

三寒四温が続く毎日、なんとなく具合が悪い、風邪っぽい、花粉のせいかな?

なんて人も、いらっしゃるのではないでしょうか。

というわけで、「英語で言えますか」シリーズ、今回のテーマは「風邪」です。

本題に行く前に、ランキングにご協力ください。ポチッとお願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

風邪引いちゃったかも・・・を英語で言ってみよう

kazetu.jpg 9e7318

風邪を引いている、という状態を言うのではなく、なんかおかしい、引いたかも?
という時の、頻出フレーズです。

これがスッと出てきた人は、日常会話はほぼ問題ないのではないかと思います。

I have (got) a cold.じゃないですよ。
あくまでも、まだ風邪かどうかはわからない状態で言うフレーズです。
風邪っぽい、なんか風邪引いたような感じ、という時。

わかるかな?

ではもう、さっそく答えにいっちゃいますね。

I’m coming down with something.

はい、どうでしたか?

have a coldはもうすでに、風邪を引いている状態です。
明らかに具合が悪くて、風邪引きました、という場合はこちらですね。
そうではなくて、なんかおかしい・・・ひょっとして風邪かも・・・という場合がこちら。

直訳すると、「何かが下りてきている」ということですが、雰囲気出てますよね。
come down って、こんな使い方もあるんですよ。

I’m coming down with a cold.

I’m coming down with the flu.(インフルエンザにかかったっぽいかも)

などなど、応用もできますよ。

インフルエンザは、influenzaですが、略してfluというのが一般的です。
また、fluは普通、定冠詞(the)をとります。
一緒に覚えておきましょう(* ‘-^) ⌒☆

英語は音とリズムが命

フレーズや語彙を覚えることは、語学の基本です。
けれども、それを正しいアクセントやリズムで、言えることはもっと基本です。
まずは、発音の基本ルールを、理解しましょう。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで

Sponsored Link

関連コンテンツ