Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

梅雨、鬱陶しいですね。

さて、先日の北川景子さんに続き、今回のテーマも「有名人の英語」です。

本日取り上げるのは、今や大人気スターの、ディーン・フジオカさんです♪

deen F

日本人離れした英語力、オーラを持つディーンさん

ディーン・フジオカというと、朝の連続ドラマで人気に火が点いたんですよね。

私はテレビを見ないので、彼が演じているところは見たことがないのですが、YouTubeでトーク番組に出ているのを以前見ました。

ああ、ついに日本からこういう人が出て来たなぁ・・・という感慨を、覚えましたよ。

子供の頃、ゴダイゴ(タケカワユキヒデ)をテレビで見た時の衝撃に、近いものがあります。

そんなディーンさんの、プレスクラブでのインタビュー映像がこちら。



にこやかに、英語と日本語を混ぜながら、インタビューに応えていますね。

英語⇔日本語をここまでスイッチしながら話すというのは、日頃からそういう環境にいる、ということでしょう。

つまり、マルチリンガルな環境で生活をしている、または仕事をしているんだと思います。

ディーンさんの素晴らしいところは、常に笑顔を絶やさないことですね。

これって、ハリウッドスターや香港スターなどは普通にやっていることですが、日本のスターはむしろ逆です。

どちらかというと、しかめっ面まではいかないまでも、あまり笑わずに真面目な顔をする、というの一般的。

そういう意味でも、ディーンさんはやっぱり日本人の枠を超えていますね。

ミュージシャンは英語が得意?

ディーンさんの経歴を調べたところ、この方は俳優でもあるけれど、ミュージシャンでもあるんですね。

インタビューでも、ピアノ演奏のシーンを吹き替えなしにやった、と答えています。

ここで気になるのがやはり、「音楽と語学の関係」です。

音楽をやっている人は耳がいいため、英語(外国語)も上手い人が多いんですよね。

なので、この映像を見ていて、やっぱりなぁと思ったのでした。

それにしても、ここまで英語も流暢で会話もウィットに富んでいて知的、笑顔も素敵でピアノも弾ける男前・・・

なんだか、世の中不公平にできているなぁなんて、ちょっと思ってしまった私です(笑)

それでも、私がゴダイゴ(タケカワユキヒデ)を見て、カッコイイ~~~と憧れて英語を始めたように、若い人がディーン・フジオカに憧れて、英語を頑張ってくれればいいなと思います。

語学って、案外こういったミーハーな部分が、上達に大きく影響したりするものなんですよ♪

この人が言っていることを理解したい、なんて言ってるんだろう、私もこんな風に話せるようになりたい・・・

といった感情は、仕事で英語が必要だから・・・といった目的意識よりも、遥かに強いモチベーションとなります。

ディーンさんには、これからも大きく活躍していただきたいです(^O^)

英語は音とリズムが命

英語をマスターする上で、私たち日本人にとって最大のネックとなっているのが、リスニングです。

ネイティブの英語が速い、モゴモゴ聞こえる、という人は多いのではないですか?

TOEICなどの試験のリスニングなら、まあまあ聞けるのに、映画やドラマはちんぷんかんぷん・・・なんてことはないですか?

それは、英語の音そのものが聞けていないからです。

言葉は音から成り立っています。

また、英語は日本語にはない独特のリズムがあります。

そういった「発音の基本ルール」を、まずは理解するところから始めましょう。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで

Sponsored Link

関連コンテンツ