Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。
更新の励みになります。応援の1クリック、よろしくお願いしますラブラブ
   ↓  ↓  ↓
 携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

語彙を覚えるのって、しんどいなぁと思うことはありませんか?

基本語彙は、コミュニケーションにおいて必須なので、これはもう何が何でも、
無理やりにでも覚えるしか、ないんですね。
でも、基本から少し離れた語彙とか、ちょっと高度な語彙とか、そういったものは、
知らなくても、知っている語彙でまかなう、ということができます。

その際重要なのは、いかに多くの句動詞を知っているか、ということです。
たとえば、

The party was postponed until next Sunday.

この例文の、postpone ですが、これは“延期する”という動詞です。
では、句動詞で言い換えられますか?

The party was put off till next Sunday

put off で、延期する。
put という基本動詞は、前置詞との組み合わせで、さまざまな意味合いを持ちます。
こういった句動詞は、口語(話し言葉)では、非常に頻繁に用いられるので、
postpone は知ってるけど put off は知らない、というのではまずいわけです。

他にも、このパターンはいっぱいあるんですね。
受験英語をメインにやってきた日本人は、総じて句動詞に弱い、という特徴があります。
結構語彙力はあるほうだと思うのに、会話ができない・・・という人は、
句動詞をもう一度見直してみましょう。

もう一つ。

ネイティブなら誰でも知っている、非常に頻度の高い語彙を、学校で習わない、
というのが日本の英語教育においては、よくあることなんですね。
たとえば、感情を表す形容詞。

happy
angry
sad
excited
tired
worried
surprised

こういったものは、中学英語で必ずやりますね?
だけど、他にも同様によく使われる形容詞を、スルーしている場合があるんです。

upset
mad
scared
annoyed

このあたり、ちゃんと学校で習ったかな・・・という気がします。
「怖い」という表現は、I’m afraid of ~と習いました。
でも、I’m scared. のほうは、習った記憶がありません。
実際のところ、I’m scared.のほうがよく使うわけだから、これを先に習わないといけませんね。

「怒っている」というのも、She’s angry.という言い方も確かにしますが、
She’s upset.とか、She’s mad at me.のほうが、より口語で使われると思います。
だけど、ちゃんと習っていない。

こういった、いわゆる“穴”は、いっぱいあるんです。
そして、この“穴”をいかにして埋めていくかが、英語習得の鍵と言ってもいいでしょう。
これらの穴は、自分で埋めて行くしかありません。
実際にネイティブと会話したり、トーク番組やドラマなどを見て、「I’m upset」って、
こういう時に使うんだ・・・と、自分なりに理解して覚えていく。
そういう積み重ねが、非常に重要なんですね。

英語がある程度流暢な人はみな、このプロセスを経てきています。
面倒がらずに、地道に語彙を増やしていきましょう♪(゚▽^*)ノ⌒☆

この記事が役に立ったという方は、ポチっとお願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ       

メラメラ6月の週末ブートキャンプ、15&16日に開講!参加者募集中♪詳細はこちら。
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで
カウンセリング・体験レッスン予約状況はこちらメモ

Sponsored Link

関連コンテンツ