Sponsored Link



イングリッシュブートキャンプ:由美ですo(^-^)o

毎日寒いですね。

インフルエンザが猛威をふるっています。

というわけで、今回取り上げるのは、冬がテーマの洋楽です。

まずはこちら、クラシックナンバーからどうぞ。


California Dreaming   The Mamas & Papas




若い方でも、洋楽にあまり親しくない方でも、この曲のメロディーは聴いたことがある、っていう人が多いのではないでしょうか。

発音のポイントですが、on a winter day~という個所。

winterのTの音は、直前のNに引っ張られてなくなるので、「ウィナー」となります。

よく聴いてみてくださいね。

オナウィナアデ~イ♪って、言ってますねo(^-^)o

では、次です。


Hazy Shade of Winter   The Bangles




ええ、なんでバングルズやねん!と、思われた方。

えへ。だって、私、若いからψ(`∇´)ψ

オリジナルより、こっちのほうがピンと来るんですよ~(笑)

というのは冗談ですが、オリジナルは、言わずと知れたサイモンとガーファンクルですね。

そちらも、貼っておきますね。




次は、こちらのバンド。


Long Cold Winter     Cinderella





ハードロックバンドとしてデビューしたけれど、後にブルージーな路線に変更したシンデレラですが、この曲は大好きな曲です。

冬というと、この曲のイメージです、私の中では。

で、次は「冬」というそのまんまのタイトルの、こちらの曲。


Winter          The Rolling Stones





はい、また発音のお話です。

イギリス人のミックも、歌う時はアメリカンなアクセントで、「ウィナァ」と歌ってますね。

しゃべるとUKアクセントが強い人も、歌うと変わるのが面白いですね。

ミックがしゃべってるところって、ほとんど見たことありませんが。

ほら、私若いので(しつこい)

そして、このクリスマスソングも、やっぱ「ウィナァ」と歌ってます。


Wiinter Wonder Land   Dean Martin





winterのTもwonderのDも、かなりリダクションが効いていて、ほとんど「ウィナワナラァ~ン」と、聞こえると思います。

繰り返しになりますが、英語のNの音は、日本語の「ん」とは違い、舌が上顎にピタッとつきます。

なので、続く破裂音は、Nに吸収されるかたちになるんですね。

覚えておいてくださいね。

お次はこちら。


The Rose         Bette Midler





夭逝した伝説のシンガー、ジャニス・ジョプリンの伝記映画、「The Rose(邦題:ローズ)」から、主演と歌を担当したベット・ミドラーのヒット曲です。

この曲も、シンプルな歌詞とゆっくりしたテンポなので、発音練習に適しています。

孤独で冷たい冬を乗り越え、春になれば暖かい陽の光とともに、美しい薔薇が咲く。

辛い今を乗り越えましょう、という歌です。

よくある「頑張れニッポン」的な、押しつけがましい応援ソングじゃないところが、いいですね(毒)

さて、次は私にしては珍しい、最近の曲です。


Damn Cold Night      Avril Lavigne





damn coldというくらいですから、ものごっつ寒い夜、ということなんでしょうね。

あ、“ものごっつ”というのは、上方方言で「ものすごい」という意味です。

“ごっつ”だけでも、使います。

って、英語のお話じゃなくなっちゃいましたね(^_^;)

最後はこちら。

いまやベテランバンド、ボン・ジョヴィさんです。

すいませんね~、80年代ばっかりで(笑)


Born To Be My Baby    Bon Jovi





ちょっとだけ、文法のお話です。

この歌には、ダブルネガティブ(二重否定)が出てくるんですよ。


I don’t need nothing when I’m by your side.
お前のそばにいてくれるなら、ほかには何もいらない


本来であれば、I don’t need anythingまたは、I need nothingとなるべきところですが、ダブルネガティブを使うことで、強調というか、アクセントをつけているわけです。

また、ダブルネガティブはワーキングクラスの人の英語、という認識があります。

なので、市井の人たちの日常を描いた歌、という感じが出ます。

以上、冬~寒い~孤独~でも愛があるから大丈夫~がんばる~といった、ウィンターソング特集でした(笑)


洋楽は英語学習に効果的な素材です。

メロディーに乗せて歌うことで、発音やリズム、音の繋がり(リエゾン)などが、自然に覚えられるからです。

英語は音の種類が多く、リズムも日本語とは全く違います。

日本人が英語のリスニングに苦労するのは、発音が原因であることが大きいのです。


『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、25年以上にわたり述べ5,000人に発音矯正を行ってきたYumiが、独自に開発した日本人による日本時のための英語発音教材です。


英語の基本発声である喉の開き方から、個々の子音や母音はもちろんリエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。

《収録内容》テキスト102ページ(PDFファイル)
      音声約90分(MP3ファイル)
      動画約40分(MP4ファイル)

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル


ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

LINE@はじめました!

友だち追加

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Sponsored Link

関連コンテンツ