Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。

数年ぶりに復活した、Yumiの英語コンサルですが、早速お申込みが殺到しています。

英語に関して相談を受ける中で一番多いのが、どうすれば英語脳になれるのか、というものです。

英語を話す上で英語脳は必須です。

今日は英語脳を手に入れるための3つの方法について、お話したいと思います。


英語脳ってなに?

そもそも英語脳ってなに?

と思ったあなた。

英語脳とは、頭の中でいちいち日本語に翻訳するのではなく、英語を英語でそのまま理解できる状態のことを言います。

たとえば、私たちは日本語でモノを考え、日本語で会話しますね。
英語ネイティブは英語で考え、英語で話します。
そしてバイリンガルは英語で話す時は英語で考え、日本語で話す時は日本語で考えるのです。

それに対し、英語学習者は頭の中で「英語⇔日本語」という、変換作業をしていることが多々あり、これが英語習得の妨げになっています。
この頭の中での翻訳作業は、瞬発力を要される会話では邪魔にしかなりません。
机に向かって翻訳するのであれば、ゆっくり時間をかけることができますが、会話はその瞬間が全てだからです。

ではどうすれば英語脳を手に入れられるのか。

その前に、私たち日本人がなかなか英語を話せるようにならない原因について、少しお話しましょう。

前回の記事で、メンタルブロックのお話をしました。
このメンタルブロックのせいで、英語が話せなくなっている日本人学習者が多いのです。

それとも若干関係してくるのですが、英語を話す上で重要なのが英語的思考です。

私はこれを英語マインドと呼んでいます。

英語マインドを身につける訓練が英語脳を作る

思い返してください。

中学生の時はじめて英語を習った時、人称代名詞という言葉に戸惑いませんでしたか?

一人称がI、二人称はYou、そして三人称がHe, She, Itで、三人称単数だと動詞にsが付く・・・といったところでプチパニックになった人、いるのではないでしょうか。

日本語には人称という概念(意識)がほとんどありません。

たとえば、「ひどいよねぇ」と誰かが言ったとします。

主語はなんでしょうか。
何がひどいのでしょう。
状況がひどいのか、誰かの行為・発言がひどいのか、自分がひどいのか。

この発言には主語が省略されています。
そのため何がひどいのかは、周りが状況を見ながら判断することになります。
これがいわゆる、空気を読むという日本特有の文化となるわけです。


ところが英語は違います。


That’s so bad. それはひどい。
You’re so bad. あなたはひどい。
She’s so bad.  彼女はひどい。


というように、必ず主語から始まるのです。

これを省略することは、英語ではまずありません。

つまり、発言者ははっきりと何(誰)がひどいのかを明確にし、また聞いている側も憶測や周りの状況を見て判断するのではなく、正確に発言者の意図を理解するのです。
「ひどい~」と言った後に周りから非難されて、「や、べつにあなたのことを言ったわけじゃないですよ、あの時の状態がなんかひどいなぁと思っただけで」というようにごまかすことは、英語ではできないのです。


ほかにもこんな例があります。

次の文章を見てください。


I went to dinner with my client.  お客さんと食事に行きました。

And he paid for everything.    で、そのお客さんが全部おごってくれたんです。

日本語だと、「お客さん」はずっと「お客さん」のままで会話が成立します。
そのお客さんはすっごく気前の良い人でね、いつもお世話になってるんだけど、今回もその人が全部負担してくれてね、ラッキーだった・・・というように、お客さんが男性なのか女性なのかは最後までわかりません。

これが英語だと、my clientは最初の1回目だけで、あとは全て人称代名詞になるため、heなのかsheなのか一発でわかります。
また、お客さんと食事に行ったのは自分一人なのかどうかも、日本語では曖昧です。
もしかすると「みんなで」行ったのかもしれません。
ところが英語を見ると、Iとありますから、発言者が一人で行ったことがわかります。
これがみんなで行ったのであれば、We went to dinner…となるはずだからです。

この人称代名詞のおかげで、英語は日本語のように関係性を曖昧にすることができないため、ストレートな言語だというイメージがついてしまっているのです。
実際のところは、英語にも婉曲表現はありますし、回りくどい言い方もあります。
ただ、主語が何(誰)で、何(誰)に対して何をするのか、というところは曖昧にはできません。
これは西洋の言語に共通した文法で、日本人的感覚から一番遠いものなのです。

なぜなら日本語は、誰が、何を、という部分は極めてあいまいにしておきたい言語だからです。
ここを明確にすることに、反射的に拒否感を抱いてしまう人がいます。
みなまで言わずともわかってくれよ・・・と、思ってしまう気持ちは私も日本人なのでわからないではないです。
けれどもこれが、英語を話す上で間違いなく一つのメンタルブロックになっているのです。

英語脳を作るための3つの方法

では、英語脳を作るには具体的にどうすればいいのでしょうか。

次の3つは、私が実際に心がけることで効果のあった方法です。

英語を話すことに抵抗がある人、どうしても頭の中で日英翻訳をやってしまう人は、ぜひ参考にしてみてください。



【1】英語は常にA=B、A⇒Bと考える


英語マインドの基本は、2つの思考パターンです。

1つは、A=B 

たとえば、

She is funny.
She is a doctor.
She became a doctor.

これらは全て「She = funny」「She = doctor」ということになります。


もう1つが、A⇒B

She loves me.
She lied to me.
She bought me a lunch.

これらは全て、She が me に対して何らかのアクション(動詞)を起こしています。
Sheとmeはイコールではありません。

この2つが英語の基本形だと思いましょう。


【2】基本構文をやり直す


さて、こういった英語の基本思考パターンを理解したら、あとは代表的な基本構文をもう一度ざっとおさらいしましょう。

基本構文を知らないと、英語を話すことは(読むことも聴くことも)できません。

文法を後回しにしている人は、ここは覚悟を決めてじっくりとりかかってください。

私のおススメは、こちらの文法書の巻末に付いてくる構文集(例文集)です。





この本について動画解説しているので、よろしければご参考まで。





【3】瞬間英作文を毎日続ける


最後は、日々のトレーニングです。

常日頃すこしでも時間がある時は、今の状況を英語にして呟いてみましょう。

声に出して言ってみることが大事です。

たとえば、


It’s so hot today. I hate to go to work. I want to sleep in my bed. But I have to get to the office by 9…
今日暑すぎ。仕事行きたくない。ベッドで寝ていたい。でも9時までに出社しなきゃ・・・


というように、呟くのです。

自分のことだけでなく、目に入ってきた光景を呟くのも効果的です。



Wow, look at that young man standing near the door. He’s so gorgeous. I wonder if he has a girlfriend. How can I get to know him?
うわ、あのドアのところに立ってる若い男。めっちゃカッコイイ。彼女いるのかな。どうすればお近づきになれるのかしら。


こういうのは数分あればできます。

隙間の時間を利用して、その場で思いついたことを英語にする癖を付けましょう。

一人でもそもそ喋っていると不気味がられることもありますが、慣れると気にならなくなりますよ(笑)

英語は音とリズムが命

英語を話す・聞くうえで避けて通れないのが発音です。

たくさん構文を覚えても、正しい発音・リズム・抑揚で言わないと、ネイティブには通じません。

また、せっかく知っているフレーズも、正しい音が頭に入っていないと聞き取れません。

発音はもっと上級者になってから・・・と思っているあなた。

発音こそ、語学の基本です。

最も最初に取りかかるべき課題なのです。


ただいま、サマーセール開催中!

ビジネスマンに大好評のYumiの脱カタカナ英語マニュアル』が、限定20部まで5%OFF!


『脱カタカナ英語マニュアル』 (PDF102ページ)、音声(MP3 90分)、動画(MP4 40分)

英語の基本発声である喉の開き方から、個々の子音や母音はもちろんリエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。


BASEショップにて好評発売中!⇒『脱カタカナ英語マニュアル』BASE商品ページ

購入の際、このクーポンコードを入力してください(※先着20部までです)

クーポンコード:G5KHBELT

マニュアルの詳細、サンプルはこちらから見れます♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル


先着20名までの5%オフクーポンです!

なくなりしだい終了ですので、お急ぎください(* ‘-^) ⌒☆


ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Sponsored Link

関連コンテンツ