Sponsored Link




イングリッシュブートキャンプ:由美です。

先日、シアトルとバンクーバーに行ってきました。

ちょっと早めの夏休みでもあり、半分はお仕事でもあり・・・という感じの旅でしたが、道中色々ありました。

今回、シアトルとバンクーバーをAmtrak(アムトラック)で移動という、初の試みでした。

これからアムトラックの利用を考えている人も、参考にしていただければと思います。

では、Let’s go(≧∀≦)

ああシアトルは今日も雨だった~ww

ANAのフライトで成田を発ち、シアトル国際空港へ。

こんな感じの空港でした。





シアトルと言えば雨が多いことで有名ですが、7月8月(夏)は唯一気候の良い時期で、晴れ間が多いから行くならこの時期ですよ、と言われて行ったのですが・・・

なぜか雨(笑)

私が雨女だからか?

しかも気温が日中でも70度(摂氏20度)を下回るという、非常に寒い日が続きました。

雨の中をめげずに観光、UW(ワシントン大学)に行きました(トップ画像がキャンパスです)。

が、この時に冷えたのか、咳喘息が再発。

その後ずっと咳に悩まされる旅行となりました。

体調不良のままバンクーバー移動で、これがなかなかしんどかった。

北米をアムトラックで移動するのは初体験で、もっと楽しめると思ったのですが、なにしろ体調が悪い💦

まあとりあえず何枚か写真を撮ったので、こちらをどうぞ。

シアトルはKing Street Stationという駅から、列車が出ています。








これがアムトラックのキャスケイド号。

行き(シアトル⇒バンクーバー)は比較的新しい車両、帰りは古い車両でした。





チェックインに時間がかかるので(国境越えるため、パスポートチェックがあります)、30分くらい早めに駅にいたほうがいいです。

ウェブで予約したQRコードとパスポートを提示、そこで切符(座席が書いてある)をもらいます。

たぶん全席指定席で、値段はその時によってまちまちのようですが、私が取った時は片道60~70ドルでした。

一応食堂車がありますが、売っているのは飲み物(コーヒー、水、ソーダ系)とバナナ、あとはパンくらい。

私はベーグルを頼みました(食べかけでごめんなさい)





まあしかし、到着後丸3日間雨で気持ちも下がりましたが、バンクーバーに向かっていく汽車の中で期待は膨らんでいきました。

朝と昼で気温差が激しい、夕方9時過ぎても明るいバンクーバー

バンクーバー到着。

今回はエアビ(Airbnb)を利用しました。





お部屋はリビング、キッチン、バスルームが共有でベッドルームが2部屋、これで一泊8千円くらいでした。

そこそこのホテルに泊まると一泊2~3万はするので(一人だともっと高い)、これはなかなかのdealだったと思います。

そしてやはりバンクーバーも寒い(^^;)

朝は本当に寒くて、でも午後になると気温が急上昇(かといって暑いというほどではない)、夕方でも紫外線がきついのでUV対策必須という、日本では考えられない気候です。

ちなみに7月半ばだと夜9時半でもまだ明るかった。

そして今回の目的は、友人の結婚式に参列することでした。

場所はノースバンクーバー。

Waterfront Stationというところから、フェリー(Sea Bus)で移動します。








ものの10分ほどで到着、そこからは迎えの車に乗って移動。

ガーデンウェディングの形式で、とても素敵でした。









花嫁のAkaneちゃんは、DMM英会話のアンカーとして知り合った英語仲間です。

現在、バンクーバー在住です(^O^)

AkaneちゃんはTiktokで、英語学習者向けに発信しています。

インスタもやってます。


Tiktokアカウント:akane_vancouver
インスタ:akane_248


バンクーバーでの暮らしや、英語に興味のある人はぜひ、AkaneちゃんのインスタやTiktokをチェックしてみてね♪

さて、他にバンクーバー観光は・・・と言いたいところですが、喘息を発症しながら列車で長時間(本来4時間くらいですが、1時間遅延したため5時間に)移動したため、絶不調に。

なので結局ウェディング以外、どこにも行ってないのでした。

あ~あ、残念・・・

シアトルと言うとスタバ、そしてブルース・リー

体調が回復しないまま、またしてもアムトラックで移動です。

バンクーバーはPacific Central Stationという駅です。

エアビ宅から車で20分くらいのところでした。

シアトルに戻り(シアトルでは友人宅に泊めてもらっています)、今度は留学時代の友人とン十年ぶりに会うことに。

一旦消息が途絶えていたのですが、SNSで再び奇跡的につながりました。

インターネットってすごい。

私が留学していたころはまだ、黒電話でした(笑)






久しぶりに色々と話をしましたが、年齢的にどうしても健康状態や、いわゆるmiddle age crisisの話題に。

この数十年、お互いに色々あったのね~(^^;)

有名なシーフードレストランにて(名前ど忘れ)

彼が奢ってくれました♪





バンクーバーから戻ってからはお天気が回復、とても良い気候でした。

青空と海が素晴らしい。





シアトルと言えばスタバ。

スタバの第1号店がPike Place Marketにあるというので、連れてってもらいましたが、すごい行列(+o+)





体調が良ければ並んだんですが、今回は諦めました。

なので外観だけです(笑)

その後はお目当てのこの場所へ。








シアトルと言えばスタバだけじゃないんですよ。

あのカンフー映画のレジェンド、Bruce Lee(ブルース・リー)はワシントン大学の哲学科卒で、そのお墓もシアトルにあるのです。

Lake View Cemetaryという墓地に、彼のお墓はあります。

息子で同じく夭逝してしまったブランドンと並んで、そのお墓はありました。

拾い墓地ですが、グーグルマップに「Bruce Lee’s grave」と入れると、ピンポイントで出てきます。

そして今も絶えず観光客が訪れています(私が行ったときもグループがいました)。

アジア人のスターとして先駆けだったブルース・リー。

わずか33歳で亡くなってしまったのは、とても残念ですが、今たくさんのアジア人が活躍するハリウッドを、草葉の陰で感慨深く見守っていることでしょう。

さてさて、このほかにも行きたい場所はたくさんありました。

アマゾンのドーム型のビルとか(Amazon Spheres)。

だけど咳は止まらないし、もう限界な感じでした。

今後海外旅行する時は、喘息の薬も必携だなと身に染みましたね。

シアトルもバンクーバーも素晴らしい街です。

なんかグダグダな旅行記になってしまいましたが、最後にYouTubeに動画を上げていますので、ぜひこちらごらんください♪





これから夏の旅を計画している人は、参考にしてくださいね~(^_-)-☆

英語が聞き取れない通じない人にオススメ情報!

日本人特有の弱点を克服できる英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、25年以上にわたり述べ5,000人に発音矯正を行ってきたYumiが、独自に開発した日本人による日本人のための英語発音教材です。


英語が通じない、聞き取れないのは正しい発音ができていないから。自分が発音できる言葉は必ず聞き取れます。日本人特有の「カタカナ英語」を克服して、正しい発音を身に付けましょう。


英語の基本発声である喉の開き方から、個々の子音や母音はもちろんリエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。

Yumiの脱カタカナ英語マニュアル内容

  • テキスト102ページ(PDFファイル)
  • 音声約90分(MP3ファイル)
  • 動画約40分(MP4ファイル)

マニュアルの詳細、テキストサンプル、音声サンプルはこちら♪



ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

LINE@はじめました!

友だち追加

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Sponsored Link

関連コンテンツ