Sponsored Link

イングリッシュブートキャンプ:由美です。
更新の励みになります。応援の1クリック、よろしくお願いしますラブラブ
     ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ
携帯はこちらへ⇒人気ブログランキングへ

とても良いお天気の週末でしたが、みなさんおでかけされましたか?
私は、今年最後のブートキャンプで、ずっと室内におりました(^_^;)
今回参加されたのは、男性2名、女性3名。
みなさん前向きで、とても素晴らしいグループでした。

さて、どの言語にも方言というものがありますが、こんな面白いサイトを見つけました。

What American accent do you have?
あなたのアクセントは、アメリカのどの地域のもの?

ということで、私もトライしてみました。
日本人だし関係ないわ~と言わず、ぜひあなたもやってみてください。
どこのアクセントになるか、興味深いですよ。
何より、質問がを読むだけでも勉強になります。

We’re going to start with two ordinary words, “cot” and “caught.” Do you think those words sound the same or different?
まずは二つの平凡な単語から始めます。”cot”と”caught”、これらは同じ発音、それとも違う音?

Same 同じ
Different 異なる
Same, no wait I mean different, well, I don’t know…
同じ、いや待てよ、違うな、いや待って・・・えっと、わからない・・・

という三択です(笑)
これえを延々最後までやって、Submit Answers(答えを提出)をクリックします。
すると、あなたのアクセントがどこの地域のものか、判定してくれます。
ちなみに私は、Inland Northでした。
比較的、標準アメリカ英語だということです。

これがどれくらい正確なものか、ノンネイティブの私には判断できません。
ところが、こんな風にコメントしている人がいたので、結構正確なんだということがわかりました。

Well, considering the maple leaf on my passport, I’d say this is surprisingly accurate! Interesting…
僕のパスポートの楓の葉を考慮すると、これは驚くほど正確だと言える。面白いね。

1464699_10152010506768276_924986636_n

で、その人の結果が、上記の画像です。

“North Central” is what professional linguists call the Minnesota accent. If you saw “Fargo” you probably didn’t think the characters sounded very out of the ordinary. Outsiders probably mistake you for a Canadian a lot.

linguist とは、言語学者のことです。
linguistics で、言語学、bilingual とは、bi(二つの)lingual(言語、舌)だから、
2ヶ国語を操る、バイリンガル、という意味です。
ちなみに、ひとつの言語(母語)しか話さない人のことを、monolingual、
3ヶ国語以上話せる人のことを、multilingualと言います。
monoは、モノポリーのmono、モノラルのmonoですね。
multiは、多重の、という意味です。

“ノースセントラル”は、言語学者がミネソタアクセントと呼ぶものです。映画『ファーゴ』を見たことのある人は、登場人物のアクセントに特に違和感を感じることはなかったのではないでしょうか。また、あなたはよくカナダ人に間違われるはずです。

コメントした男性は、パスポートにメープルリーフがある、つまりカナダ国籍ということです。
カナダの人がこのクイズをやってみて、出た結果がこれだから、かなり正確なのでしょうね。
他にも、何人かカナダ人が同じことを言っていました。

ちなみに、以前これの日本語版があったんですよ。
方言を辿っていって、出身地を当てるというものでした。
やってみたら、結果が「あなたは三重県出身ですね」と出たんです。
で、私は大阪生まれの大阪育ちですが、実は母が三重の人なんですね。
だから、私の言葉は多分に母から影響を受けているのだろうと、そこまでわかるのか!と、
そのクイズの正確さに、驚いた次第です。

自分のネイティブの言葉を、母語と言いますね。
また、英語でも”mother tongue” 、つまり母の言葉と言います。
母親から習得する語彙や表現は、大きな割合を占めるんでしょうね。

面白いなと思いましたo(^-^)o

『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、英語の基本発声である喉の開き方から、
リエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるように、まとめられています。

マニュアルの詳細はこちら♪
   ↓  ↓  ↓
Yumiの脱カタカナ英語マニュアル

あなたも、ネイティブ発音を目指しませんか?

この記事が役に立ったという方は、ポチっとお願いします音譜
    ↓  ↓  ↓
 にほんブログ村 英語ブログへ

英語発音教材『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』発売中♪ 詳細はこちら☆
手紙無料メルマガ発行中 3ヶ月でネイティブ発音になれる!英語マスターへの道
ホームステイに興味のある方は、こちら♪
お申込・お問い合わせは 手紙info@englishbootcamp.jpまで

Sponsored Link

関連コンテンツ