イングリッシュブートキャンプ:由美です。

今回取り上げるのは、洋楽のおかしな邦題です。
なんでそんなタイトルつけちゃったの?という、へんてこなものをピックアップしました(笑)

スポンサーリンク

おかしな邦題10選

一昔前は、洋楽には必ずと言っていいほど、邦題が付いていました。
そのほうが、日本人に受け入れられやすいから、ということでしょうか。
同じことが映画にも言えます。
昔の映画(洋画)は、大抵日本語タイトルがありました。
映画についてはまた別の機会に取り上げるとして、洋楽の邦題の中で、個人的にこれはちょっと・・・というものトップ10を取り上げました。


まずは1つ目。


Girls Just Want To Have Fun  ハイスクールはダンステリア   Cyndi Lauper


原題と邦題がまったく別物、というパターン。
ダンステリアって何よ?ダンスとは何の関係もない曲の内容。
ただ、ミュージックビデオ内でシンディーが踊っていたので、そのイメージから付けたのかもしれません。

シンディーらしい、フェミニズム的なメッセージソングだというのに、それがここまで歪曲されるとは。
いったいぜんたいどうしてこんなことに・・・?という典型です。
確かこれ、シンディー側からクレームがついたとか、聞いたことがあります。
本当のところは、どうかわかりませんが・・・(^_^;)


お次は大ヒット映画のテーマソング。


Up Where We Belong   愛と青春の旅立ち  Joe Cocker & Jennifer Warnes


そのまま映画(邦題)と同じ曲名にされてしまった、不幸な例ですね。
ちなみに、映画の原題は「An Officer and a gentleman」で、これも原形とどめてません。
当時、「愛と○○の」と付いた映画の邦題が多かったので、その影響かもしれませんね。


次も微妙な感じのタイトルです。


You Give Love A Bad Name   禁じられた愛   Bon Jovi


日本でも大人気の、ボン・ジョヴィのヒットナンバーです。
この頃は、まさかこんなモンスターバンドになるとは、誰も予想しなかったでしょう。
しかし、なぜ“禁じられた”なんでしょうか。
かの名画、「禁じられた遊び」をもじったのでしょうか。
歌の内容は、禁じられた愛とは程遠いものですが・・・


言わずと知れた、MJの代表曲。


Beat It   今夜はビートイット   Michael Jackson


ダサい。
ひたすらダサいです。
今夜は、って付けただけでこんなにもダサくなるとは。
昔、タモリの番組で、「今夜は最高」というのがありましたが、関係ないですね(^_^;)


これもダサさ爆発です(笑)


Wake Me Up Before You Go GO   ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ  Wham!
ウキウキって・・・(泣)
ウキウキさえなければ、そこまでダサくないのに・・・
この邦題を付けた人のセンスを疑います。


次は、直球すぎるタイトルです。


Sweet Emotion   やりたい気持ち   Aerosmith


「やりたい気持ち」って、そりゃないだろう(笑)
いくらなんでも、もうちょっと真綿にくるみましょうよw
もう付けるほうも、ヤケクソだったのではないかと思ってしまいます(笑)


お次もやっぱり直球すぎるタイトル。


Talk Dirty To Me  私にもっと汚い言葉を吐いて  Poison


直訳にもほどがある。
他に、訳しようはなかったのか。
日本語もこなれておらず、いかにも英語をそのまま訳しました、っていう感じ。
こういうタイトルこそ、意訳でいいのではないか、と思ってしまう1曲です。


まだまだ行きますよ~

これもひどいです(笑)


Shot In The Dark   暗闇にドッキリ!   Ozzy Osbourne


In the darkだから暗闇だけど、でもそりゃないだろーーーって感じですね(笑)
曲調といい、歌詞の内容といい、こんな軽いタイトルつけていいの?
と、やはり付けた人の、神経を疑いたくなる邦題です。
昔、「スターどっきり、マル秘報告」っていうバラエティー番組がありましたが、きっと関係ないですね、はい。


これも日本語が変。


Problem Child   素敵な問題児  AC/DC


「問題児」だけでいいのでは?
なぜゆえ、「素敵な」という形容詞を選んでしまったのか。
ウキウキ・ウェイク・ミー・アップに近いノリを感じますね。
タイトルを付けた人、どうして「素敵な」を付けてしまったんでしょう?
まったくもって謎です。


最後、やっぱりこれは外せません。


If I Only Knew  恋はメキ・メキ   Tom Jones


これも、非常に残念なタイトルですね。
サビの部分が、

If I only knew what I could do to make you make you love me, to make you make you love me

とあって、この「make you make you」が「メキメキ」と聞こえるところから、付けられた邦題かと思われます。
原曲、とってもクールなナンバーなのに、メキメキってあんまり・・・(涙)

ちなみにこのサビの英語、仮定法構文ですね。
君に僕を好きになってもらうために何をすればいいのか、それさえわかれば・・・という、恋の歌にはこの手の仮定法はつきものですよ。

他にもすごいのがいっぱいあるんですが、とりあえずこれだけピックアップしました。
逆に、センスの良い邦題というのもあるんですよ。
だけど、なぜよりによってそのタイトル・・・アーティストが知ったら怒るのでは、というのがあまりに多すぎるように思うのは、私だけでしょうか・・・

というわけで、最後は「恋はメキ・メキ」でお別れしましょう。




英語が聞き取れない通じない人にオススメ情報!

日本人特有の弱点を克服できる英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、25年以上にわたり述べ5,000人に発音矯正を行ってきたYumiが、独自に開発した日本人による日本人のための英語発音教材です。


英語が通じない、聞き取れないのは正しい発音ができていないから。自分が発音できる言葉は必ず聞き取れます。日本人特有の「カタカナ英語」を克服して、正しい発音を身に付けましょう。


英語の基本発声である喉の開き方から、個々の子音や母音はもちろんリエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。

Yumiの脱カタカナ英語マニュアル内容

  • テキスト102ページ(PDFファイル)
  • 音声約90分(MP3ファイル)
  • 動画約40分(MP4ファイル)

マニュアルの詳細、テキストサンプル、音声サンプルはこちら♪



ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

LINE@はじめました!

友だち追加

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで



スポンサーリンク

関連コンテンツ