Sponsored Link

Communication


イングリッシュブートキャンプ:由美です。

花粉の季節になりましたね。

さて、今回は英語学習に必須のつーつについて、お話をしたいと思います。

大袈裟な表題ですが、とても大事なことなので、最後までよく読んでくださいね。

レコーダー、鏡、ストップウォッチは英語学習の必須アイテム

みなさんは、英語の学習をする時、まず何を用意しますか?
教材とか鉛筆とか、そういうのじゃないですよ(笑)
そんなのは当たり前のことなので、それ以外のものです。

未だに、英語学習というと、受験勉強と同列にされる方が多いです。
テキストに辞書、ノート、筆記用具。
これでおしまい。

これまでも何度も言ってきていることですが、語学は物理の定義や計算問題を解くのとは、別の次元のものです。
どちらかというと、語学は音楽やスポーツに近いものです。
いえ、どちらかではなく、限りなくそちらに近いのです。

音楽を習得するのに、楽譜(譜面)と鉛筆だけではいオッケー、となりますか?
スポーツ教本やルールブックだけで、スポーツをしたことになりますか?

違いますね。
語学も同じです。
では、何が必要なのでしょう?


レコーダー(ICレコーダーなど、録音できるもの)

ストップウォッチ



この3つを必ず準備している人は、英語(語学)の学習方法を知っている人です。

え、そんなの用意していない・・・
という人は、まずはここから改めてください。
とても重要なことです。

レコーダーは、もちろんあなたの声を録音して、発音チェックをするためのものです。
音声教材を聴きながら、音読練習したり、シャドーイングやオーバーラッピングの練習をしますね?


その時、自分の声をちゃんと聴いていますか?


これ、聴いている人とそうでない人では、雲泥の差が付きます。
必ず自分の声を録音し、客観的に聴いてください。
お手本とどこが違うか、なにが違うのかを分析してください。


そして、ストップウォッチで時間を計ってください。


音声教材が1分30秒だった場合、自分も同じ時間内で言えるようにします。
最初はゆっくりでかまわないのです。

何度も練習して、最終的にモデルの音声と同じ速さ、イントネーション、リズムで言えるように目指すことが重要です。

時計を見ながらでもいいですが、ストップウォッチのほうが便利です。
今は、スマートフォンにもストップウォッチ機能が付いています。
便利な時代になりました。
宝の持ち腐れにならないよう、ぜひ活用してください。


最後に、鏡です。


女性の場合、手鏡を持っている人がほとんどでしょうが、男性は持っていない人も多いでしょう。
手鏡ではなく、大きな鏡だとさらに良いです。
発音練習の際、自分の口をよく見てください。
口のかたちと動きが正しいか、チェックするのです。

ヘレンケラーが言葉を覚えた時、家庭教師のサリバン氏は、ヘレンの手を自分の口に触らせ、舌も触らせて動きを教えていたそうです。
どうやって口を動かしているのか、唇の形はどうか、舌の動きはどうか。
鏡を見ながら、お手本(教師や動画の中の講師)の口元と同じかどうか、確認しましょう。


これ、基本中の基本です。


スポーツやダンスのレッスンって、鏡の前でやることが多いでしょう?
それは、正しいフォームができているか、確認するためにあるのです。
間違ったフォームだと、上達しませんし上達が遅れます。

語学も同じです。


正しい発声、発音は、正しいフォームから生まれます。


当たり前のことなのですが、ここを押さえていない人が、意外と多いように思います。
モデルとなる人の口の動きやかたちと、自分のそれが違うということは、正しい発音ができていないということです。
正しい発音ができていないと、英語は習得することができません。

三種の神器とはオーバーな言い方ですが、これは必ず用意して、学習の際に利用するようにしてください。

英語は音とリズムが命-自分が言えるフレーズは必ず聞き取れます

ネイティブの英語が聞き取れない、早く感じる、モゴモゴ言ってるように聞こえる・・・
それは、正しい音を理解していないからです。

言葉は音で成り立っています。
特に英語は、日本語と比べてはるかに音の種類が多く、リズムも複雑です。
基本母音だけで13あり、日本語の軽く2倍を超えるのです。

まずは正しい発音のルールを知るところから始めましょう。
自分が発音できる音は、必ず聞き取れます。


『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、25年以上にわたり述べ5,000人に発音矯正を行ってきたYumiが、独自に開発した日本人による日本時のための英語発音教材です。


英語の基本発声である喉の開き方から、個々の子音や母音はもちろんリエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。


《収録内容》テキスト102ページ(PDFファイル)
      音声約90分(MP3ファイル)
      動画約40分(MP4ファイル)

マニュアルの詳細、サンプルはこちら♪
↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル


ランキングに参加しています。1クリックご協力お願いします。2つとも押してね音譜
↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

LINE@はじめました!

友だち追加

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで


Sponsored Link

関連コンテンツ