Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。
ランキング不調気味です(´∩`。) 応援の1クリック、よろしくお願いします~ラブラブ
     ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

突然ですが、あなたは“ABCの歌”を歌えますか?

そうです、あの、♪A~B~C~D~ E~F~G~♪という、例のあれです。
これを、フルコーラスで歌えますか?
フルコーラスじゃなくてもいいですが、E~F~G~の続き、歌えます?
ちょっと歌ってみてください。

♪H~I~J~K~ L~M~N~♪

って歌った人。
そうです、あなた(笑)

♪エービーシーディー イーエフジー エイチアイジェイケイ エルエムエ~ヌ♪

と歌っちゃった、というあなたは、要注意です。
なぜか、多くの日本人がこのABCの歌を、上記のように歌うんですね。
そういう風に、どこかで習うんでしょうか?

え、違うの・・・と思ったあなた。
正しくはどういう風に歌うのか、確認してみましょう。

はい、どうですか?

♪A~B~C~D~ E~F~G~♪までは、みなさん合ってると思います。
問題はその次です。
H~I~J~K~ LMNOP~♪ なんですね。
で、この、“LMNOP”の部分が、非常に重要というか、英語の音、特にリエゾンを、
如実に表している部分なんです。

この歌を正しく歌えた人は、おそらく英語が話せる人だと思います。
もしくは、ある程度英語のリスニングが得意な人。
なぜなら、ここは、

エルエムエ~ヌではなく、エレメノゥピィだからです。
もう一度書きますよ。

エレメノゥピィ

です。
Lはアルファベット読みすると、elですね。
同様に、Mはem、Nはenです。
それに、OとPが続くので、elemenopee となります。
これを読んでみてください。

もうおわかりですね。
L、M、N、Oがリエゾンして、音が繋がるんです。
なので、エルエムエ~ヌではなく、エレメノウピィとなるわけです。

これを普通に歌えた人は、すなわち英語の基本である“子音-母音-子音”という、
音の繋がりとシラブルの概念が、できていることになります。
逆に、エルエムエ~ヌとやっちゃった人。
そして、何度かこの歌を聞いて、正しく歌おうとした時に、この部分で苦戦する人。
そういう人は、英語のリズム、シラブルの概念が身に着いていません。
また、リエゾンといった音が繋がる現象にも、慣れていないことになります。

子供向けの歌だから・・・と侮るなかれ。
こういう、動揺や子供向けのチャンツは、英語の基本なんです。
ABCの歌、サラッと歌えるようになるまで、何度も練習してみてください。

リエゾンは英語の要です。
一つ一つの音が聞き取れても、たとえばL、M、Nというアルファベットを知っていても、
それが連続して言うと音が繋がる、というのを知らないと、英語は聞けません。
ではどうすればいいのか。
まずは、リエゾンの法則を理解すること、そして声に出して正しく言えるようにすること。
自分が言える音は、まず聞き取れないことはありません。

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声から、リエゾンやリダクションまで、
段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細はこちら♪
   ↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

英語はリズムが命です。
ネイティブの普通の会話、ドラマや映画がどうしても聞き取れないと言う人、
発音を一から見直してみてはいかが?

この記事が役に立ったという方は、ポチっとお願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ

メラメラ11月週末ブートキャンプ開講決定!締め切りました!
英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
ホームステイに興味のある方は、こちら♪
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで
カウンセリング・体験レッスン予約状況はこちらメモ

Sponsored Link

関連コンテンツ